実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY株、終盤にかけて大幅安から戻す展開

ロイター通信より


2010年 05月 26日 07:15 JST
 [ニューヨーク 25日 ロイター] 
25日の米株式相場ではS&P総合500種が小反発。
終盤にかけて安値拾いの買いが入り、大幅安からプラス圏に戻した。

 ダウ平均とナスダック総合は続落して引けた。

スペイン中央銀行が22日に貯蓄銀行カハスールを管理下に置いたことを受けて
欧州金融システムの安定性をめぐる懸念が拡大し、
米主要株価指数は序盤に軒並み3%超下落。
S&P500は4月下旬につけた終値での高値水準を14.5%下回り、
2009年11月上旬以来の安値をつける場面もあった。

LPLフィナンシャルの投資ストラテジスト、ジョン・カナリー氏は
「きょうは売りに行き過ぎ感が生じた。
市場は欧州の材料を織り込み過ぎた可能性がある」と述べ、
「即効性のある解決策など存在しないことに、市場は気付き始めている」
との見方を示した。

終盤に株を買い戻す動きが見られたことについて、
ユーロ相場の回復との関連を指摘する向きもいる。
ユーロはこの日、一時対円で8年半ぶり安値に下落、
対ドルでも4年ぶり安値付近まで下げた。 

ダウ工業株30種は22.82ドル(0.23%)安の1万0043.75ドル。

ナスダック総合指数は2.60ポイント(0.12%)安の2210.95。

S&P総合500種は0.38ポイント(0.04%)高の1074.03。

素材や小売りセクターが好調で、S&P素材株指数は1.6%高、
S&P小売り株指数は1.4%高で終了。

AKスチール(AKS)はシティグループによる
投資判断引き上げを好感して11.4%急伸、
自動車部品小売り大手のオートゾーン(AZO)は
好調な第3・四半期決算を材料に5.6%上昇した。

米株式投資家の不安心理の度合いを示す
シカゴ・オプション取引所(CBOE)の
ボラティリティー・インデックス(VIX指数)は、
一時14.1%上昇して43.74をつけたが、
結局9.7%低下の34.61で終了した。

経済指標では、コンファレンス・ボード(CB)が発表した
5月の消費者信頼感指数が3カ月連続で上昇し、
08年3月以来の高水準となった。
一方、連邦住宅金融局が発表した第1・四半期の住宅価格指数は低下。
住宅購入者向け税控除措置の期限を4月末に控えて価格引き下げ圧力が強まった。


(カッコ内は前営業日比)


ダウ工業株30種(ドル)

     終値         10043.75(‐ 22.82)

   前営業日終値    10066.57(‐126.82)


ナスダック総合

     終値          2210.95(‐ 2.60)

   前営業日終値    2213.55(‐ 15.49)


S&P総合500種

     終値          1074.03(+ 0.38)

   前営業日終値    1073.65(‐ 14.04)



-----------------------------------------------------

ブルームバーグニュースより


5月25日(ブルームバーグ):米株式相場は朝方の大幅安を終盤の戻しで埋めた。
S&P500種株価指数が2月の安値を一時割り込んだ後に戻したことが好感されたほか、
下院金融委員会のフランク委員長(民主、マサチューッツ州)が
スワップ取引部門の分離を銀行に強制するのは「行き過ぎだ」と述べたことが手掛かりだった。

S&P500種は、
チャート分析を進めるトレーダーやアナリストの間では節目される
1050および2月の安値1044を一時的に下回った。
しかしその後値を戻し、前日比で上昇して取引を終えた。
ゴールドマン・サックス・グループは大幅上昇。
S&P500種株価指数の金融株価指数は3.4%の下げを埋め、前日比0.8%高。
資源大手フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドや
ニューモント・マイニングも大幅高。
資源株の指数は一時3.3%安から反転した。

シェーファーズ・インベストメント・リサーチのテクニカルアナリスト、
ライアン・デトリック氏は、「テクニカルな反発だ」と指摘。
「株は売られ過ぎた。短期間の間に多くの水準を突破した。
ただし、まだ景気回復は続いている」と語った。

S&P500種株価指数は前営業日比0.1%未満上げて1074.03。
一時は3.1%安の1040.78まで売り込まれ、
日中の水準としては昨年11月3日以来の安値となった。
ダウ工業株30種平均は22.82ドル(0.2%)下落して10043.75ドル。
朝方は一時292ドル下げる場面もあった。

朝方は借り入れコストの上昇や朝鮮半島をめぐる緊張が材料視され、下げた。
米政府は24日、韓国の哨戒艦沈没事件を受けて
韓国と対潜水艦訓練などの軍事演習を行う計画を発表した。

売られ過ぎの米株

著名投資家マーク・ファーバー氏はリポートで、
米国株が「売られ過ぎ」の状態にあると述べ、
今後は年初来の日中高値(1219.80)をわずか下回る水準まで反発する可能性がある
との見方を示した。
S&P500種は4月23 日に19カ月ぶり高値を付けて以来12%値下がりしている。
欧州の債務危機によって世界的な経済成長が損なわれるとの懸念が背景にある。

米国株オプションの指標、
シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は9.7%下げて34.61。
一時は14%上昇の43.73まで上げた。

S&P500種金融株価指数は0.8%高。一時の3.4%安から反転した。
ゴールドマンは4.3%高、バンク・オブ・アメリカ(BOA)を0.6%高で終えた。

債券ファンド運用最大手、
米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の
モハメド・エラリアン共同最高投資責任者(CIO)は、
スペインの貯蓄銀行救済で同国の銀行システム内の重圧が明らかとなったことが、
ギリシャに端を発した債務危機が拡大するとの懸念を高めていると指摘した。
米公共放送PBSが報じた。

エラリアン氏はPBSの番組「ナイトリー・ビジネス・リポート」が
ウェブサイトに掲載したインタビューで
「システム内で起こった衝撃を銀行が増幅する」とした上で、
銀行は「車のガソリンのようなもので、非常に多岐にわたる部分とつながっている。
銀行システムに重圧がかかるやいなや、政府が後手に回り、波及する恐れが常にある。
混乱が拡大し得る」と述べた。

-----------------------------------------------------


1日または短期間におけるマーケットの揺れ方が、
非常に大きくなっています。

実体経済よりも金融経済が優位に立つようになり
グローバルマネーの動き方は、
各国で把握しずらい状況です。

このような状況下では、
投資家は、
自分でコントロールできない要因に
思考や感情を支配されず冷静に対処することが肝心です。


基礎知識に不安がある方は、

拙著:『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』を

是非、手にとってみてください。


金融基礎知識を身につけ、

時代の潮流を正しく理解して欲しいと思います。


実践派FP 斉藤俊行


「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る




拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター




スポンサーサイト

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/302-9468e719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。