実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ 史上最強の投機家ソロスを読んで

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 マンガ 史上最強の投機家ソロスを読んで 』

ただいま、世間と同じく私もお盆休み中です。

家族で茨城県の大洗まで旅行へ行き、
魚釣りも楽しむことができました。

小型ですがメジナやメバル、
そして、50センチメートル強のボラなどの
釣果もあり、小学2年生の息子も一緒に楽しんだようです。

また、
夏休み中でもあるので読みかけの本や未読の本も
軽い気持ちで読み始めながら読書を楽しんでいます。

それらの本の中で今日はマンガをご紹介します。

マンガは娯楽ものであれば、
読んで楽しめればOKですが、
大成功者のサクセスストーリーは、
画がある分、文字も少なくなりますが、
言葉の描写がなくてもその当時の出来事や
主人公の心理状況などがイメージしやすいので
結構、有益な読み物にもなると思います。

今回ご紹介する、
「マンガ 史上最強の投機家ソロス」は、
専門用語なども結構あるので、
個人的には面白かったです。

この本のサブタイトルは、
「イングランド銀行を潰した男の哲学」

それ以外にも、
「バフェットを上回る30年間で5351倍の収益!」
「サブプライム危機で1,200億円を稼いだ」
「毎年400億円を寄付する慈善家」


以上のようなことが書かれており、
ソロス氏は、
並みの人間では想像を超える実績を上げています。

この言葉のとおり、
ジョージソロスのファンドへ、スタート当初に100万円を
投資して現在も持ち続けていれば、
53億円もの金融資産を築けたことになります。
複利の力もあるとはいえ、とんでもないハイリターンです。

また、投機家としても底知れぬものを感じますが、
ハンガリーでユダヤ人として生まれ、
その後、ソロスが9歳のときに第2次大戦が始まり、
少年時代はナチスの迫害を受けながら、
生命の危機と背中合わせの生活をしながら、
何とか生き残ることができたことから生命力や運の強さも
読者に伝わってきます。

また、
戦後間もない17歳の時には、
イギリスへ単身留学すると決意し、
自ら行動し何度も断られても決してあきらめず
でも最終的には留学が決まることなどは、
目的を果たすために不屈の精神でぶつかってゆく姿は
さすがです。

このように、
本書は、クオンタムファンドやヘッジファンド、
または投機家としての華々しい実績ばかりを
書き綴られたものではなく、
一人の人間としてのジョージソロスの生きざまについても
多くを語られている点はとてもよいです。

ハイリスクな投機を長年やり続けても、
致命的な負けをせず、超人的な実績を残せたこと、
また、これだけの超ハイリスクな環境に身をおきながら、
精神的にボロボロになったり崩れることがなかったことは凄いと言う他
言葉が見つかりません。

また、
ソロスが大きく勝負に出る際には、
自分で描く金融、経済のシナリオを強く信じる姿から
ソロスの投機は単にギャンブルでないことも分かるし
資本主義経済ということがどのようなものか
本書から理解できるのではないでしょうか。

しかし、
私は投機と投資はイコールではないから、
一個人は、投資は続けることはできても、
投機はどうしてもギャンブルの性質になってしまうことから
長くは続けらないという考えには変わりありません。
言い換えれば、
ジョージソロスほどの人物だからこそ、
投機(ある意味ギャンブル)で稼ぎ続けることができた
とうことができます。


そして、
最後になりますが、
本書を通じて一番気に入った箇所は、
ジョージソロスの以下の言葉です。

「市場は、人生と同じでコントロールは不可能である。
 それに対して、その都度どういう対処をするかで
 自分の能力が問われるんだ」


この言葉は、
私の心にしっかりと響きました。

やはり、
投資でも、人生でも成功する人は、
それなりの理由があるということ、
納得です。



引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。


< 今日のおすすめ >

マンガ 史上最強の投機家ソロス――“イングランド銀行を潰した男”の哲学 (PanRolling Library)マンガ 史上最強の投機家ソロス――“イングランド銀行を潰した男”の哲学 (PanRolling Library)
(2008/08/06)
黒谷 薫

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/249-7fd6df73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。