実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資家の最大の敵とは

実践派FP(ファイナンシャルプランナー斉藤俊行のブログです。
読者の皆さまの少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

最近は株価に関するネガティブなニュースが多いようですね。
マスコミの記事は大衆の不安を煽る(あおる)ように書きますが、
それが商売ですから仕方ないですね。
しかし、
賢明な投資家の人たちは、
人や情報によって右往左往し狼狽(ろうばい)売りなどすることはありませんね。

そして個人投資家の1人として感じることは、
そろそろセリング・クライマックスが来るように思えます。

読者の皆さん、そんな感じはしませんでしょうか?

セリング・クライマックスとは、
セリング=売り、クライマックス=最高潮であることから、
株が売られる下落相場の中で大底のことです。

世界的に株式市場の調整局面の原因にもなりました米国発のサブプライム問題によって、
昨年から株式市場は多くの株売りが出ました。
またさらに投資家を信用リスクを思わせる金融関連ニュースをきっかけに、
多くの市場参加者が心理的恐怖感などを抱き、さらに株売りが加速しました。

最近は、株価の急落スピードも早く大幅に値を下げたこともあり、
このような状況であれば、
株式市場で大底を打つ日は過ぎたのか、
それともこれから来る場合でもそんなに遠くないと考えます。

つまりいずれにせよ、
そのセリング・クライマックスもそろそろ終盤にある予感がしています。

目先における市場の価格形成は、
人の感情によって作られますから、私は個人的に短期の相場は気にしていません。
投資家であれば市場リスクとは生涯つきあいますから、
振り回されるだけ損だと思っています。


そして今回の株式市場の急落でも改めてよく理解できた事実があります。
それは、世界ナンバーワンの投資家であるウォーレン・バフェットの言葉でもありますが、
”投資家の最大の敵は自分自身である”ということです。

筆者は個人投資家として、
このように株価が急落している相場のときに、
恐怖感や焦りから、投資信託をあえて急いで売ることを
考えたことも実行したこともありません。

それは、長期投資家の一般的な投資スタイルの一つでもあります。
また損しないコツでもあると認識しています。

筆者は、個人的にはこのような相場こそ絶好のチャンスでありますから当然買いです。

余裕資金で長期投資できる立場にある個人投資家であれば、
買う価値がある株式や、よい株式ファンドであれば、
低い値段で仕込めるので時期としてもよいのではないでしょうか。
もちろん、あくまでも長期投資が前提ですが、
最近の円高傾向からもドルやユーロの値段も下がり、
外貨建ての債券ファンドなどもお買い頃になっていると思います。

そして更に、
長期的展望から既に資産運用、資産形成をスタートし、
投資信託を買っている長期投資家であれば、
このような相場の時にアセットアロケーション(資産配分)を動かしたり、
ファンドを乗り換えるべきではありません。


例えば、せっかくリタイア資金作りの目的などで、
10年以上の運用期間を考慮しスタートしたのであれば、
投資信託による長期分散運用の投資スタイルが、
相場次第で変わってしまうのは投資家の適性も含め問題です。
そのような一貫できない風見鶏のような投資スタイルでは、
資産運用や資産形成で、まとまった大きな財産を形成するのは非常に難しくなります。

長期投資家に成ると決心した人ならば、
このような相場も長期の中では想定内として、
ご自分の投資哲学を貫くべきだと思いますが如何ですか。

それが長期投資に適した投資信託の正しい活用方法の一つでもあります。
*投資信託と同じく変額年金保険も10年以上の長期投資に適した金融商品です。
しかし変額年金保険はファンドの切り替えが比較的自由度が高いものもあります。


また初心者の個人投資家が一般的に犯しやすいリスクの一つに、
マスコミや人から感情を左右されてしまうようなサイコロジカル(心理)リスクがあります。
つまり恐怖や欲に駆られたときに、
今売る必要もないのに、
投資家が慌てて株や投資信託を損する価格で売ってしてしまうことです。
また反対に値段が低いときには株や投資信託を買わずに、
相場が戻り皆が買って十分に価格上昇後に安心して買い始めることです。
その他、熱狂的になり何も考えず高値で株を買ってしまうようなことです。


