実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G20 「通貨安競争回避で一致」 識者はこう見る

ロイター通信より

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-17807920101025




[東京 2010年10月25日 ロイター] 


韓国の慶州で23日に閉幕した

20カ国・地域(G20

財務相・中央銀行総裁会議では、

焦点だった通貨問題をめぐり

通貨安競争に自制を求めるとともに、

中国に為替相場の切り上げを促した格好となった。

市場関係者のコメントは以下の通り。



●動きにくいなか81円維持がポイント、FOMCも視野

 <みずほ証券グローバルエコノミスト、林秀毅氏>

 
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を経ても、

日本の介入のしにくさは変わらない。

米国の本音としては、

日本の介入と中国の介入では

位置づけは異なるのだろうが、

表だってそうも言いにくいだろう。

かといって、

日本が介入しないというわけでもない。

11月の20カ国・地域(G20)首脳会議までは

動きにくい展開が続くだろう。

 
ドル/円は81円を維持できるかがポイントになる。

G20首脳会議に先立って

米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されており、

米金融緩和への思惑も出てきそうだ。

週後半には、ドル安/円高圧力が徐々に強まるとみている。



●債券、底堅い展開か

 <ドイツ証券 チーフ金利ストラテジスト 山下周氏>

 
G20共同声明では

「通貨の競争的な切り下げ回避」

「為替レートの過度な変動を監視」

という両論が盛り込まれた。

基本的には、

中国の人民元切り上げを意図したものだろう。

ただ、急激なドル安・円高時以外には、

円売り介入は難しいともいえる。

FOMC量的緩和に入っていく

可能性が高いことを考えると、

ドル安、円高基調が「自然と」続くとみられる。

 
きょうの円債相場は底堅く推移するのではないか。

先週は5年や20年の供給に加えて、

海外株高もあって、円債は弱含んだ。

FOMCまで様子見の投資家が多いため、

戻りは限られそうだ。

ただ、円高基調に変わりなく、

海外株高でも日経平均の上値は重い。

FOMCというイベント後には

相場が堅調に推移する可能性は高いとみている。

世界景気減速でも、

実効性の高い財政・金融政策がないという

閉塞(へいそく)感が金利低下圧力となるだろう。



●日本は短期的には介入しにくい、円高進行を懸念

 <東洋証券 情報部長 大塚 竜太氏>

 
事前の予想通り、「通貨安競争」阻止の具体策はなく、

株式市場などマーケットへの影響は大きくないだろう。

ただ一応、通貨の競争的な切り下げを回避する

との共同声明は採択されており、

日本としては短期的には

為替介入をしにくくなったことは

ネガティブかもしれない。

各国の利害が対立するなか、

通貨に関して具体的な合意に達するのは

難しいということが、

あらためて明らかになり、

円高基調が続くことが懸念されよう。

ただドル円は81円前半の水準が続いており、

この水準には日本株の耐性ができつつもある。



●ドル安基調変わらず、ポジション面から底堅さも

 <クレディ・スイス証券チーフ通貨ストラテジスト 深谷幸司氏>

 
20カ国・地域(G20

財務相・中央銀行総裁会議では

「経済ファンダメンタルズを反映し、

より市場で決定されるシステムに移行」する必要がある

ことが声明に盛り込まれた。

中国の人民元安誘導をけん制したものだろう。

一方、

「準備通貨を保有する国は過度のボラティリティを警戒すべき」

としており、

米国の金融緩和によるドル安にも一定のけん制がかかった。

 
為替市場からみれば、G20で、

米追加緩和観測による

ドル安の基調的な流れは変わらない。

ただ、一方で、

ドル売りポジションが大きく積み上がっており、

さらに膨らませることはしにくい。

ドルは底堅くなりつつあり、

米連邦公開市場委員会(FOMC

くらいまでのドル/円の下値は80.50円程度だろう。

G20への警戒感が消えたとしても、

ドル売りが急に強まるとはみていない。



●為替安定に効果、株価はさらにこう着

 <日興コーディアル証券 シニアストラテジスト 河田 剛氏>

 
20カ国・地域(G20)

財務相・中央銀行総裁会議の声明では、

通貨安競争をけん制する内容だったことから、

今後円高局面で日本の通貨当局による

為替介入は難しくなるだろう。

ただ、米国をはじめ他の先進国も

通貨安を回避するとの見方ができるので、

為替は安定的になるのではないか。

ドル/円は目先81―82円の水準が続くとみている。

そうなると、

レンジ相場が続く日本株は、

さらにこう着感が強まることになる。

目先は企業決算の想定為替レートを注目しており、

円高想定でも業績見通しが強気なら買い手掛かりになる。



-----------------------------------------------------------------------------------------



通貨安競争を回避するといっても

米国が積極的な量的緩和を継続すれば

それは、

米ドル供給量が市場で高まるので

結果として、

為替レートは、

円高・米ドル安へ動きやすくなる

のではないでしょうか。


本日もブログを最後まで読んでくださり

ありがとうございました。


実践派FP 斉藤俊行







「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る





拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター
スポンサーサイト

テーマ:経済ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/347-a89847c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。