実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主要国株価の年間騰落率について(10/4/9~11/4/8)

こんにちは、実践派FP 斉藤俊行です。

投資信託で資産運用をしていますと、

投資する期間によって、

または、

比較的短期間(1~2年程度)の騰落率では、

日、米、欧など先進国の株式ファンドが、

新興国の株式ファンドに差をつけ好調なこともよくあることです。


そのような状況下では、

ファンドごとの優劣比較から先進国新興国で差が生ずるというよりも

おおよそ、その期間における市場全体の年間騰落率でも、

先進国の株価指数が新興国の株価指数よりも上昇しているなどリンクし

好調の場合が普通だと思います。


2008年9月に起きた世界同時金融危機によって

世界各国の株式市場は、ほぼ同時に急落し、

その後、一昨年の2009年の前半以降から、

早々に急回復してきたのが新興国の株式市場です。

一方、

昨年、2010年後半以降から徐々に右肩上がりの株価上昇を示すのが

欧米の株式市場です。


したがって、

2009年から急上昇してきた新興国のなかには、

例えば、ブラジルや中国やインドやベトナムなどは、

ここ1年程度で見てみますと、

株式市場全体の動きを示す代表的な株価指数の騰落率で、

ほぼ横ばいの動き方など、短期的には目立った上昇はしていません。


そこで、

以下、主要株式指数年間騰落率を確認することにします。


主要株式指数年間騰落率

期間:2010年4月9日~2011年4月8日

データ出所:ブルームバーグ


< 先進国 >

日本 日経平均株価:-12.82%

   東証株価指数(TOPIX):-13.77%


アメリカ NYダウ:+12.57%

     S&P500:+11.20%

     ナスダック:+13.30%


カナダ S&Pトロント総合指数:+16.80%


ドイツ DAX指数:+15.48%


イギリス FTSE100指数:+4.93%


フランス CAC40指数:+0.28%


オーストラリア S&P/ASX200指数:-0.15%


ニュージーランド NZSX浮動株50トータルリターン:+4.08%




< 新興国 >

香港 香港ハンセン指数:+9.85%


中国 上海総合指数:-3.67%


台湾 加権指数:+9.92%


韓国 韓国総合株価指数:+23.40%


シンガポール シンガポールST指数:+7.25%


タイ タイSET指数:+37.11%


インドネシア ジャカルタ総合指数:+31.52%


ベトナム ベトナムVN指数:-10.27%


インド ムンバイSENSEX30種:+8.47%


ロシア ロシアRTS指数:+30.14%


ブラジル ブラジルボべスパ指数:-3.78%


メキシコ メキシコボルサ指数:+10.73%



参考までに、

国際商品指数を示す、ロイター・ジェフリーズCRB指数の騰落率は、

+33.52%


----------------------------------------------------------------------



以上から、分かりますように、

欧米は、この1年間に限定すれば株式市場は堅調で、

株価指数の騰落率も12%~15%程度プラスになっています。

日本も大震災がなければ、この期間で、プラスだったのかもしれませんが、

残念ながら、我が国日本の日経平均株価、TOPIXは共に2桁のマイナスでした。


一方、

新興国は、元々、毎年の株価変動の大きさが激しいものの

ここ1年間の騰落率を見ますと、やはり、騰落率の差が大きいです。

30%以上プラスの株価上昇をしました

タイ、インドネシア、ロシアなどの国もあれば、

中国やブラジルやベトナムなどの代表的な株価指数は、

この期間(1年間)に限定しますと、騰落率でマイナスになっています。


でも、これからの時代を見通すなか、

たとえば、5年~10年間程度の投資期間において

ブラジルやベトナムの経済や株式市場の成長力および通貨価値の上昇において

期待が持てないなどと全く思いませんし、

投資期間が長期になればなるほどその気持ちは強まります。


一方、アメリカの経済や株式市場が堅調に推移し、

20世紀の前時代的に強いドルが復活するといった

そのような時代認識を持つこともありません。


私は、拙著:『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』のなかで

明確に書いていますように、

日米タックの経済成長力を象徴する20世紀モデル型がよかった時代の終焉、

および、新興国の経済成長力および株価上昇や、

第2の基軸通貨としてユーロを有望視していることに全く変わりありません。


ですので、

私自身のアセット・アロケーション(投資方針に基づく戦略的な資産配分)では、

新興国の株式ファンドや資源エネルギーなどの指数と連動するコモディティファンドを

中心に、投資信託を保有していますし、今年もその変更をすることもありません。


さらに、付け加えれば、

各国の株式マーケットの騰落率を短期的に当てに行こうとする投資判断で、

投資信託を買うことは、

投資信託が持つ本来の分散投資、

アセット・マネジメント(資産管理)からのポートフォリオ運用の

目的や概念から大きく外れてしまいます。

さらに、それだけでなく、

投資信託を使った投機(ギャンブル)になってしまうので、

相場師の考え方や行動になってしまいそうです。

投資信託の取り扱い方には、十分にご注意ください。



本日も最後までブログを読んでくださり

ありがとうございました。



実践派FP 斉藤俊行





「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る





拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター




スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/364-2eaa22d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。