このような投資スタイルは、
株や投資信託の高値買いの安値売りを実践することになりますから、
最も損する確率が高いといえるでしょう。

私と同様に投資信託による国際分散投資を実践する長期投資家の人は、
マスコミや情報や人に左右されることなく、
是非ご自分の投資スタイルを貫いて欲しいですね。(笑)

実際にも私の身近な人でも投資活動を否定している人もいます。
このような株式市場が軟調な相場になりますと勢いが増すようです。

「だから株式投資などするものではない!」
「株の時代は終わった!」
「だから預貯金が一番!」
など

このような否定派の人たちは、最近とても元気がいいですね。(笑)

しかし、あくまで個人的な経験に基づきますが、
私の周りでこのように投資を全面否定する人の特徴としては、
投資実績のキャリアがある人はいません。
すなわち投資活動の未経験者が多く、
また経済合理性の意識が欠如して現金も手元にほとんど無い状態であったり、
また経験も知識も無いから理論としての根拠にも欠けている場合が多いのです。

ニュースと同じネガティブな情報を繰り返し感情論で云っているように思えて、
実践派FPとしても、いつも残念でなりませんね。

もしもご自分の周囲で合理的にお金を働かせる投資活動を否定する方がいたら、
一度じっくりと以下に示す3つの視点からの質問をして実際に確かめてみることをお奨めします。
納得のいく回答を得られるか、それとも単なる感情や想像に過ぎないのか、
相手やその人の立場などを理解することも大切です。

それに、投資否定派の人たちが声高に騒がれても、
資本主義経済を導入する国が世界中で加速するこの時代で主役になるのは、
やはり企業が資金を調達する場となる世界の株式市場であるに違いない
と今でも確信しています。

以前、私のブログでも記事に書きました、
テーマ:<金融経済は実物経済よりも大きいグローバルマネーとは>
「金融取引は、実物取引(貿易取引)の約83倍の規模に拡大しています。」
( 775兆ドル ÷ 9.3兆ドルより )
という事実も紹介していますから、もしもご興味があればそちらをご覧下さい。

それに投資活動(お金を働かせること)を否定する人に対しては、
なぜそのような発言になるのか、しっかりと確認してみることをおすすめします。
ご参考までに冷静な気持ちで私がいつも行う質問は以下の通りです。

1.投資の経験やキャリア(投資家としての期間)について(実践面)
2.具体的な投資手法や金融経済に対する知識について(知識面)
3.現在投資できる資金はどれくらいあるか、余裕資金の大きさについて(資金面)
  (収入と資産の状態について)


そして私からの個人的な質問から得る回答で相手を理解できたことは、
「お金を働かせるなど投資活動(資産運用、資産形成)を全面否定する人は、
ほぼ例外なく金融に関しては素人さんで投資できる余裕資金も少ないようです。」
少し厳しい言い方になりますが要するに、
自分自身が投資する環境が整っていない人がほとんどでした。

そのような人に投資家は意志をぐらつかされてはいけない、と思いました。

また投機と投資の違いも正しく理解できていないのも事実として挙げられます。
何でもかんでもギャンブルとされてしまうことが多いですね。
投機とは、
株価など値段の動きに期待しその変化によって利益を得ることで、
投資とは、
株式投資では企業を分析し株をよい値段で買いたいと考える投資活動のことです。


あくまでも私の経験からですから結果としては偏っていまるかもしれません。

しかし、一般的に一部の資産家でかつ洗練された投資家を除き、
感情論から投資を否定する人が多いのは変わらないかと思いますが、
読者の皆さんの身内や友人知人関係者の中で、
投資を否定する人たちの実態は如何でしょうか?

そして最後に世界ナンバーワンの投資家である
ウォーレン・バフェットの投資で成功するための教訓を感じさせる言葉を紹介します。

”投資で成功するためには、
感情を制御することが大切であり、
投資家の最大の敵は、市場ではなく自分自身である。
数学や金融、会計など優れた能力を持っていても、
感情を制御できない者は投資に向いていない。”


株で富を築くバフェットの法則(ダイヤモンド社)より

このブログを読んでくださる読者の皆さまは、
感情をコントロールできる賢明な投資家であると信じて疑いません。

皆さまのファイナンシャルプランニングのご成功を心から祈っています。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援いただければ幸いです。
こちらを1クリックよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/52-a56fdcf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。