実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売るべき時を見極める

実践派FP(ファイナンシャルプランナー)
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。


約2週間ぶりに記事を更新します。

ブログを楽しみにして頂いている読者のみなさん、
ご無沙汰してしまい大変申しわけございませんでした。
体調を壊したわけではなく、
スケジュールが一時的に混雑し時間があいてしまいました。
よろしければ、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 売るべき時を見極める 』

私は、2007年に保有していた日本の個別株をすべて売却してから
資産運用、資産形成は投資信託で行っています。

私が個別株を整理し売るべきタイミングは2007年でした。

真剣に思考し決断したら即実行、実践するのが
自分流スタイルでもあるので、
その通りに、日本の個別株を2007年7月までに
すべて売却しました。

今回は真剣に検討した結果、
日本株ファンドを大幅
に売ることにしました。

利益が出ている一部の日本株ファンドは残し、
評価損が大きいものは損切りというかたちで
日経平均株価が数日間上昇を続けていた
先日、さっそく売りました。

自分の感情の動きとしては、
基準価格が取得価格に戻るまで待ちたい気持ちがあったのは
正直なところですが、
そういった情緒や感情的な期待などを無視し
あくまでも経済合理的な決断を行いました。

数百万円単位の損切りになるので
痛くないというと嘘になります。

でも、他に自分が保有している
数百万円単位の利益が出ているファンドおよび、
利益が拡大している成長著しいファンドを売却するよりも
損切り」するほうが良いという判断をしました。

もともと、
2008年9月の金融危機以降は、
ファンドを毎月購入する方法を中心軸として
アセットアロケーションを変更してきました。
だから、
日本株ファンドが占めるアセットアロケーションの比重は、
徐々に減少する傾向にありました。
今回の日本株ファンド損切りは、
その流れに従う判断ではあります。

補足をすれば、
金融危機が始まって間もないころ、
保有比率が大きかった、
米国株ファンドの一部は利益確定の売却済みです。


とはいえ、
数百万円単位の日本株ファンド損切り
実際問題として、
自分の感情で素直に受け入れることができず、
実施するにあたり躊躇していました。
私の頭の中の思考回路は、
基準価格の回復を待ってから売り、
別のファンドへの切り替えを検討していました。

しかし、
この自分の感情に支配された思考回路の考えは、
将来の利益の追求や経済合理性にそぐわないものなので
思い切って実行することにしました。

日本株ファンドを売却した資金で、
新興国の株式ファンド、
代替エネルギー関連企業へ投資する世界株ファンド、
コモディティファンドをより積極的に買うことにしました。

十分に時間をかけて検討をした結果、
私が損切りした今後成長があまり期待できないと判断した
日本株ファンドよりも
新興国の株式ファンド、代替エネルギー世界株ファンド、
コモディティファンドの方が
ここ数年間の成長性は非常に期待できると思っています。

現在、
私のポートフォリオ構築における重要事項は以下の点です。

1.債券から株式へ資金をシフトする

2.日本や欧米の先進国中心であったアセットアロケーション
  アジアやBRICsなど新興国を中心軸とするものにする

3.今後の原油高に備えるべく
  代替エネルギーファンドとコモディティファンドを
  ポートフォリオへ組み込み、その比重を一定まで高める



このように、
5年~10年間を意識して、
最強のポートフォリオとなるように構築している真っ只中です。
直近では、
これから世界で景気拡大局面に入ることが予想されます。
したがって、
このタイミングにおいて自分がどこまでリスクを取れるか、
これこそが数年後の資産形成が決まる
大きな勝負どころだと認識しています。

前回は損得ではなく自分の好き嫌いで決めるということを書きました。
私の投資スタイルの基本もその通りなのですが、
ファンドによっては一部、損切りを行っています。

私は新政権に代わり、
日本株市場の盛り上がりに期待していた投資家の一人でありました。

それが、
新しい金融担当大臣が就任してから今までにおいて、
「日本の株価を上げる」、
「日本の金融市場へ外国マネーを大量に呼び込みたい」
などという発言や意思を確認できないので
非常に残念でなりません。


ということで、
投資家として非常に失望したので、
日本株よりも高い成長性が期待できるファンドへ投資するために
日本株ファンドの比重を自分のポートフォリオの中で
小さくせざるをえませんでした。

読者の皆さんの金融危機以降の
投資戦略はいかがでしょうか。


引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/270-effa911b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。