実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債券とは

債券とは、
政府・地方公共団体および企業などが、必要な資金の借り入れを行う際に、
利息の支払いや元本の返済などを約束して発行する有価証券のことです。

正式には債券有価証券ですが、資金を借りる証拠に投資家に発行する借用証書のことです。

有価証券とは、
 紙片により財産価値があり、授受により権利の行使や移動が可能なものです。

がお金を借りて借用証書を発行するものを国債といいます。
地方自治体がお金を借りて借用証書を発行するものを地方債といいます。
民間の企業が資金を借りて借用証を発行するものを事業債(社債)といい、
金融機関借用証書を発行するものを金融債といいます。

このように債券を発行する国や地方自治体や民間企業を発行体といいます。

公社債とは、
公”が国や地方公共団体を示し、”社”が事業会社や金融機関のことで、
それらの”公””社”が発行する債券の総称のことです。

また債券では、
利率、利払い日、償還日(元本が返済される日)などが決まっています。
資金の出してであります投資家は、
その利息や元本を受け取ることが出来ます。

資金の貸借関係からみますと、
債券の発行体であります国や地方自治体や民間企業や金融機関は債務者であり、
資金の出してである投資家が債権者です。

株式と債券の違い

株式: ①会社の株主であるため出資金を返済する必要はありません。
     ②会社の利益が出なければ配当金を支払う必要はありません。
     ③会社を解散する場合の財産の分配は債権者よりも劣り、
      借金などを債権者へ支払った残りの財産が分け与えられます。
      
債券: ①投資家へ償還日には元本を返済する義務があります。
     ②あらかじめ約束した利子を支払支払う義務があります。
     ③会社を解散する場合の財産を分配される権利は株主より優位です。

債券投資する際のポイント
 
 1.金利変動リスクがあります。
   金利が上昇すると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。
 2.信用リスクがあります。
   債券は満期時に元本が戻され、
   償還されるまで利息の支払いを安定的に受けられることが
債券投資の魅力です。
   すなわち、債券の信用リスクはとても大切です。

   そして、
   それぞれの債券は発行体(国、地方自治体、企業など)の信用力を格付けされており、
   AAAが最高でBBBまでを投資適格債券といいます。
   信用格付けでBB以下の債券投機的債券ジャンク債ともいわれ、
   債務不履行の可能性があるとされています。
   

    
ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援いただければ幸いです。
こちらを1クリックよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/44-5dcafb4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自治体 借金

弟は統合失調症になって1ヶ月ほどです、実家で一人で」暮らしています。父は他界母...弟は統合失調症になって1ヶ月ほどです、実家で一人で...

  • 2008/03/23(日) 19:40:54 |
  • 融資情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。