実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に「さらばアメリカ」なのだろうか


ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 本当に「さらばアメリカ」なのだろうか 』

最近、大前研一氏の「さらばアメリカ」を読みました。

さらばアメリカ 大前研一著(小学館)

まだざっとでしか読んでいない段階ですが
一通り目を通してみました。

大前研一氏の本は、
難しいことでもプロの視点で分かりやすく解説してくれるので
いつもすらすら読むことができています。

おそらく大前研一氏のファンは
同じような印象を抱いていると思います。

そして、
大前研一氏の本は大きく2つのタイプがあり、
専門家の視点で鋭い分析をして詳細を述べたもので
読み応えがあるものと
素人でもすらすら読めるようなざっくりした内容のものがありますが、
この「さらばアメリカは後者のタイプの内容だと思います。

鋭い分析家が詳細を綴ったというよりも
アメリカをざっくりととらえ、
今後の行方について考えを述べている感じだと思いました。

いずれにしても、
アメリカの全体像や過去の出来事や今後の流れについて
とても分かりやすく書かれているので
私は読んでよかったとこの本「さらばアメリカ」を評価します。

私も自分の投資戦略を考え実行する中、
2009年以降における
アメリカの株式ファンドなどの保有比率をどの程度に調整するか
いま検討中です。

長期投資が前提だから、
これから先を見据えた
資産運用ポートフォリオの
アセットアロケーション(資産配分)になるので
とても重要です。

でも今まで以上に
米国株式の比率は大きく下げる予定です。

先ほどご紹介した本、
「さらばアメリカ」にも大前研一氏が書かれていましたが、
アメリカが金融危機を乗り越え、
再び新しい力を発揮してくるまでには、
最低でも10年はかかり、
アメリカ版失われた10年が始まったというようなことを
記述しています。

私も以前からこのブログで、
2009年は新しい資本主義経済の始まり、
アメリカ一極集中の経済は終わるという
考えを記事にしてきましから、
今後のアメリカ経済については
悲観的なことを述べてきました。

ただし、
基軸通貨がドルから別の国や地域の通貨へ
急速にかわるという考えはありません。

でも、
ドルの世界各国からの信認が弱くなることで
長期的に見てドル以外でユーロが台頭してくる
可能性は十分にあると思いますが。

大前研一氏の指摘の通り、
アメリカの経済力は世界の約30%だが、
ドルは世界の準備通貨の約65%を占めています。
(世界各国の中央銀行が蓄えている
 準備通貨の約65%が米ドルという意味)

しかし、
金融危機が収束に向かうにつれて、
ユーロが世界の準備通貨として力を増すと考えるのは、
EU圏の拡大などからも自然の流れだと思います。
そうすると、
大前研一氏の予測の通り
現在、ユーロは世界準備通貨の約15%を占めています。
そのユーロが世界全体で30%を超えるほどになり、
ドルに対抗する通貨に成長した場合を想定したら、
世界準備通貨で
米ドルが50%、
ユーロが35%、
日本円が5%、
その他全ての通貨で10%という割合になる日が
本当に来るのかもしれません。


余談ですが、
私が2007年秋にロシアへ行ったときにも、
現地のロシア人がドルではなくユーロをみな欲しがっていました。
この時、ユーロの成長性を確信しました。

それにEU以外でも
私の勝手な想像ですが、
BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)諸国が
単体で計るのではなく
特別に力を合わせ協調するよな展開があれば
とんでもなく強い経済力にならないだろうか?
個人的にはものすごい勢力を感じます。

もちろんそのような事態が現実化すれば、
金融危機で経済力の低下が著しいアメリカにとっては
十分脅威になりうるということです。

大前研一氏が「さらばアメリカ」の中で述べていますが、
世界の中でどの産業も厳しい価格競争を強いられる中で、
新興国のローコストな労働力に対抗し、
アメリカ政府が国民へ雇用機会を守ろうとするならば、
高水準の賃金を求め、労働条件に労働者がうるさい理由からも
「すべてのアメリカ人よ、今の2倍働け」という指摘は
的を得ていると思います。


個人的な見解としては、
アメリカの経済の復活の本当の兆しが見え始めるのは、
2013年頃からではないかと予測しています。

しかし、
BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)など
アジア、新興国の経済は、
もっと早く2011年頃から本領を発揮するのではないかと
思っています。

このように手探りながらも
世界経済の全体像を描きながら
国際金融経済を視ています。

いずれにせよ、
世界マネーがアメリカへ一極集中する時代は終わり
21世紀型の新しい資本主義経済が始動しているという
考え方は個人的にも変わりません。


『 本当に「さらばアメリカ」なのだろうか 』

読者の皆さんは如何でしょうか?



引き続き、
国際金融経済の行方をしっかり視て行き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。


<今日のおすすめ本>
さらばアメリカさらばアメリカ
(2009/02/07)
大前 研一

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

久し振りに訪問させて頂きます

なるほど、ドルが世界の基準通貨の65%を占めているから、アメリカは外貨準備を持たないわけです。
ユーロで決済する国が増えてくればアメリカはいやがるでしょうね。
強いドルのおかけで、円高で、長期金利が下がっているにもかかわらず、円安で、長期金利の高い時に購入した、米国債の資産が増えていますので非常にありがたい事です。
今後、ユーロで決済する国が増えてくれば、ドルの基軸通貨の一極体制も変わるでしょうし、あとアジア・新興国が新しい通貨圏を確立してくれば経済圏も変化してくるでしょう。ミスター円と呼ばれた榊原英資さんは、今後ドルと、ユーロと、アジアの三極体制になるのではないかと言っています。
円も基軸通貨を目指して、強い通貨を維持して欲しいですね。

久々のコメントありがとうございます

FP堤さま
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり円高、日本円が諸外国通貨よりも強くなることは
日本国民として歓迎するべきという考えは間違えありません。
しかし、この世界的景気後退局面では
円安の方が輸出大国日本ではやさしい経済環境といえます。
また、米ドル建ての投信や保険・年金など資産を購入している人にとっては、
米ドルに対し円安を期待しますね。
FP堤さんのクライアントさんはどうですか?
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2009/04/02(木) 11:35:26 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

私のクライアントも円高は心配しています。

金利の高い時に購入した米国債の債券の資産が、世界的な金利低下に伴い、資産が膨らんでいます。つまり金利の高い時に長期の債券を購入すると、複利で運用ししかも債券は利率が保障されるからです。今は円高でも金利が低いので長期で考えると、斉藤FPのおっしゃるとうり、円安を期待した方がよいのではと考えられます。

ご丁寧にありがとうございます

FP堤さま
お忙しい中、再びコメントありがとうございます。
私も短期的には円高基調が続きますが、長期的には円安になると思っています。
理由は、為替レートは、中長期的にはその国の国力を現しますから、
人口減が激しい日本はその日本円を使う人が少なくならざるを得ません。
つまり、長い目で見ると円安です。
FP堤さんがクライアントさんへおすすめした円資産以外の保険や年金も
長期的に見て円安であれば家計に貢献できますね。
ご成功祈っています!

  • 2009/04/03(金) 12:42:59 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/210-b9275804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。