実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?を読んで

実践派FP(ファイナンシャルプランナー)
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:
『 「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? 』


今回は書評です。


8月30日(日)の衆院選で
民主党が308議席を獲得して圧勝し、
民主党政権の誕生がほぼ確実になりました。
しかし、国民は民主党政権に期待をかけているというよりは、
自民党に対する失望が、
今回の選挙結果の大きな要素になっているように思います。

ただ、
民主党政権に国の年金問題が改善されることを
強く望んでいる人も多いかと思いますので、
今回は年金問題を主に取り上げた本をご紹介します。

その本とは、
先日、このブログでもご紹介した細野真宏氏が書いた書籍です。
                                 ↓
「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?(扶桑社)

本書のタイトルだと、
年金問題だけにつてい書かれている本のようですが
そうではなく以下の主な目次の通りの全四章の構成となっています。

第一章
学力や思考力は日常の会話方法で飛躍的にアップする

第二章
なぜ人は「宝くじの行列」に並んでしまうのか?

第三章
なぜアメリカの住宅ローン問題で私たちの給料まで下がるのか?

第四章
「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?


まず、
第一章から第三章までを簡単に解説しますと、

第一章は、
前々回のブログで細野真宏氏の本をご紹介しましたが、
その書籍(数学嫌いでも「数学的思考力」が身につく本!)
書かれている内容の一部が解説されてい感じです。


第二章では、
多くの人が日本の財政は破綻していると思っているのに、
個人向け国債を平然と買っていたり、
また、
株式投資はギャンブルだといいながら、
儲かる確率としては株式投資以上に低い
投機(投資ではなく)になる「宝くじ」をワクワクしながら
その行列に並んで購入する行動に対して
考えを述べています。
「人はニュースや自分勝手な思い込みから
 間違った認識をしていることが多い」
「人は必ずしも経済合理的な行動ができていない」
などの細野氏の意見です。

第三章では、
サブプライムローン問題によるアメリカ発金融危機と
日本で生活する私たちの生活への影響と関係性の分析について
論理的に述べています。
ここでの論点のポイントは、
「アメリカの住宅価格の下落」と
「アメリカ発金融危機」です。
その結果、
アメリカ消費の購買力低下と金融機関の信用危機から
貸し渋り、資金繰り悪化、倒産などの悪循環で
日本へもマイナスの影響力が大きく働くということです。


そして第四章、
「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?では、
日本の年金問題について言及しています。

年金問題の細かいことも書かれていましたが、
ポイントを絞ってお伝えしますと、
要するに、
「年金保険料の未納者が増えていっても
 日本の年金制度は破綻することはない」

ということです。

その主な理由としては以下の通りになります。

国民年金は、
全年金加入者7,012万人が対象となるが、
そのうちの2,035万人にあたる
第一号被保険者(自営業者や学生など)だけが
未納問題が発生している。


ちなみに、
一番加入者が多い
厚生年金や共済年金加入者の第二号被保険者
勤務先の企業や役所などが給与から天引きし
直接納めているため未納問題は発生しない。
ちなみに、
第二号被保険者:3,914万人
内訳、
厚生年金保険の加入者:3,457万人
共済組合の加入者:457万人


また、
第三号被保険者(対象者:1,063万人)は、
会社勤務の人や公務員の配偶者(専業主婦)にあたり
この人たちは保険料を納めないでよいことになっているから
年金保険料支払い義務はない。

そして、
先の第一号被保険者のうち、
国民年金保険料をきちんと支払っている人は、

1,209万人である。

また国民年金には、
低所得などを理由に
保険料が支払えない人のために「免除制度」があり、
その場合は手続きをとって申請をすれば、
保険料が免除されるようになっている。
その人数は、約518万人(年金保険料免除者)である。

