実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託の世界統計

実践派FP(ファイナンシャルプランナー)
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 投資信託世界統計 』

投資信託協会がまとめました
投資信託世界統計
(2009年第1四半期)が公表されました。

投資信託協会
http://www.toushin.or.jp/

これは、
国際投資信託協会が加盟国の44カ国の協力を元に
集めたデータによるものです。

以下の日本円換算する計算は、
      筆者は1ドル=95円としています


その資料によりますと、
世界の投資信託の残高は、
2008年12月末の18.92兆ドル(約1,797兆円)から
2009年3月末には18.15兆ドル(約1,724兆円)へと
約4%ほど減少しました。

投資信託への新たな資金の流入から流出分を差し引いた、
資金純増額も
2008年第4四半期(10月から12月)の950億ドル(約9億円)から、
2009年第1四半期(1月から3月)には450億ドル(約4.3億円)に
減少しています。

なお、
2008年12月末と2009年3月末の残高を
投資信託のタイプ別に比較してみますと、
以下の通りになり、流動性資産とするMMF以外では、
すべて残高は減少しています。

・株式投資信託
 2008年12月末の残高:6.5兆ドル(約617.5兆円)
                    ↓
 2009年3月末の残高:5.9兆ドル(約560.5兆円)


・公社債投資信託
 2008年12月末の残高:3.4兆ドル(約323兆円)
                     ↓
 2009年3月末の残高:3.4兆ドル(約323兆円)
*(公社債投資信託は、細かく言えば0.2%の約70億ドル減少している)


・バランスファンド
 2008年12月末の残高:1.8兆ドル(約171兆円)
                    ↓
 2009年3月末の残高:1.7兆ドル(約162兆円)


・MMF
 2008年12月末の残高:5.8兆ドル(約551兆円)
                    ↓
 2009年3月末の残高:5.8兆ドル(約551兆円)
*(MMFは、細かく言えば約130億ドル増加している)



また世界の投資信託の残高をみてみると、
2007年12月末の26.15兆ドル(約2,484兆円)を
ピークに減少し、
2008年3月末は、24.81兆ドル(約2,357兆円)、
      6月末は、24.65兆ドル(約2,342兆円)、
      9月末は、21.65兆ドル(約2,057兆円)、
     12月末は、18.92兆ドル(約1,797兆円)
2009年3月末は、18.15兆ドル(約1,724兆円)


このように、
2009年3月末までの間は、
世界の投資信託の残高が減少傾向にありました。

2009年3月当時は、
日本でも日経平均株価が、
2009年3月10日には7,054円という
バブル崩壊後の最安値を記録し、
1982年10月(26年5ヶ月ぶり)の安値水準まで
引き戻されたことが記憶されたいます。

米国はじめ世界的に金融危機の真っ只中だったのが
2008年9月から2009年の3月ごろまでです。
その当時までは、
世界全体で株価は低水準にありましたので、
株や投資信託などのリスク資産にあったマネーは、
大量に安全資産へ向かっていましたので、
世界的に投資信託の残高が減少していたのは
予測どおりといえるでしょう。

しかし、
今年の4月以降は世界の株式市場に
再び大量のマネーが集まってきていますので、
2009年第2四半期(4月~6月)以降は、
世界の投資信託残高は、
大きく増加していることが予想できます。

以下に示すのは、
投資信託残高の上位10各国ですが、
今後は、マネーが向かう方向には、
変化が生ずるはずなので、
米国が1位で変わらずとも、
残高の増え方に差が見られることでしょう。

ちなみに、
2009年3月末現在の
投資信託残高では、
日本は5,200億ドル(約49.4兆円)で、
順位は、世界で第6位でした。


いずれにせよ、
世界の金融マーケットに活気が戻ってきているので
今後の投資信託の世界統計の発表は、
投資信託で資産運用している
投資家にとっても明るいものになりそうです。


投資信託残高上位10カ国(2009年3月末時点)

1位.アメリカ         92,430億ドル(約878兆円)

2位.ルクセンブルグ    17,420億ドル(約165兆円)

3位.フランス         15,380億ドル(約146兆円)

4位.オーストラリア      8,080億ドル( 約77兆円)

5位.アイルランド       6,790億ドル( 約65兆円)

6位.日本           5,200億ドル( 約49兆円)

7位.ブラジル         4,980億ドル( 約47兆円)

8位.イギリス         4,690億ドル( 約45兆円)

9位.カナダ          3,940億ドル( 約37兆円)

10位.中国          2,860億ドル( 約27兆円)

                    
       以上、投資信託協会 投資信託の世界統計より




引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/245-44e49569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。