実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OECD:経済成長率予想を上方修正 新興国が回復をけん引

以下、ブルームバーグニュースより。


5月26日(ブルームバーグ):経済協力開発機構OECD)は

2010年と11年の経済成長率予想を上方修正した。

中国などの新興市場国が債務負担の重い先進国を上回り、

世界経済の成長をけん引する。


OECDは26日公表した報告書で、

加盟30カ国の10年の成長率見通しを2.7%とした。

昨年11月時点では1.9%の成長を見込んでいた。

中国などの非加盟国を含めた世界の10年の成長率は4.6%、

11年は4.5%と予想した。

06年まで10年間の平均は3.7%だった。


今回のOECDの予測では、

世界経済が約半世紀ぶりのリセッション(景気後退)から脱出した後、

新興諸国と先進諸国間の成長格差が広がりつつある状況が浮き彫りになった。


ユーロは年初来で14%下落しており、

公的債務が先進国の景気拡大を脅していることを示しているとOECDは分析した。

中国とインドは景気過熱リスクがあるとしている。


OECDのパドアン事務次長(チーフエコノミスト)は報告書で、

「一番大きなリスクはソブリン債市場の動向に関係している」と述べ、

それ以外では、

中国やインドなど一部の国で「急成長が失速するシナリオは排除できず、

金融政策をより強力に引き締める必要性がある」と分析した。


不均衡拡大


ギリシャに端を発したソブリン債危機は

景気回復を後退させるとの投資家の懸念を増幅、

世界の株式相場は今年、大幅安を演じている。


MSCI世界指数は年初来で10%下落し、

米国のS&P500種株価指数は3.7%、

欧州のユーロ・ストックス50指数は14%の下げを演じている。


OECDによると、

10年の成長率は米国が3.2%(昨年11月時点の予測2.5%)、

ユーロ圏は1.2%(同0.9%)、日本は3%(同1.8%)となる見通し。

これに対して中国の成長率は11%を超えると予想、

インドは8.3%、ブラジルは6.5%の成長がそれぞれ見込まれるという。


パドアン事務次長は

「経済活動の勢いの高まりに伴い、

世界の不均衡は再び拡大し始めている」と述べ、

「強力で持続可能かつ一段と均衡の取れた成長は、

マクロ経済政策や為替政策、構造政策を組み合わせることで達成され得る」

との見解を示した。


OECDはユーロ圏経済について、

ギリシャ、スペイン、ポルトガルなど債務に苦しむ国向けに

最大7500億ユーロの支援策を今月打ち出したものの、

ユーロ圏経済は相対的に弱いため

域内の政策当局者は長期的な政策協調の改善に取り組む責任があると指摘。



「ロードマップ」


ユーロ圏は各国の隔たりを抑制するため、

賃金・物価の柔軟性を向上し投資構造を改革するとともに、

退職年齢の引き上げを検討する必要があるとした。


初の国債買い取りを今月開始した欧州中央銀行(ECB)に対しては

金融緩和策の継続を呼び掛け、

主要政策金利を「2010年遅くまで」据え置くべきだとしている。


さらにECBに対して

「既に一部で高じている長期インフレ期待をつなぎとめるためにも、

長期間にわたる資産持ち高を解消し、

最終的に巻き戻す明確なロードマップを示す」よう求めた。


欧州の国別では、

ドイツの景気回復は依然として損なわれていないとし、

世界貿易の改善や企業の投資拡大を背景に

経済成長は今後「力強く上向く」と分析。

同国の10年の成長率を1.9%、11年の成長率を2.1%と予想した。


フランスの成長率は10年が1.7%、11年は2.1%とした一方、

英国は10年が1.3%、11年が2.5%になるとの見通しを示した。


OECDは11年の成長率予想について、

米国は3.2%(昨年11月時点は2.8%)、

ユーロ圏は1.8%(同1.7%)に修正した一方、

日本は2%の見通しを据え置いた。



-------------------------------------------------



●筆者のコメント

従来の20世紀経済から大きな転換点となるのが

2010年だという認識を持っています。


1995年から続いた米国へのグローバルマネーが集中する仕組みも

金融危機以降、大きく変わったといえます。


これから先は、

OECDの予想見通しのように

先進国と新興国では経済成長率の格差を実感するようになりそうです。


投資家として

これからの時代の潮流を見据えどうするか

投資先の選定、アセット・アロケーション(資産配分・投資方針の決定)が、

大きな課題になりそうです。


そのあたりについての考えは、

拙著:『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』 で

投資家の視点からはっきりと著者の考えを書いています。

参考になれば幸いです。


実践派FP 斉藤俊行



「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る




拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター


スポンサーサイト

テーマ:経済ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/304-acd12326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。