実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 日本株は上がるのか?(識者はこう見る)

ロイター通信より

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18436620101202



2010年 12月 2日 11:30 JST

[東京 2日 ロイター] 

午前の東京株式市場で、日経平均は高値圏でもみあい。

1万0100円台後半で推移している。

市場関係者によると、

11月22日の戻り高値を更新したことで、

チャート上でも強い基調にあることが再確認され、

買い戻しが活発化しているという。

 
株式市場動向に関する識者の見方は以下の通り。


●米景気回復と円安で日本株の出遅れ修正続く

<マネックス証券 チーフ・エコノミスト 村上 尚己氏 >

欧州中央銀行(ECB)が2日の理事会で、

欧州財政危機の解決に向け

大胆な対策を講じるのではないかとの観測が浮上したが、

市場を安心させる程度の対応はあっても

日米中銀ほど大胆な金融緩和策を打ち出すことはないだろう。

 
欧州財政問題に対して市場は神経質になっていて

センチメントは振れやすいが、

株価は米景気改善を背景に底堅いとみている。

前日発表された11月米ADP雇用報告など

マクロ指標も景気改善を示すものが多かった。

米連邦準備理事会(FRB)の

量的緩和策第2弾の評価は定まっていないが、

結果的には株価を押し上げ、

景気にも良い効果をもたらし始めている。

 
米金融緩和を背景にした過剰流動性流入による

新興国経済のバブルが懸念されているが、

金融引き締めなどを適切に行っている新興国が多く、

現時点ではそれほど心配する必要はない。

日本株は米景気回復と円安を背景に出遅れ修正が続くだろう。



●米雇用情勢が改善なら日本株は堅調を維持

<みずほ総研 シニアエコノミスト 武内浩二氏>

米国経済が注目されているが、

前日発表されたADP全米雇用報告で

民間部門雇用者数が増加するなど

ポジティブな材料がそろっている。

年末商戦も好調で株価も堅調、

日本株にも好影響を与えている。

目先は米雇用統計が予想よりも良ければ

(米株、日本株の)堅調地合いは継続するとみている。

ただ、欧州財政懸念や中国の引き締め観測など

ネガティブな要因もある。

米株価はこのところ高値圏でもみあう展開だ。

日本株は米株にらみで、目先は上値を追う感じではない。

米金融緩和が続くので足元の円安基調が続くとはみておらず、

どこかの局面でドル安/円高を試す局面もあるだろう。

したがって、

日経平均株価.N225は年末に向け1万円付近でもみあう展開を予想する。



●6月の戻り高値を抜ける場合は、もう一段高も

<明和証券 シニアマーケットアナリスト 矢野正義氏>

きょう(12月2日)の日本株上昇の最大の要因は

海外株高といえる。

米ADP民間雇用者数は3年ぶりの大幅増となり、

週末の米雇用統計への期待感も広がっている。

 
欧州中央銀行(ECB)理事会が予定される中で、

トリシェ総裁が具体的な対応策に言及するとの見方もある。

米当局者も国際通貨基金(IMF)の資金拠出枠拡大による

欧州救済基金の拡充について言及しており、

何らかの手が打たれるとの期待感が広がる中で、

欧州信用不安は和らいできている。

 
日経平均はスピード調整となっていたところに、

こうした良い話が出てきており、

6月21日の戻り高値(1万0251円90銭)を抜ける場合は、

年末に向かって一気に株価が動く可能性が高まる。



--------------------------------------------------------------------------------------------------


2008年9月に起きた

米国発世界同時金融危機以降、

日本株は、独歩安状態で、

世界的な株価回復の流れから

取り残されてきました。


少々、株価が回復してきたとはいえ、

1989年12月29日の日経平均株価の終値でつけた

過去の最高値が、38,915円ですから、

ここ20年間の長期トレンドからは右肩下がりです。

そこまでの過去に遡らなくても

リーマンショック前の2008年9月頃、

日経平均株価は、12,000円台にありましたから

まだまだ出遅れ感が残ります。


年末から2011年にかけて、

日本株が上昇するのかどうか

これからもマーケットを注視したいと思います。



本日も最後までブログをお読みくださり

ありがとうございました。



実践派FP 斉藤俊行




「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る




拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター


スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/353-b3921254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。