実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせなら純粋な気持ちでサービス精神を発揮したい

人へサービスをするなら、
純粋な気持ちでサービスしてあげたい。

したたかな計算によるサービスではなく
相手が喜ぶ姿を思いながらしてあげたい。


これは、
サービス業で仕事をする者なら是非とも実践したいことです。


弊社も金融サービス業なので、
他人事ではありません。


なぜ、
こんなことをブログで書くかといえば、
ここ最近、行ったお店で心が伴わないサービスを体験したからです。


お店側のサービスの目的は、
大きく2つあると思います。

1つは、
顧客に喜んでもらうこと、感動させること。

2つ目は、
顧客に気持ち良くお金を使ってもらうこと、
顧客単価を少しでもアップさせること。

以上、
このためにお店はサービスを実践するのです。


顧客単価を上げるなども企業活動であれば当然の努力なので
否定するつもりはまったくありません。

厳しい景気のためにも、生き残りをかける意味でも必要でしょう。


しかしながら、
たとえば、
お店の内装がとてもきれいな美容室でも
要領よく、店側の思惑どおりにあの手この手で
オプション料金を加算しようと
顧客へしかければ、
店員さんをきな臭いサービス提供者に思ってしまいます。

また、
少しでも、
客にお金を多く使わせようと
飲み物と食べ物の量を少なく出す飲食店があれば、
店主の笑顔に安心して飲み食いできなくなります。

たくさん食べる者にとっては一大事です!(笑)


これは、
景気が良くないせいか、
実際にあった話です。


お金(資金繰り)のために必死なる店主・店員の姿は、
明らかに顧客からの信用を失います。



拙著のP116にも語っていますが、
「お金がない人ほどお金に支配される人生を送るようになる」
のだと思います。


別の意味で、
お客さんと一期一会の関係で終わるのは非常にもったいないことです。


結果的に、
お店から客が離れ売り上げ減少、
お店の資金繰りはよくないという流れができてしまいます。


客からすれば、
こすっからい店だという印象を持ちます。


これでは、
お店は繁盛しないでしょう。


マーケティングの知識やしたたかな計算も
経営するうえであえて否定はしませんが、
同時に、
「相手を喜ばせようと」純粋な気持ちも持っていないと、
本気でサービス精神など発揮できるはずはありません。


お金を使わせることばかり考えているようでは、商人は失格です。


「人のふり見て我がふり直せ」
お店へ出かけると、よい勉強になります。
自分自身の姿勢も改めて正したいと思います。



また、
自由にテーマを選び記事を書いていきますので、
よろしくお願いいたします。


追伸、
FC2ブログで記事を書いているときにパソコンに負荷がかかりすぎるせいか
途中で何度もエラーになってしまいます。
保存前にエラーになれば、もう一度書きなおしするなど、
記事を書くのに時間がかかりすぎています。

したがって、
「実践派FPのスローリッチのすすめ」については、
更新はゆっくりのペースですが、
拙著:『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』の
アメブロの方は、ほぼ毎日記事を更新しています。

アメブロも読んでいただければ幸いです。


実践派FP 斉藤俊行




「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る





拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメバブログで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメバブログ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター
スポンサーサイト

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/296-0572f7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。