実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと一緒に楽しめることって大事ですね

ファイナンシャル・プランニングのブログ・ランキングはこちら
                ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー斉藤俊行のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

5月6日(火)は、ゴールデンウィーク最終日なので、
家族4人で遊びに出かけてきました。

パンジーの花がきれいだったので、写真を撮ってきてしまいました。(笑)
(埼玉県深谷市 深谷グリーンパークにて)
ちび2



頼みます 写真


その場所は、
アクアパラダイスパティオという埼玉県深谷市にあるウォーターパークです。
http://www.patio.or.jp/
住所:埼玉県深谷市樫合763
電話:048-574-5000

波のプール、流れるプール、
全長100メートルのスピニングスライダー(高速すべりだい)などがあります。
ネットで検索していて比較的近く子どもが楽しめそうな施設だったので選びました。

実際に全長100メートルのくねくねしたコースになっているスベリダイは、
寝そべって滑るとスピードがすっごく出るのでスリルがあり楽しいです。
私は5回もやっちゃいました。(笑)

あとは施設の敷地内に深谷グリーンパークが隣接しており、
フラワー園のようなところがありました。
プールで楽しんだ後に立ち寄りました。
先ほどのパンジーの写真は、そこで撮ったものです。

花粉がたくさん飛び交っていました。
それが花粉症の私はくしゃみがとにかく止みませんでした。

しかし、きれいに整った緑の芝生のグランドもあり、
まだお子さんが小学生ぐらいであれば、楽しめる施設だと思います。

そしてここは、埼玉県深谷市が運営主体になっているので料金も安く、
利用料金は、大人一人800円、小学生、中学生一人当たり400円です。

当日、私たちは、車で東京の池袋から出発し関越自動車道を練馬から乗り、
花園インターチェンジで降りてから15分程度で到着しました。

高坂サービスエリアで軽く食事をしましたが、
自宅を出てから途中休憩を入れなければ、
現地までおよそ片道1時間30分ぐらいでした。

行きも帰りも全く渋滞していなかったので、
快晴の中、ドライブ気分も満喫できて良かったです。

それと高坂サービスエリアの売店で、
黒酢入りソフトクリームというのを食べたのですが、
最初はオスの味が強いかと想像をしていたのですが、
ヨーグルト風味の甘さを控えたソフトクリームという感じで
とても美味しかったです。
もしも高坂SAへ立ち寄ることがあれば、
黒酢ソフトクリームはオススメです。

このようにゴールデンウィークの最終日は、
家族みんなで楽しく遊びを満喫しました。

親として自分の子どもの教育は簡単ではありませんが、
難しい特別なこととは考えないようにしています。
私自身は親子関係が出来たことによって、
子どもの存在が親の自分を人間として成長させているのは確かなことです。

だから親だからといことで、あまり肩に力を入れず、また構えずに
子どもとはよく一緒になって、
自分も楽しんで遊んじゃいます。(笑)
親が自分の子どもの才能を止めるようなことも、
しないよう十分に気をつけています。

しかし、子どもと友人同士の関係になるとか
何でも自由にするというものでもありません。
当然なのですが、親子関係が前提です。

注意するべきことを子どもがしたら、
そこは親として厳しい態度で叱ることももちろんあります。

私はこのゴールデンウィーク中にもう一度読んでみたくなった本の中で、
”子どもはなぜモンスターになるのか” 
(著者:スー・パーマー 小学館) がありました。

この本には、親子関係、子どもとの接し方などで、
「なるほど~」と云いたくなるようなことが書かれているからです。

私が最も共感した箇所は次の文章です。

『 最も適切な育児スタイルは、親が権威を持つことだ 』


そして、この本によりますと、更に以下のことが記されています。

「心理学者によれば、あたたかさと厳しさが両立できていると、
子どもは『自己管理』が出来るようになり、
バランスのとれた積極的かつ前向きな考え方を持ち、
強い精神力と適度な自尊心を育てるという。
こういう子どもは学校で成功しやすいし、友達もたくさんでき
(何かあってもすぐ仲直りができ)、
その後も幸せで充実した生活を送れる見込みが大きい。
過保護でもなく、放任でもなく、脅威でもなく、
親が権威を持つことである」


私も自分の経験から考えても、その通りだと思います。

いま世界中どこでも簡単にアクセスできるように、
テクノロジーの進歩の速さが益々加速する時代ですが、
これからも家族で、
お互いにしっかりと目を見つめあって、
コミュニケーションができる仲でいたいです。

いつの時代でも親と子が一緒になって楽しめることが
最高のコミュニケーションだと思っていますが如何でしょうか。

本日もブログを最後までお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


< 今日のお奨めの一冊 >
親子のコミュニケーションなど現実的なことが書かれていますので
経験と合わせながら読んでいくと良いと思います。
また教育に携わる人にも参考になる内容です。
子どもはなぜモンスターになるのか 脳を蝕む生活習慣から子どもを守る232の方法子どもはなぜモンスターになるのか 脳を蝕む生活習慣から子どもを守る232の方法
(2007/10/23)
スー パーマー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:子育て・育児 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/80-28f43686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。