実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にとっての顧客とは誰かを考える

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー)
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 自分にとっての顧客とは誰かを考える 』

全米でベスト5に数えられる著名な講演家である
ブライアン・トレーシーは、
顧客とは、仕事上の成功や発展の鍵を握る人であり、
 同時に、何らかのかたちであなたを頼みにしている人でもある。」

といいます。

この言葉は、的確に顧客の本質をと捉えていると思います。

ちなみに、
私が担当する顧客層は男性よりも女性が多いかもしれませんが、
年齢や年収や資産規模は大きく異なりますから、
特定の業種や職種など顧客層に特化している訳ではありません。

いずれにしても、
私への支払いコストを負担して頂いた上で
担当させてもらっていますので、
私もプロの仕事をする必要性を認識し
真剣に任務を遂行しているのは当然であります。

また、
富裕層のクライアントさんに多いのですが、
担当者になる私の年収や資産規模などを
質問されることがあります。

おそらくそれは、
お金の質問からも私のマネー力を確認しているはずなので
金融経済の見通しや専門知識に対する確認同様に
真剣にお応えするようにしています。

先日、日頃お世話になっている方から執筆依頼があり、
「将来に関連することをテーマにし記事を書いて欲しい」
と頼まれたので、実名ではなくペンネームで書かせてもらいました。

実名の場合は、
会社や仕事や取引先金融機関との関係上、
制限がかかってしまいますので、
ズバリと書けなくなるから、
ペンネームで書くことにしました。

問題ない範囲から、
そこで書いた内容を大まかにまとめますと、

今後はありとあらゆるもので差がつくようになる。

1990年代後半から始まった金融経済はこれまでは前哨戦に過ぎず、
今後10年間でクライマックスを迎えるだろう。

今までの格差といわれたものは給与収入だったが、
資産を殖やす世帯と借金に頼って生活する世帯など
これからは金融資産の格差が拡大していくだろう。

などなど、
このような内容を具体的にもう少し鋭い意見や考察を交えながら
記事を構成していきました。

二極化していくこと自体は、グローバル経済の産物でもありますから
地球規模で広がるので日本だけの問題ではありません。

でもこのようなことはマスコミでもよく報道されているので、
世間一般ではすでに認識されつつありますね。

結構、ハードなことですが、
私たちビジネスパースンは、
余人を持って代え難いと評価されるくらいに
自分のスキルをブラッシュアップし
それを継続しなければなりませんね。

その日々の努力は、
コストを負担してくれる顧客が存在して
初めて報われるようになりますが、
その反面、
経済格差が今後も広がれば、
人的サービスのコストを全く負担できない人も
増えてくるはずです。

ただ今までは、
ほとんど価値を感じられないものまで
漠然と生活者が人的サービスのコストを
負担してきたところはあるので、
そこが振るいに掛けられるのは当然ですが、
更に、IT化やグローバル化の流れも加速するなか、
人がする価値が低い仕事はどんどん削られていくのでしょう。

このように
経済格差とIT化およびグローバル化重なって加速すれば、
人が施す仕事、ある意味、
本当に貴重なサービスになっていくような気がします。

その貴重な業務以外は、
「自分で勝手にやってよ」
という感じのサービスになるのではないかな??
なんてことを時々想像してしまいます。

私が身をおく金融業界だけでなく、
あらゆる業種でその動きが見られるのは
そんなに遠くないかもしれませんね。


私の経営者の知人でも、
すでに、社会保険料や税務申告や会計業務、
また定款や会社登記などの業務を全てを
自分でやっている社長もいます。

その社長曰く、
専門家へ支払う費用がもったいないし、
自分が器用だから何でもできるなどと
断言しています。

でも
私も同じく会社を経営していますが、
本業以外のそれらの申告業務などをする時間があれば、
一人でも多くのクライアントさんと会いたし、
自分の専門知識を磨く時間にあてたいし、
もっと多くの本を読みたいです。

毎年、時間が足りないと感じる者からすると
そのような行動は、
経費は削減できるけど経済合理的でない気がします。


私の経験上ですが、
その点では、富裕層の人たちは、
人的サービスを受け取るのが、
非常に上手だと思うことがよくあります。

「報酬はきちんと支払うから、
 その分、オーダーメイドで
 質のよいサービスを提供して欲しい」

こんなニュアンスのことを私も時々言われます。


結局のところ突き詰めれば、
自分の誠意や真剣に業務を遂行する態度、
または、
ブラッシュアップさせるビジネススキルや専門知識も
全て顧客次第で生かされるかどうか決定する
ということではないでしょうか。

そのような経済環境の中でも、
私は特別に顧客に恵まれていると自覚し感謝し
仕事に励んでいます。

これからも以下の質問を自らに投げかけて
仕事に精励していきます。


自らへの質問

・「自分は何のために顧客に雇われているのか」

・「自分はなぜ顧客からお金をもらっているのか」


・「そして、自分にとっての顧客とは誰なんだろうか」



今日も色々と書きましたが、
読者の皆さんに少しでもお役に立てれば幸いです。



『 自分にとっての顧客とは誰かを考える 』



引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/238-97905e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。