実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセットアロケーションとは

アセットアロケーション資産配分とは、
アセット(資産)、アロケーション(配分)という言葉の意味からも、
資金を一つの資産に集中させずに、全体の運用でリスクを低減させ
分散効果が得られるように値動きが異なる複数の資産(アセット)
組み合わせ配分(アロケーション)させることです。
つまり、
投資対象に決定したアセットクラス(資産クラス)が株式、債券、現金などであれば、
全体の運用資金を各種資産にどれだけ配分するかを決定することです。

アセットアロケーション資産配分の重要性は、
色々な書籍やセミナーなどでもいわれていいますから、
読者の皆さんもご存知の方は多いかと思います。

投資のプロセスには、タイミング(時期)、銘柄選定など色々ありますが、
その投資プロセスの中で将来の運用成果への影響が最も大きく重要なのが、
アセットアロケーション資産配分とされています。

しかし、
このアセットアロケーション資産配分を決定する上で
投資家になる適性も含めて、
”運用成果を意識する以前に”二つの重要なポイントがあります。

それは、以下の通り2つになります。

アセットアロケーションを決定する際の重要要因>

①リスク許容度
②お金を引き出さずにいられる投資期間


アセットアロケーション資産配分を決定する上で、
まず投資家の性格や年齢と経済状態を配慮しなければなりません。


次に
投資成果をどの時点(何年後)で確認するかが重要です。


つまり、
投資家が同意した運用期間は10年以上であっても、
たとえ一時期でも投資元本が10%以上マイナスになってはいけないのか、
それともそのようなことはリスク許容度の範囲内として、
筆者同様に最も重視するのは10年後の投資成果であるのかどうかです。


その結果次第で当然ですが、
アセットアロケーション(資産配分)は
大きく変わってしまいます。
また投資収益の目標も変更しなければなりません。


以上のように、
金銭の欲望だけでなく自分自身の気質まで十分に考慮すれば、
正しいアセットアロケーション(資産配分)を決定できるのではないでしょうか。

読者の皆さんの正しいアセットアロケーション(資産配分)は、
毎年の元本の状態を重視するものですか?
それとも10年後の投資成果を重視するものでしょうか?

本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援いただければ幸いです。
こちらを1クリックよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/60-35af7fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アセットアロケーションkara

アセットアロケーション(資産配分)とは、アセット(資産)、アロケーション(配分)という言葉の意味からも、資金を一つの資産に集中させ...

  • 2008/04/08(火) 10:37:40 |
  • 不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ

アセットアロケーションから不動産を考える

アセットアロケーションとは、 リスクを回避しつつ安定したリターンを獲得することを目的に、 各種の資産をどのような割合で投資すべき...

  • 2008/04/08(火) 10:46:20 |
  • 不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。