ちなみに、
国民年金保険料の未納者は、308万人になる。

第一号被保険者のうち、
年金保険料を支払っている人の人数は、
1,209万人だから、
第一号被保険者の全体の保険料納付率は、
約60%になる。
(1,209万人 ÷ 2,035万人=約60%だから)
この数字だけをみると、
保険料納付率が60%ということに見られがちだが、
これは、第一号被保険者の話であって、
国の年金制度全体の話ではない。

そこで、
年金制度における加入者全体の人数の7,012万人から、
保険料の未納率を計算してみると、
国民年金保険料の未納者308万人は、
全体割合では、
たった5%にも満たないことになる。


つまり、
国民年金保険料の未納率は、
全体から考慮すれば小さいことである。

これが未納問題における細野氏の主な指摘です。

これ以外でも、

・年金というのは、年金保険料を支払わない人には、
 将来年金を支払わなくなるからその分負担も減るようになっている。

・国には約200兆円の年金積立金があるから不足が生じても
 そこから支払えるから大丈夫である。

以上の事実から、
日本の年金問題はマスコミが騒ぐほど心配に及ばない
ということが本書で解説されています。


確かにこの本を読んで、
国民年金の年金保険料未納問題で年金が破綻することはない
と私も納得しました。

そして、
やはり細野真宏氏のが書く本は、
読者が理解しやすいようにすごく工夫がされているところが
高く評価できます。


ただ、国の年金制度において心配がなくなったわけではありません。

それは、
未納問題とは全く別に、
年金を将来し払わなければならない金額である
年金債務がすでに約800兆円あり、
国の借金が800兆円あり合わせて1,600兆円もあると
専門家は指摘しています。

それ以外にも年金制度の存続にかかわる直接の問題として
益々進行する少子高齢社会があります。

その少子高齢社会が益々広がるなかで
日本の年金制度を考えれば、
年金保険料負担者(生産年齢世帯)は益々減少して行き、
年金をもらう人(老後世帯)が益々増加する
ということだから、
いくら年金積立金が200兆円あるといっても、
数十年後、
自分たちが年金をもらう頃でも
国の年金制度は健全に運営できるのだろうか??
とこのように懐疑的にならざるを得ません。


色々と専門家の意見はあると思いますが、
毎年、生産年齢人口が減少している現状は深刻です。

以上から国の年金制度は、
確かに未納問題で破綻することはなくても、
世界一の少子高齢社会が益々加速される日本で、
将来における国の年金制度の運営において、
心配がなくなることはないと思いますがいかがでしょうか。



引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。



< 今日のおすすめ本です >

複雑な年金問題も非常に分かりやすく書かれているので
専門知識がない人でも本書を通じて安心して読めて、
また一見複雑な年金や経済の問題まで理解できると思います。

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)
(2009/02/27)
細野 真宏

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

年金問題は深刻な問題です。

年金未納者が国民年金加入者であることは、驚きですね。
民主党は、年金一元化を目指していますが、所得からの負担は一律15%前後といわれ、
サラリーマン並の負担を、国民年金加入者であるフリーターやパートや自営業者が負う事になるわで、かつ、3%~10%の年金目的消費税が導入されると言われてますので、
現実問題可能かどうかが心配です。

これ以上の負担増は、絶対にやめて欲しい

FP堤さま
コメントありがとうございます。
年金問題は高齢になればなるほど国民の関心が高くなることなので、
高齢社会の日本で議論の種は尽きないと思います。
しかし、
われわれ現役世代がこれ以上の負担増を強いられるのは容認できません。
いずれにせよ、どっちへ向かうのか民主党政権の動向が気になります。

  • 2009/09/01(火) 10:22:03 |
  • URL |
  • 斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/253-b42f36c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「『未納が増えると年金が破綻する』って誰が言った?」

物事を「素直」に見ることと「深く」見ることは矛盾しない 「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?世界一わかりやすい経済の本 (扶桑社新書)細野 真宏扶桑社 2009-02売り上げランキング : 125おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 昨今のメディアに?...

  • 2009/12/06(日) 21:01:54 |
  • The企業年金BLOG

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。