実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもへのマネー教育

5月17日(日)の午後2時から
わたくし斉藤が池袋で無料マネーセミナーを開催いたします。
ご興味のある方はこちらのバナーからお申込みくださいませ。

             





ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。
池袋でマネーセミナーも開催しています。



本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 子どもへのマネー教育 』


ゴールデンウィークの5月の連休も完全におわりましたね。

私はこの連休は家族で一緒に過ごしていました。
この期間は、多くの本が読めたことは、
もちろん収穫でしたが、
それ以外では、うちの2人の子ども、娘と息子と一緒に遊び、
学校のこと、友だちのことなどの話をたくさん話し合えたことも
得られたものの一つです。
日頃は親と子の時間はかみ合わないことが多いので
ゴールデンウィークは貴重な時間でした。


それでは、本題に入ります。

子どもへのマネー教育についてです。

私は、マネーセミナーの講師も仕事としてしていますが、
もちろん対象となる受講生は、社会人です。

小学生や中学生へはスポーツの指導者経験はありますが、
マネーセミナーの講師をしたことはありません。

しかしながら、
いま小学生である自分の子どもたち(娘と息子)へは
親として、必要に応じて教育しています。

当然といえば当然ですが、
お金の運用や節約術などのテクニックではなく、
主に、お金の哲学についてです。

食事のように、
お金を口に入れて自分の舌の味覚でどんな味かを確められれば
子どもでも分かりやすいのですが、
このお金の哲学については、
たとえ親子であっても完全に伝えきるには
時間を要します。

ですから、
なにか機会があるごとに、
何ども何度も繰り返し話し合い、
諭(さと)すことにしています。


そのように我が家では、
親の責任として、
子どもへお金の教育をしています。
しかし、
つい先日、小学4年生になるうちの娘が、
親の予想に反する行動をしました。

それも、仲の良いお友だちへ、お金を貸してあげたと
私へ、うれしそうに話してくれました。

親として、正直びっくりしました。

その金額は160円で小額ですが、
”お友だちへ、お金を貸してあげるという行動”
に対して驚きました。


娘が言うには、
「その子と一緒に遊んでいて、
 自分たちは、お腹が空いた。
 でも、
 そのお友だちはお金を持っていない、
 だから、
 お金を持っている自分が160円貸してあげて、
 2人でコンビニエンスストアへ行き、
 カップラーメンを2つ買って食べたんだ
 今度の土曜日にまたそのお友だちと一緒に遊ぶから、
 その時に必ずお金を返してくれるから大丈夫だもん。」

と、このように親である私へ説明してくれました。


親の心境としては、
「やれやれ、参ったな」という気持ちです。

娘は、
大切なお友だちがお腹を空かしているのを可愛そうに思い、
やさしさのつもりから、お金をすぐ貸してあげたようです。

うちの家庭でも、
お友だちとは仲良くできるようにしなさい、
とか、
お友だちが困っていたら助けてあげなさい。
などなど、
このような日常生活に関係することにも
躾(しつけ)の一環として子どもへ話しています。

このように家庭内での親の指導もあり、
今回の娘がとった行動については、
絶対に良くないとは、必ずしも言い切れないので
お金を貸したあと、
”お友だちとの仲良しの関係”はどうなるか、
娘と一緒に考えてみることにしました。


そして、
私との話し合いの結果、
娘も自分の少ないお小遣いから貸してあげた
大切なお金は返して欲しいし、
そのことをお友だちが、
もしも忘れてしまったら悲しい。
また、
お友だちとの仲が悪くなるのも嫌だから、
これからは、
お金を貸さないようにすると私と約束してくれました。
もちろん、
お友だちから、お金を借りたり、もらったりすることは、
うちでは、厳禁としています。


家庭内、親子で「お金」について直視し考えること、
話し合うことは日本ではタブーに思われがちですが、
家族で真剣に向き合い、
子どもへ「お金」の教育もした方がよい
と思いますが如何でしょうか。

私は、自分の娘や息子が大人になってからも、
お金で苦労したり、
だらしない態度をとることようなことはして欲しくありません。
だから、
これからも、じっくり時間をかけて、
楽しくかつ真剣にマネー教育をして行く予定です。


『 子どもへのマネー教育 』

読者の皆さんはいかがですか。



引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

我が家もです

こんにちは
ちょうど我が家でも同じような出来事がありお金の貸し借りについて話したところです。
うちは5年生で250円でした。

怒るわけにもいきませんがほっておくわけにもいかず、今後は貸し借りをしないということで落ち着きました。

子供たちの成長とともにお金に対する接し方も成長してもらいたい。

親の役割は大きいですね。

ではまた!!

  • 2009/05/13(水) 00:10:05 |
  • URL |
  • SON #-
  • [ 編集]

SONさま、コメントありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2009/05/13(水) 19:50:23 |
  • URL |
  • 斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/223-b95d2a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。