実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルコスト平均法とは

実践派FP(ファイナンシャルプランナー)斉藤俊行のブログです。
読者の皆さまの少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

早速ですが、本題に入ります。
本日は、株式や投資信託などを
毎月積立するときに使う投資手法でありリスクコントロールでもあります、
ドルコスト平均法の解説と効用について簡単にまとめてみます。

ドルコスト平均法とは、
株式や投資信託など値動きが比較的大きい金融商品に投資する際に、
購入単価を平均化する効果がある時間分散投資の一手段です。

つまり、
長期投資で、常に一定金額ずつ投資すれば、
時間分散によって価格が低いときには買い付ける数量(口数)が多くなり、
価格が高いときには買い付ける数量(数量)が少なく自動的に抑えられることから、
株式や投資信託の高値づかみを避けられるなど、投資リスクを軽減させる投資方法です。

価格変動リスク(市場リスク)を避けたい投資家にはお奨めです。

但し、ドルコスト平均法有効であるという前提条件は、
世界の株式市場は短期的な下落や大きな変動があっても、
最終的には右肩上がりで成長する
」という、
資本主義社会の経済は成長するという考えに基づきます。

だから、世界経済は成長せずに縮小するという考えであったり、
株式投資や投資信託による資産運用、資産形成は単なるギャンブルに過ぎず、
長期的に考えても株式市場は成長することはないという考えの方には、
このドルコスト平均法も有効な投資手法にはなりません。

ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援いただければ幸いです。
こちらを1クリックよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


それではもう少し詳しく知りたい方のために、
例として、投資信託株式ファンドを毎月購入する場合を考えてみましょう。

投資信託の買い方では、
金額を指定する購入方法口数を指定する購入方法の2種類があります。

そして、
毎月積立により資産形成する意識で投資信託を購入するのであれば、
毎月一定の金額を指定し買い付ける方法をお奨めします。
これこそ、ドルコスト平均法による投資手法となります。

それの有効性を確かめるために以下の通りシミュレーションします。
・定額購入の金額=毎月10,000円
・定口数の金額=毎月10,000口

投資信託の株式ファンドを毎月購入するとします。

●<シミュレーション>

毎月同時期に購入するとして、基準価格は同じに推移します。

投資信託の1万口あたりの基準価格”
3月:10,000円、4月:8,000円、5月:12,000円、6月:13,000円、7月:7,000円

A.毎月一定額で投資信託の株式ファンドを購入

・定額購入額:10,000円で3月~7月まで合計50,000円を投資する
 
 定額購入時の口数
 3月:基準価格が1万口あたり10,000円だから→10,000口を買えた
 4月:基準価格が1万口あたり 8,000円だから→12,500口を買えた
 5月:基準価格が1万口あたり12,000円だから→ 8,333口を買えた
 6月:基準価格が1万口あたり13,000円だから→ 7,692口を買えた
 7月:基準価格が1万口あたり 7,000円だから→14,286口を買えた

                  合計口数 52,811口 
  
 このように毎月一定金額を投資した場合では、
 50,000円投資し52,811口購入できました。
 そして、1万口あたりの基準価格の平均は、9,467円です。
     

B.毎月一定口数で投資信託を株式ファンドを購入

・定口購入:10,000口で3月~7月まで合計50,000口を買う

 定額購入時の口数
 3月:基準価格が1万口あたり10,000円だから→10,000円を投資する
 4月:基準価格が1万口あたり 8,000円だから→ 8,000円を投資する
 5月:基準価格が1万口あたり12,000円だから→12,000円を投資する
 6月:基準価格が1万口あたり13,000円だから→13,000円を投資する
 7月:基準価格が1万口あたり 7,000円だから→ 7,000円を投資する

                           合計金額 50,000円
  
  50,000円投資し50,000口を購入できました。
  1万口あたりの基準価格の平均は10,000円です。


ドルコスト平均法を理解できたポイント>
以上から私たちが理解できることは、
同じ投資金額で、
例えば毎月3万円で毎月一定金額で投資信託を買いに行った方が、
自動的に基準価格が高いときには少なく買い、低いときには多く買うので、
たくさんの口数を購入できることです。
   

