実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深く考えることは必要だと思う

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋マネーセミナーも開催しています。



本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 深く考えることは必要だと思う 』


最近、
検索は、するな。」(安田佳生 サンマーク出版)を読みました。

評価が二極化しそうなタイトル名ですが、
私は、興味深く楽しんで読めました。

著者は、ワイキューブという会社の社長で、
ベストセラー「千円札は拾うな。」を書いたことでも有名です。

なお、いつも人目をひきつけるタイトルを本に付けることも
特徴的です。

そして、
著者が検索は、するな。という本で伝えたかったことは、
「”仕事は自分の頭で深く考えて答え導き出せ”、
 それができるほど深く考える力を身に付けろ。」
ということではないでしょうか。

また本書の中で著者は、
「ちくわの穴について深く考える人は仕事がデキル」
と述べており、
このような単純なことでもねちねちとしつこく考えることが、
思考力のよい訓練になると言っています。


私も「物事を深く考える習慣」は必要だと心得てきました。


例えば、
学校の受験勉強や資格取得のための試験には、
そのためのノウハウや受験対策のために時間を割き
準備をしっかりやっておけば
それなりの結果が付いてきます。
しかし、
仕事の場合は、
それほど単純なものではなく、
社会や経済の状況は世界的に刻々と変化するし、
人間関係や問題が複雑に絡み合っているのが通常だから、
ノウハウを丸暗記したり、
単純なトレーニングをする程度では、
思うように仕事の成果は挙げられません。

でも、
自分が担当する仕事において、
単純な業務が多かったり、
責任の範囲もかなり限定されながら
任されている20歳代のビジネスパースンなら、
例外的に、
人のノウハウをマネしたり、
要領よく仕事をこなしているだけでも、
それなりのアウトプットをすることも可能だし、
そもそも上司の視点のハードルも低いので
評価もされやすいでしょう。
しかし、
そのような仕事の仕方では、
仕事のレベルや責任の範囲が拡大してくる
30歳代以降になると行き詰まります。
だから、
20歳代では仕事がそれなりにできても、
30歳代以降に仕事がデキル人でいられなくなる
ビジネスパースンが多いのは、
自分の頭でとことん考えることもせず、
ノウハウや他人の頭を安易に頼るからだと。
このような内容のことを
著者の安田佳生氏は本書を通じて指摘しています。

仕事に関して、私も同じような考えです。


私は人との会話や、
その人の仕事の姿勢・責任感などを通じて、
学ぶことが大好きです。

また、会話や仕事に対する姿勢から、
その人の人間性や責任感などが直接的に伝わり、
人となりも見えてくるのは自然な流れです。

人間は、とても興味をそそられる人であれば、
その人の生い立ちや親の躾(しつけ)、
または過去、人生をどのように過ごしてきたかなど
色々と想像力が働くものです。

そして、
自分よりもずっと年下の若い人ならば、
失礼にあたるかもしれませんが、
将来は成功しそうかどうかまでを考えることも
時々あります。

おそらく私自身も今まで、
親しくしていただいている
多くの方に、
会話や仕事を通じて、
あらゆる角度から観察され、
(厳しくまたは温かく)
評価されてきたのかもしれません(笑)。


先に紹介した検索は、するな。の本の内容にもリンクしますが、
私が経験してきた仕事がデキル人は、
自分の頭で考える底力があるのももちろんですが、
人との接し方や話し方を観察していると、
物事を深く考え、
また人間関係作りにおいては思慮深い人が非常に多いです。

なお検索は、するな。の本の中でも、
仕事をする上で、
言葉の使い方は、人格までをもあらわし、
とても重要としています。


思慮深いというのは、
他人に対して策略家ということではなく、
深く考え、人の立場や自分の立場をわきまえることです。

逆のタイプとして計算高い人の場合、
行動の基準が目先の利益となり、
発せられた言葉にも心配りが足りなかったり、
または信憑性(しんぴょうせい)や一貫性がなかったりします。
だから残念ながら、
結果として、低い評価しかされないのでしょう。


それに、
思慮深い人と一緒にいると安心出来ます。

配慮が足りない言葉によって感情を傷つけられたり、
嫌な思いはさせられないし、
共有した時間を気分よく過ごせます。

このようなことは、
仕事を成功させる意味でも大変重要だと思います。

また、責任感が強く、依頼した仕事はいつも正確だし、
たとえ共同作業で仕事をすることがあっても
人間であるからやむを得ず間違えることはあっても、
失念したり、期待を裏切られることは、まずありません。

逆に、言葉の使い方や対応への配慮に欠ける人は、
おそらく色々な人へ嫌な思いや不信感を与えたり、
結果として、迷惑をかけることが多くなってしまうのでは??
など考えてしまいます。


また、
ビジネスの現場では、
自分の能力、スキルを高く評価され顧客から認められている人と
とにかく安さが売りで便利屋的に大量の仕事を引き受けている人がいます。


おそらく、
今の時代で多忙を極めている人はこの2種類でしょう。

このどちらの領域にも行けず中途半端になってしまうと、
リストラの危険が高まったり、
将来、仕事が激減する可能性が多くなるのではないでしょうか。


私たちは、どっちの世界へ行くのも自由ですが、
ある意味、他よりも自分を安く売り続けるということは、
”人として”ではなく”モノとして”のイメージに近くなります。


でも実際にモノではなく人間である以上は、
自分の値段を下げるにも限界があるはずです。

また当然ですが、
”人として”顧客や取引先からも
自分自身の存在価値を認められるようになる道を選べば、
良好な人間関係を継続するためにも、
言葉遣いや接客、および仕事への取り組み方など
多くのことを思慮深くすることになります。

顧客(相手)を満足させるという仕事の成果は、
相手が人間であれば、
その人の感情も考慮しなければならず、
実は「大変奥が深い」と理解しています。

その場合、
”人”なのか”モノ”なのかの評価も含め、
どのように自分が他人から見られているかも
気に掛ける必要が出てきますから、
意識的に、
客観的な視点で自分自身のことを観察するようになる
のかもしれません。


今までの経験上、
ノリやモチベーションだけで仕事をこなし
発展し続けた人を私は知りません。

そうであれば、
世の中や人間関係や人の感情などは、
全て色々と複雑に絡み合っていて、
本来なら面倒に思えることだし、
そんな環境でも仕事がデキルようになるのであれば、
頭でも底力のようなものが必要なのでしょう。

そのような思考力の訓練の一つとして、
ちくわの穴のように単純ことでも
深く考える習慣が必要なのかもしれません。


『 深く考えることは必要だと思う 』


読者の皆さんのご参考になれば幸いです。



引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。


<今日のおすすめ本>

検索は、するな。検索は、するな。
(2009/04/13)
安田 佳生

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

考えてみると

こんにちは
最近は人と会うことも徐々に多くなってきて言葉については自分の未熟さを痛感しています。

ネット上では文字だけで表現することが多いので気がつかないうちに傷つけるような文章になってるときもあり、文章力は大事だなと思いますね。

自分の力で生きていくということを考えていると物じゃなくやっぱり人として評価される人間を目指したい。

これからも勉強、勉強です。
今日も役立つ記事ありがとうございました。

ではまた!!

  • 2009/05/27(水) 10:24:08 |
  • URL |
  • SON #-
  • [ 編集]

SONさま
コメントありがとうございます。
私も”モノ”ではなく”人”として生きて行きたいので、
勉強し続けながら人生を歩みたい。
そのように考えています。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2009/05/27(水) 11:34:22 |
  • URL |
  • 斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/227-a8bb8c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。