実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均株価と外国株式指標の連動性について

実践派FP(ファイナンシャルプランナー)
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 日経平均株価と外国株式指標の連動性について 』


週間ダイヤモンド 2009年8月8日号で面白い記事を見つけました。
それは、
「株価の行方を左右するリスクマネーの最新動向」
原油、金、穀物、為替
というタイトルに書かれていたことですが、
各国の株価指数と日経平均株価の値動きとのあいだに
連動性が強まっているそうです。

とりわけ目立つのが、
新興国の株価指数との連動だそうです。

本書に書かれている言葉を引用しますが、
「加速する世界的カネ余りの実態」が
このような動きを演出しているのでしょうか。

以下は、
各指数の日経平均株価との相関を表したものです。
1年前の相関係数とも比較できるようになっています。

データは、2009年7月3日時点、
1年前の相関については、
2008年7月4日時点のもので、
13週間の連動性を分析しているものなので、
短期間でありますが、
1年前の動きとの違いは確認できると思います。

なお、データの味方は、
-1から1の間で動きを観測します。
1に近いほど同じ動きをする、
-1に近いほど反対の動きをする、
そして、
0に近いほど相関性がないというものです。


●各指数の日経平均株価との相関について
  カッコ内は2008年7月4日時点の1年前の相関係数

・米ニューヨークダウ工業株30種
 0.84(0.41)

・米S&P500種
 0.87(0.58)

・英FT100指数
 0.62(0.45)

・ドイツDAX指数
 0.64(0.66)

・フランスCAC40指数
 0.58(0.49)

・スペインIBEX35指数
 0.93(0.35)

・イタリアFTSE MIB指数
 0.52(0.31)

・ブラジルボベスパ指数
 0.88(0.82)

・ロシアRTS指数
 0.86(0.54)

・サウジアラビアタダウル全株指数
 0.67(0.30)

・ドバイ金融市場総合指数
 0.71(0.69)

・香港ハンセン指数
 0.95(0.43)

・中国上海総合指数
 0.84(0.40)

・韓国総合株価指数
 0.70(0.68)

・豪S&P/ASX200指数
 0.85(0.60)

・インドムンバイSENSEX30種
 0.93(0.58)

・ジャカルタ総合指数
 0.93(0.62)

・ベトナムVN指数
 0.96(▲0.42)

・東証REIT指数
 0.75(0.28)

・WTI原油
 0.96(0.10)

・金
 0.62(▲0.53)

・ニッケル
 0.91(▲0.06)

・バルチック海運指数
 0.96(0.83)

以上、週間ダイヤモンド2009年8月8日号よりデータを抜粋



このように、
ここ最近のデータという限定条件付ではありますが、
各国の株価指数と日経平均株価の連動性は強くなっています。
それに、
1年前にはほとんど相関性がなかった
WTI原油先物の値動きまで、
日経平均株価と動きをともにしているのは意外なことでした。

ただし、
ここでは保守的な安全資産と考える
債券価格の相関係数はありませんが、
おそらく日経平均株価と先進諸国の国債などの
債券価格の相関は高くはないと思います。
(連動性は低いという意味です)


でも、
昨年9月の金融危機以降は、
あらゆる株価や資産価格が
それも世界同時に大きく下落しました。

そのようなことが過去にあり、
そこでやっと、
リスクマネーが世界の金融マーケットへ
集まり始めたのがつい最近のことなので
当然といえば当然かもしれません。

私も個人投資家として、
日本株ファンド、米国株ファンド、欧州株ファンド、
アジア株ファンド、新興国株ファンド(エマージング株)、
新興国債券ファンド(エマージング債)、
コモディティファンドで資産運用していますが、
ここ1ヶ月のあいだをとっても、
どの価格も大きく上昇しています。

しかし、
長期的に見れば、
各国の株式、債券、資源価格などの
アセットクラスの値動きは、
データとして相関係数で差はありますから、
やはり、
分散投資の効果は発揮されるでしょう。

いずれにせよ、
リスク資産へ世界のマネーが集まり始めたことは
投資家にとって歓迎するべきことです。


引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

色々検索しておりまして、

世界金融で検索していたらここにたどり着きました。

とても興味深い記事を書かれていますね。

私の友人ですが、こちらも面白い記事を書いているので、是非遊びに来てくださいね。

http://blog.livedoor.jp/yume2323/

  • 2009/08/07(金) 15:19:16 |
  • URL |
  • 小林 哲人 #OdaEQhE.
  • [ 編集]

ありがとうございました。

小林哲人さま

コメントありがとうございます。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
ご友人様のブログも益々のご発展をされるとよいですね。
ご健勝申し上げます。

  • 2009/08/07(金) 16:16:45 |
  • URL |
  • 斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/247-163d9c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。