実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の「国の借金」882兆円に達する

「JCASTニュース」 2010年5月11日(火)より抜粋。

国債や借入金、政府短期証券をあわせた
「国の借金」の総額が、
2010年3月末現在で882兆9235億円となり、
過去最大になった。5月11日に財務省が発表した。

前年同月末と比べて36兆4265億円増加した。
4月1日時点の推計人口1億2739万人で計算すると、
国民1人あたりの借金は約693万円となった。
リーマン・ショック後の景気悪化によって、
経済対策の実施や大幅な税収減を補うために
発行した新規国債が大きく響いた。

「借金」の内訳は、国債が720兆4890億円で、
前年と比べて40兆408億円増えた。
このうち、普通国債は593兆9717億円で同48兆360億円増加した。
借入金は56兆4063億円で、1兆1598億円減。
政府短期証券は2兆4545億円減って、106兆281億円だった。


-----------------------------------------------------

財務省の発表によると、
日本の「国の借金」(公的債務)が、
882兆9235億円に達しました。

「国の借金」(公的債務) 対 GDPの比較で
218.6%(2009年末時点)の状況です。

この公的債務GDP比率では、
ここ10年以上、日本はG7諸国のなかで
ほとんど唯一といっていいほど悪化しています。

ただし、
公的債務(国の借金)が増加傾向にあるのは、
福祉国家の一部の北欧諸国を除けば、
世界のほとんどの国が該当しますから、
国の借金がすべてにおいて悪いというわけではありません。
(借金が多いことは、もちろんよくありませんが)

日本の「国の借金」のGDP比が特出してしまうのは、
日本のGDP成長率が低すぎるという問題も一緒にあります。

「国の借金」自体は、
アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、
いずれの国もこの10年間増え続けています。

とくにイギリスは、
「国の借金」の増え方は、とくに目立ちます。

でも、
日本よりも、
各国のGDP成長率が高いので
GDP比では、「国の借金」の増加傾向が見られません。

ということは、
GDP成長率を高めれば、
日本も「国の借金」は目立ち方が小さくなるのは事実です。

しかしながら、
日本は、少子化、人口減少、世界一の高齢社会など
成長性が高まる期待はもてそうになく、
むしろ、
完全に成熟社会に突入したことを認め、
それに合わせ、財政をやりくりをしてゆくしかないとするのが、
識者の見方といったところでしょうか。

私もまったく同感です。

今の政府の動きを見ていても、
日本国債の国内保有比率は、
94.8%(2009年末時点)で、
外国は日本国債を5.2%しかもっていないから大丈夫だ!
と、到底言える状況には思えません。


収入が成長しない企業が、
借金だけ膨らんでゆく姿は、
近い将来、
経営破たんすることになります。


私たち日本国民は、
ギリシャ財政問題は、
対岸の火事ではなく、
今一度、
日本の財政問題を真剣に考えなければならないと思います。


また、
ギリシャ財政問題により、
マーケットはまだまだ大きく動きそうです。
実際に、
ここ数日間、
世界の株価は上下に大きく揺れています。

当然、
投資信託の基準価格も大きく動くことになりますが
投資家として冷静に対応したいものです。



また、
『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用ブログとは
違う趣旨で、
「実践派FPのスローリッチのすすめ」
自由に、広範囲に
ブログの記事を書く予定です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

実践派FP 斉藤俊行





「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/293-77542b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。