実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセットクラスとは

アセットクラス資産クラスとは、
アセットアロケーション資産配分を考える場合に
基本となります資産の分類で資産一覧です。

一般に金融機関など機関投資家のアセットクラスといえば、
株式、債券、短期金融資産です。
あるいは更に国内資産と外国資産(外貨建て資産)に分けられます。

投資信託の目論見書にも書いてある短期金融資産とは、
取引期間が一年未満の短期金融市場で運用・調達される資産のことです。
ちなみに短期金融資産は、
基本的に元本に対する不確実性(リスク)が株式などに比べ少ないことから、
価格変動リスク(市場リスク)はあまりありません。
したがって流動性が高い(現金に近い)資産と考えてよいものです。

そして、
アセットアロケーション資産配分)を行う前に、
どんな資産が自分の資産運用、資産形成の
対象になるかどうかを検討し、
すなわち、
何をアセットクラス資産クラス)にするかを決めることは、
とても重要な決定事項になります。


そこで参考までに筆者自身が考える、
個人投資家として成功するために採用するアセットクラスの3つの条件は、
以下の通りです。

・流動性(すぐに現金化しやすいこと)が高い資産であること
・資本主義経済の成長の流れから外れない資産であること
・自分自身で長期間投資続けられる(持ち続けられる)資産であること
 (その資産が実行性が高く一般的な投資対象となるもの)


こちらの条件より、
自分自身が資産運用、資産形成で成功し富裕層になるために必要だと考えられる
主要なアセットクラスはこちらです。

・現金、預貯金
・株式
・債券
・不動産
・現物の金(きん)
・上記をパッケージ化してある様々な投資信託


更に筆者個人の視点より、
”お金持ちに成るために採用するべきアセットクラス資産クラス)”
”お金持ちが採用するべきアセットクラス(資産クラス)”
に分けて見たいと思います。

”お金持ちに成るために採用した方がよいアセットクラス(資産クラス)”

・現金、預貯金
・株式
・投資信託の株式ファンド
・不動産(自宅以外で事業としての不動産投資の意味)


”お金持ちが採用したらよいと思うアセットクラス(資産クラス)”

・現金、預貯金
・外貨(ドルとユーロ)
・株式
・債券
・投資信託の株式ファンド、債券ファンド
・不動産(自宅以外で事業としての不動産投資の意味)
・現物の金(きん)
 資産を分散させる意味で現物の金(きん)などの貴金属類への投資も効果的
・持ち家やセカンドハウスなど

ただし、
株式投資で成功するのであれば、
その企業を丸ごと買うぐらいの気持ちで企業分析をする必要があるでしょう。
他にも金融経済の研究なども必要ですから
成功するためにはお金のほかに時間も相当投資する必要があると考えます。
その手間を惜しむ人には個別株の投資にはむいていません。
外国債券や社債(事業債)などの債券投資も同様です。

次に不動産投資は、
大きな資金が必要になりますから借金をすることになります。
また高収益物件を探すため調査やその後の管理などにも手間が掛かりますから、
不動産投資するのであれば、
財テク感覚ではなく本業かそれに近い事業感覚が持てなければ
不動産投資にはむかないと思います。

経済力がある、
お金持ちになった後に無理の無い範囲で、
ご自分の理想の住居を建てたり、セカンドハウスを持つのは、
経済合理性からもよいのではないでしょうか。


以上、読者の皆さまのご参考になれば幸いです。

本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援いただければ幸いです。
こちらを1クリックよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/59-f5701c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。