実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふとった財布をもつ人たち(前編)

ファイナンシャル・プランニングのブログランキングはこちらです      
                           
                  人気ブログランキングへ
    (一日一回応援クリックをよろしくお願い致します)


このブログは読者の方がファイナンシャルIQファイナンシャルEQを高めて欲しいと真面目に
考え記事を書いています。ブログを読み自分自身の(IQ)お金に関する実務知識や智恵
および、 (EQ)お金の哲学やお金への豊かな感情を高めたいと思う読者の方、
是非、応援クリックしてください。どうぞよろしくお願い致します。


実践派FPファイナンシャルプランナー)斉藤俊行のブログです。

4月からまた新たに無料体験マネーセミナーを4月12日(土)、13日(日)の10時に開催
いたします。もしもよろしければ、ご興味のある方にご参加いただければ幸いです。

弊社のセミナーサイト< ふとった財布になあれ >が少しだけリニューアルしました。
プロの長谷川晋平さんにご協力頂いています。迅速にいつもありがとうございます。

         筆者の主催するマネーセミナーのご案内は
                  ↓
                 こちら


本日のテーマは、「 ふとった財布をもつ人たち 」です。

そして前々回の記事で”ふとった財布”のところで、

” 真のお金持ち ”になるためには次の3つが必要ですと云いました。

1.お金持ちと同じ考え方を持てるようになること
2.お金持ちと同じお金の知識と智恵を身に付けること
3.お金持ちと同じ行動を実践すること


とシンプルに記事に書きましたが、ある読者の方からご質問を頂きました。
そして弊社のクライアントさんからもよく質問されることのなので、
あえて少々詳しく解説しなければと思い今回のブログの記事にした次第です。

その質問とは、
お金持ちと同じ考え方を持てるようになるにはどうしたらよいですか??」
ということです。

そうですね、
実はこれが一番大切で容易なことではありません。

また別の言葉で言い換えれば、
お金持ちの考え方を身に付けるとは、
「 自分自身が頭の髪の毛先から足の爪先までお金持ちに成りきること 」(be)です。
だから簡単なことではないのです。

一般に私たちは、お金持ちと同じことをしたり(do)、
同じ物を持ちたがる(have)のが普通です。


例えば、お金持ちもきっとする(do)だろうと考え、
高級レストランで食事をする、高級ホテルに泊まる、セレブな旅行を楽しむことなどです。

それに、お金持ちと同じ物を持つ(have)とは、
大きな家を所有する、高級外車のオーナーになる、
ブランド品の腕時計や装飾品をたくさん持つことなどです。

いずれも人間なら誰しもが1度や2度はやりたいと思えることをしたり、
人生における大きな買い物を最低1度は決断したりするものです。
だから、自分の欲求や自己満足度を高めるために高級品を持つことは
よくあることで人間の普通の感情から自然に発生することだと思います。

しかし、「 自分がお金持ちに成りきること 」(be)は相当な努力と意識改革が必要です。

そして” お金持ちに成りきるセルフイメージを持つ ”ために、
私は重要度が高いことが3つあると考えます。

それは、

1.そもそも、お金持ちや富裕層とは何かを
  正しく知り理解すること
2.自分が尊敬でき現在目標とする
  お金持ち(富裕層)の人から直接学ぶこと
3.真のお金持ちが書いた良書や教材から学ぶこと
 

ちなみに、
私が若い頃からも含め、お金の考え方に自分が大変影響を受けた
ふとった財布”を持つ著名人3名をあえて挙げれば、
お金の神様と言われた邱永漢さん、
日本を代表する大富豪の中の1人で怪物といわれた糸山英太郎さん、
米国人のカリスマ・マーケッターのダン・ケネディさんです。
この人たちの本を読んで、TVやDVDやCDを観たり聴いたり、
また、この3人の中では3人全てではありませんが、
その方が講師をするセミナーへ実際に参加したこともあります。

弊社のマネーセミナーサイト名にある”ふとった財布”はこの著名人からイメージし、
私の想像力(創造力)を働かせた結果から名づけました。

但し、勉強するだけの価値はある超一流の人たちですが、
自分もこの人たちと同じようにそうなりたいとか、
具体的な目標になる人物としての意識は全くありません。
この方たちは、世界でも名が知れるほどの有名人ですから、
ただ、「すごい人がいるなぁ~」と自分の想像力も加えて
考えるには楽しいのです。

この方たちは良書も複数の本をお書きになっていますから
ご興味があれば一読することをおすすめします。

邱永漢さんの”野心家の時間割”や”成功の法則”、
糸山英太郎さんの”金儲け哲学”、
ダンケネディさんの”常識の壁をこえて”

以上の書籍はいずれも私にとって印象深かった本です。

私が目標とする人とは、
もっと身近な人であり実際にもお会いして、
その方の功績以外にも人間性や幸せ度などをある程度のことをよく理解しなければ
具体的な目標とする人物にすることはできません。

若い頃は、父親を超えることを意識し始めた時期がありました。
一般的に
目標とするのであれば、そのようにその人を知りよく理解し
敬意を表するためにも気持ちの上でしっかりと同意することが必要になります。


私は目標の人物に対して忠誠心を誓うことが、
本気である意思表明の何よりもの証拠であると考えます。

だから、今の私の目標になる人は、
このブログを読んでくださる中にいる身近な人かもしれません。
そして、私が成長することをきっと祝福してくれているものと信じています。

読者の皆さんの資産運用、資産形成のご成功を心から祈念しております。


これからのファイナンシャルプランニングに是非ともお役立てください。

本日もブログをお読みくださりありがとうございました。
次回は”ふとった財布をもつ人たち”後編の記事を書きたいと思っています。

私もつい最近知ったことですが、
日本の富裕層は今でも増え続けているそうです。
それがなんとインドの人口増加率よりも速いスピードで増えているそうなのです。


次回はそのあたりのこともご紹介したいと思います。

これからも「実践派FPのスローリッチのすすめ」ブログをよろしくお願い致します。

私のマネーセミナーやブログが、
あなたのファイナンシャルプランニングにほんの少しでもお役に立てれば幸いです。


今日の内容に共感してもらえましたならば、
ブログランキングへクリックして頂けると素直に嬉しいです。

      ↓
人気ブログランキングへ


実践派FP(ファイナンシャルプランナー)が講師をする
マネーセミナーのご案内は→→→こちら


ブログの順位を確認する→人気ブログランキングへ (応援よろしくお願い致します)


<今日のおすすめの1冊>
私はこれを読み、巷で溢れる単なるポジティブ思考では成功できないことを確信しました。
とにかく衝撃を受けた1冊です。

常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学
(2005/04/28)
金森 重樹、池村 千秋 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/28-c42fe67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。