実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2030年、世界の株式時価総額は145兆ドル(ゴールドマンサックス予想)

ロイター通信より

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-17288820100917


[東京 9月17日 ロイター] 

ゴールドマン・サックスは16日、

2030年までに中国の株式市場の時価総額が

米国を追い抜くだろう、とするリポートを発表し、

今後20年間で現在43兆ドルの世界の株式市場の時価総額は

145兆ドルにまで増加するとの予想を示した。

 
なかでも新興国市場が大幅に増加することで、

世界の株式市場は激変するとしている。

 
同社のティモシー・モウ氏は、

新興国株式の時価総額は現在の14兆ドルから

2020年には37兆ドル、

2030年には80兆ドルに増加する

可能性があると予想。

世界の株式市場に占めるシェアも

現在の31%からそれぞれ44%、

55%に拡大する可能性があるとしている。

このため、

MSCI AC World指数におけるウエートも、

現在の13%から2020年には19%、

2030年には31%に拡大する見込みだ。


一方、世界の株式市場の時価総額は

現在の43兆ドルから2020年には83兆ドル、

2030年には145兆ドルになると予想。

先進国市場の株式時価総額見通しは、

現在の30兆ドルからそれぞれ46兆ドル、

66兆ドルとなっている。

 
新興国の中でも成長著しい中国については、

現在の5兆ドルから2030年には41兆ドルに増加する見通し。

2030年の米国の時価総額は34兆ドルと予想しており、

その結果、中国は2030年までには米国を抜き、

単独で世界最大の株式市場になるとの見方だ。

 
このため先進国の金融機関のアセットマネージャーは、

新興国株式市場の規模拡大と相対的重要度の高まりを背景に、

今後、新興国株式の組み入れ拡大を迫られるとの見方をしている。


ゴールドマンによると、同社の推定では、

先進国の投資ファンドにおける

株式資産配分に占める新興国株式のウエートは現在6%。

これが2020年には10%、

2030年までに18%に拡大する可能性があり、

今後20年間にネットで

4兆ドルの新興国株式買いが生じるとみている。

このため、

機関投資家による新興国株式の保有比率の上昇が、

将来的に新興国株式のボラティリティや

バリュエーション変動の低下につながるとみている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------

投資には、

短期的に相場の動きから、さやを抜く手法と

経済や市場の成長性に長期投資する方法がある。


後者のやり方であれば、

投資信託を通じて投資を行うのが一般的です。

その場合、

アセット・アロケーション(戦略的な資産配分)から

リスクは高くても

新興国の株式比率を高めておくことが

結果として、

将来、資産を増やすチャンスに恵まれる

正しい選択になるということかもしれません。


本日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました。


実践派FP 斉藤俊行





「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る




拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/340-3a9f310d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。