実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい新時代のきびしさとは

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。

本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 厳しい新時代のきびしさとは 』

これからますます厳しくなるとか、
有史以来、私たちが経験したことがない厳しい時代が来るなど
ニュースやマスコミがこれに関連するネタをよく取り上げています。

実際に私たちはどんな時代になるのだろうか???

世界恐慌や大不況、失業などの言葉を目にし耳にするたびに
大きな不安を感じるのが普通ではないでしょうか。

私は会社経営者から会社員、主婦まで
実にさまざまな属性の人たちのコンサルティングをしていますので
皆さん、多岐にわたり将来不安を抱えていることが伝わってきます。

ただ一つだけはっきりと言えることは
「不況や失業はあっても世界恐慌には現代はならない」
このことは断言できると思います。

なぜならば、
1929年~の当時の世界大恐慌とは逆の対応を
世界各国で国際協調できるようになっているからです。

具体的には、
まず、
昨年あった金融危機などの時は、
一つの国だけが単独で自国保護に走らず
各国が同意したことを国際協調する。

次に、
世界各国の政府が資金を市場へ徹底的に供給する。

このようなことをしていけば
金融マーケットで資金が枯渇することはありません。

すなわち、
世界金融恐慌にはならないというわけです。

それに現代では
マネー量は豊富にあり、
具体的には、
1995年以降でマネーの量は
約100兆ドル、日本円を1ドル100円として計算すると
1京円も世界中で増えいていることになります。

だから、
世界恐慌の不安に煽られれても
それを真に受ける必要がないことが私たちには理解できます。
それよりも
潤沢なマネーがどこへ向かうかを予想した方が
お金持ちになる確率は上がるというものです。


では世界中のマネー量が増えているから
将来の私たちの生活もより豊かになって行くかといえば
そうならないところに新時代のきびしさがあります。

マネー量も増え技術やサービスも進化し便利な世の中には
なっているのは事実ですが、
将来、私たちの生活は単純には豊かにならない。

それはどうしてかといえば、
家計が豊かにならないからで、
それは、
税金と社会保険料の負担が増え続けており
給与の手取りを表す可処分所得が一向に増えないし
その気配すらないからです。

給与所得者の平均値の年収が下がり、
さらに年収200万円以下の人の割合がここ数年増え続けているのだから
年功賃金で自分の年収だけは安泰だなどとはだれも思えない状況が
いまということになります。

つまり、
私たちにとっての新時代の厳しさの本質とは
給与が年功制では増えなくなっているということです。

それに加え、
将来的に消費税なども含め税金と社会保険料の負担が
増加の一途をたどることを思えば誰でも新時代は厳しく感じるはずです。

現代の世界の潮流であるグローバル化、IT化やエネルギー問題を見れば、
自分の給与が才能や実績抜きに単に年功では上がらないこと、
日本の労働人口の減少と少子高齢社会の環境下で
現役世代の税金と社会保険料の負担が増えるのは明らかでしょう。

企業の人件費の割合を示す労働分配率は下落傾向にあるので
一般社員の給与所得の上昇はなかなか望めなくなっています。

こう考えると、
自分たちの両親が経験してきた20世紀、昭和の時代とは
まったく違った状況になるのでライフプラン新時代に合わせ
設計しなければならなくなります。

親たちが当たりまえと考え行動してきたことが
私たちが新時代で経験するなかでは、
当たり前にはできないということです。

私は、2010年は金融危機後にはじまった
新時代が本格始動する年になると見ています。

読者のみなさんも是非、新時代に合う
ライフプランを考えてみてください。



引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/273-10dadc8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。