ドルコスト平均法のまとめ

私の経験から述べれば、
一般投資家はタイミング投資で勝ち儲け続けることは難しいということです。
特殊な能力を持つ人を除き、
未来を見通せる力を持ったり、確実に市場動向を読みきったり、
絶好のタイミングで株式や投資信託の株式ファンドへ投資することは、
いつも当て続けるのは無理でしょう。

これが投資が難しいと一般に人から云われる理由です。

しかし、そんな誰も出来ないような投資手法はせずに、
一時金があれば、
それをまず、
投資信託であれば複数の異なる株式ファンド債券ファンドに投資し
国際分散投資を実践します。

その後は、給与収入などから毎月一定の金額を銀行口座より引き落とし
一時金で購入したものと同じ株式ファンドや債券ファンドを更に買って行きます。

そうすると通常は投資した後は、
相場が下がると損する不安になりがちですが、
そのような下落相場のときでも幸運にも、その変動が自分の資産運用、資産形成
プラスに働きます。
それがドルコスト平均法を効かせた毎月積立投資のよいところです。

筆者は、このドルコスト平均法を活用し、
国際分散投資による資産運用、資産形成を長年継続しています。
また相場が大きく下がったときなどは、
さらに一時金が手元にあれば同じファンドを低い基準価格で買っています。

しかし下落相場に一時金を再投資する方法を実行するためには、
いつも市場動向を見て投資できるように一時金も用意して対応しなければなりません。
それは、通常の仕事を持つビジネスパースンからすると中々難しい話です。

だから、初期に一時金で投資した後は、
同じ株式ファンド、債券ファンドへ再投資する
ドルコスト平均法を効かせた毎月積立による資産作りを10年以上継続できれば、
長期投資家として大きな成功を収める可能性は非常に高くなるのではないでしょうか。
それに何よりも価格変動リスク(市場リスク)の不安はほぼなくなります。

以上、ドルコスト平均法による投資手法をお話ししてきましたが、
毎月積立投資が一時金による一括投資よりも優れているということではなく、
一時金による一括投資の代替だということを解説してきたのではありません。

どうかそこは誤解がないようにお願いします。

しかし、
投資信託の株式ファンドや債券ファンドの基準価格が下がった時に
いかにして賢く買うことが出来るかどうかが、
投資で成功する秘訣であることに間違えありません。


だからこそ、
このように毎月同じ金額で積立をするドルコスト平均法という投資手法が有効な理由です。

本日も最後までブログをお読みくださり誠にありがとうございます。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援いただければ幸いです。
こちらを1クリックよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

毎朝5分のシストレ

ブログ管理者さま

突然の書き込み失礼します。

FXシステムトレード、ピボット&フィボナッチの自動解析ソフト
を利用して、毎朝5分のデイトレをしております。

ソフトの検証を行いながら、日々の成果やシグナルを
書いていくブログをスタートしました!

もう少ししましたら、ブログに来てくれたかたにソフトを無料配布
していこうと準備していますので、今後とも宜しくお願いします。

ちょっと宣伝染みてしまいましたが、
純粋にFX仲間をふやし、リンクを増やし、
良い情報交換を出来ればと思います!

宜しくお願いします。

  • 2008/03/24(月) 20:21:13 |
  • URL |
  • ファイナンス国部 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/55-19dd0e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドルコスト平均法の知られざる謎

今日はちょっとお疲れモードですが、頑張っていきますよ。元気を出してファイトです!...

  • 2008/04/02(水) 10:24:52 |
  • ドルコスト平均法のおいしい情報教えます!FX必勝法

資産運用について

いろいろな本が出ていて、読みきれないほど本もあるが、 これまで本を読んで、思うこと。 分散、長期投資が大切だというのは、共通してい...

  • 2008/04/08(火) 11:10:55 |
  • 不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ

ビックリ!ドルコスト平均法の隠された秘密!

こんにちは。いつもブログを見てくれてありがとうございます。それでは早速今日のブロ...

  • 2008/04/14(月) 06:49:00 |
  • ドルコスト平均法のおいしい情報教えます!FX必勝法

やっぱりドルコスト平均法って最高ですよ!

今日も元気にブログ更新しますよ。本日の更新もお楽しみに!さあ、本日もドルコスト平...

  • 2008/04/18(金) 09:26:08 |
  • ドルコスト平均法のおいしい情報教えます!FX必勝法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。