実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国債バブルのリスク

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋でマネーセミナーも開催しています。



本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 米国債バブルのリスク 』


2008年9月15日以降、
株価大幅下落から景気後退へ
世界各国が同じ道のりを歩みました。

しかしながら、
世界のマネーが集まったマーケットがります。

それは、米国債市場です。

今の米国債マーケットは、
バブルのように膨張しています。

ですから、
金融危機以降のグローバルマネーの流れは、
米国債へ集まっているといっても過言ではありません。

それだけ米国債が世界の投資家から買われれば、
価格は上昇しますね。
つまり、
昨年から、
米国債の価格は大きく上昇をしています。

でも先のリーマンショック(9月15日)以降、
日本は米ドルに対しても
超円高(独歩高)になってしまっているため
日本円から米ドルを見ると安くなってしまい(下落)、
せっかく、
米国債を中心に構成される債券ファンドを
購入している投資家の人たちは、
米国債価格の上昇によるリターンは得られませんでした。
債券価格の上昇よりも為替の損失が大きいからです。

それでも、
日本株、米国株、欧州株、アジア株、新興国株などの
個別株や投資信託の株式ファンドへ投資をしている
個人投資家よりは、
債券価格上昇より大きかった為替差損だけなので、
その分損失も少ないはずです。

ではなぜ、
アメリカの国債である米国債が
金融危機の原因がアメリカでありながら
世界中の投資家から買われたかといえば、
それは、
現在においても、
最も信用力が高いからです。

具体的には、
米国債はAAA(トリプルA)の最高格付けの評価で、
また、
世界の基軸通貨は米ドルである事実、
その米ドル建てで米国債が売買されているからです。

逆にいえば、
世界の基軸通貨がドルで
通貨としての流動性や信用力が最も高いから
その米国債の評価も一体化するといえます。

つまり、
米国債の信用も米ドルの価値次第なのです。

当然でありますが、
米国債と米ドルの表裏一体の関係は
これからも続きます。

2009年3月18日、
アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)は、
FOMC(連邦公開市場委員会)の会合で、
半年間で最大3,000億ドル(約30兆円)の
米国債を購入することを決定しました。


この決定は、
アメリカの中央銀行であるFRBが
アメリカ政府の財政支出のために
政府が米ドルを準備するのが目的です。

今回の決定を受けて、
米国債をFRBが買い取ることで受給のバランスが改善され
(大きな買い手が出たので)
米国債の価格は上昇(利回りは下落)しました。
しかし、
同時に米ドルの価格は各国の通貨に対して
相対的に下落しましたので、
米ドルの価値が下がったことになります。

ただでさえ、
世界で一番供給量が多い米ドルが
さらに、
その数量が増えたからでしょう。

また米国債の購入に対し
各国で慎重論が出始めているのも事実です。

それでは一体、
今までなぜ各国の中央銀行が
米国債を積極的に購入していたかといえば、
それは、
アメリカに対する貿易黒字が大きくなると、
米ドルに対して自国通貨の価格が上昇するからです。

その場合の多くは、
政府が通貨高(米ドル安)を抑えるため
為替介入しますから市場で米ドルを買う結果、
米ドルの保有高が多くなってしまいます。
ただ米ドルをキャッシュで持っていてもしょうがないので、
資金運用目的で、
金利を生む米ドル建ての米国債を購入するのです。

これが外国の中央銀行が米国債を購入してきた
主な理由です。

しかし、
金融危機以降は、
景気後退からアメリカへの輸出が
世界的で大幅に減少していますので、
その結果として、
各国がアメリカに対して貿易黒字から
自国の通貨高になる心配も薄れるので
米国債購入の動機付けは弱くなっています。


以上、
このような流れから、
安全資産として考えられてきたきた
通貨としての米ドルの価値が下落する可能性がある中、
表裏一体の関係がある米国債も急落するようなことは
ないだろうか?

その他、
米国債市場に貯まっているマネーは、
金融危機が収束するようなポジティブな局面でも、
債券から株式へ資金移動することになるので、
(株式が買われるので)
いずれにせよ、
これからは米国債の価格は、
下落する可能性が非常に高いと考えますが如何でしょうか。

これからも、
バブルのように膨れ上がった米国債マーケット、
および、
米ドルや米国債の信用力について、
注目して行きたいと思います。


『 米国債バブルのリスク 』


読者の皆さんのご参考になれば幸いです。



引き続き、
国際金融経済の行方をしっかり視て行き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

わかりやすい

こんにちは
何故アメリカが金融危機の震源地なのに米国債価格が上昇するのか

わかりやすい説明をありがとうございます。

SONとしては徐々に金融の不安定さが落ち着くにしたがって世界の株式市場は活気を取り戻してくると予想しています。

ということで毎月コツコツと仕込みを行っているところです。

またわかりやすい話を期待しています。

ではまた!!

  • 2009/05/15(金) 19:28:40 |
  • URL |
  • SON #-
  • [ 編集]

SONさま、
いつもありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2009/05/15(金) 22:22:37 |
  • URL |
  • 斉藤 #-
  • [ 編集]

米国債は、今後どこの国が買うのか?

レーガン政権時代から、アメリカは双子の赤字、貿易赤字と、財政赤字を
米国債と言う借金で、日本や中国や、中東、などが買い支えてきたのですが、オバマアメリカ政府は、バイアメリカン(保護貿易主義)、貿易黒字に転換するという政策に転換するわけで、アメリカは今後借金しなくなるわけですが、あとは中国が昔のアメリカみたいに、世界の貿易国としての消費構造、米国債を買い支えるチャイナ・シフトは起こるのではないかと思います。

FP堤さま
コメントありがとうございます。
米国債や米ドルの価値が健全に維持されることは、
最低でも金融危機が収束するまでは、必要条件ですね。
それ以降は、複数の基軸通貨があってもよいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2009/05/16(土) 08:45:18 |
  • URL |
  • 斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/224-74c7dad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。