実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の気持ちは「ありがとう」と素直に伝えてみる

感動は予想を超えたり、

予期せぬときに嬉しいことをされると

感情の内側から自然発生するものです。


相手から感謝の気持ちを言葉で伝えられると

心が温かくなるのを実感したりするものです。


基本的に人間関係

感情でつながっているものですから

感謝の気持ち=ありがとう」を

きちんと伝えることは大切です。

ここに「かけひき」は必要ないと思います。



反対に、

計算高いことをされたり、

こちらが何か協力したり、プレゼントや食事をごちそうしたりしても

ありがとう」の一言もないと

がっかりし、この先、付き合いをやめたくなるよう、

本当に失望してしまうという人は非常に多いはずです。

見返りなんか期待していなくても

人の好意に対し無視することは、

人間の感情を考慮すれば、

相当の覚悟が必要になると認識しています。


筆者はどちらかというと

ありがとう」をよくいう方で、

メールやお手紙の最後や人との会話のなかで

「いつもありがとうございます」

という言葉をよく使います。


しかし、

これが人づきあいの基本であり社会常識かと

ずっと思ってきましたが、

一部ではそうではない人も一定割合いるようです。


ありがとう」という言葉を

意図的に避ける人もいるようなのです。


本人の「人間関係作り」ついての解説では、

特に悪意があるわけではなく、

ありがとう」を言ったり、

「好意を認めてしまう」と

「相手に負い目を感じてしまう」からとか、

「借りができてしまう」からとか、

「だから自分はお礼や感謝の言葉は極力言わない」

のだと淡々と話してくれました。


「なるほど!」、

こんな考え方もあるのか、

と、筆者は想定外の全く新しい考え方に驚きましたが、

人との良心的な友好関係は築くことが難しいことは

簡単に理解できました。


その他にも、

「自分のことを周囲が気遣いしてくれる」ことを

誇りに思っている知人もいましたが、

これも違うように思いました。


このようなことを考えるのも

人づきあいにおいて一理あるのかもしれませんが、

交際が営利取引や交渉事を前提に成り立つように思います。


おそらく、

人の良心から成り立つ人間関係を作るのは

一層難しくなりそうです。

その思想の行く末は、自らを人間不信にさせるかもしれません。


なので、

「いつもありがとうございます」

「ありがとう」など

感謝の気持ちを素直に伝えることができれば、

それだけも、

良心的な輪は広がり、

温かい人間関係も作れそうです。


さらに、

「ありがとう」というたったその一言が

相手を感動させ、益々友好を深めることになるかもしれません。


「ありがとう」を自ら言える人は、

「ありがとう」と他人から言われる人物にもなれるのでは。


実践派FP 斉藤俊行



「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。