実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経キャリアマガジン4月号が届きました



ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 日経キャリアマガジン4月号が届きました 』

昨日、1月30日(金)に取材を受けた日経キャリアマガジン
弊社へ届きました(謹呈していただきました)。
全国の書店での発売日は、3月10日(火)です。


以前、
このブログでも取材を受けたことを記事に紹介しましたが、
”努力だけでは報われない?
 10年間予想図から考える
 20代の「仕事」「ライフ」「マネー」”


このように少々長いタイトルの内容です。

要するに、
これから先行き不安を抱える世の中で、
若手ビジネスパースンのライフプラン、マネープランなど
実在する2人のビジネスパースン(ただし仮名)に対して、
現状の問題点の指摘、改善など
各専門家がアドバイスして行く企画です。

私も1月30日(金)の取材当日は、
色々な角度からのご質問を受けましたので、
できる限りお応えしました。

かなり広範囲に渡っていましたが、
アドバイスしたことを絞ると以下の点になるかと思います。


1.まず資産形成をする
  収入から支出を引いて残った金額で貯金しているようでは
  まとまった資金を作るのは相当困難になるので
  資産形成する積立金分は給与からまず抜きとってしまい
  ”自分への投資”として資産形成して行くこと。
  このブログでも記事に書きましたが、
  本田静六氏の4分の1貯蓄法などを例に挙げて
  アドバイスをさせて頂きました。
  この流れから、
  種銭(たねぜに)作りのアドバイスにつながります。

  記事:「幸せなお金持ちに成るための最高の自己投資とは」
  http://slowrichlife.blog41.fc2.com/blog-entry-56.html
  2008年3月24日(月)に更新

2.住居費の節約について
  本気で資産形成するのであれば、
  住居費から見直さなければなりません。
  また、マンションなど購入し住宅ローンを組んでしまえば
  そこから先の思考回路は借金返済を最優先するようになるので
  資産形成する資金はもちろん、気持ちの余裕まで失いかねません。
  モデル(仮名)の人のケースでは、
  住居費を削れば月々3万円は積立てる資金が捻出できるとしました。
  だから、
  住居費は慎重に考えるべきだし、
  持ち家よりも賃貸住宅を推奨することをアドバイスしています。
  そして、
  資金も気持ちにも余裕が生まれれば、
  自分の頭(頭脳)への投資、
  すなわち勉強やキャリアアップにつながるための自己投資も
  積極的にして行こうという発想が出てくるのが自然の流れになるでしょう、
  以上、こんな感じでアドバイスをさせて頂きました。
  ちなみに、
  本を買って読むこともとてもよい勉強になりますので、
  良書の購入は効率のよい自己投資の一つです。
  
3.私の20歳代の頃についてのお話
  大学卒業後、
  新卒でメーカーエンジニアとして就職をし、
  4年間勤めた後に独立開業した経緯があります。
  メーカーエンジニアから、
  フルコミッションセールスへの転身は珍しいのか
  この話をすると決まって、
  「本当に??」と相手が興味を示してくれます。
  確かにこの頃は、
  営業という仕事を全く経験したことなく、
  当然ですが、スキルなどもありませんでした。
  そんな状態で、
  飛び込み営業からスタートするというのは、
  賢明な選択ではなく非常識だし、
  人が私を無謀者に思うのは当たり前かもしれません。
  そんな未熟で若かりし頃は毎朝4時45分に起床し、
  独立当初買いあさったセールスやマーケティングの本を読み
  独学でセールスについて日々勉強してました。
  また朝9時にはマーケットに入り飛び込み営業しながら
  現場で学んだことも手帳へ書き込み若い頃は、
  自分なりにセールスノウハウの礎(いしずえ)を築いてきました。
  そして、
  独立系FP会社設立後の今では、
  コンサルティングを希望される方々に
  弊社オフィスへ来店して頂けるようにもなりました。

  

以上、こんな感じのお話をしましたが、
他の回答者(FP)とのアドバイスと私のアドバイスが重なったのか?
編集者が私の話をカットし他のFPがアドバイスしている内容として
紹介されているところがあったので、
そこの所は少々残念に思う箇所もありました。

特に1番目の資産形成のプロセス、
まずはじめに給与から積立てる分のお金を除いてから
残った資金で生活することは最重要ポイントであり、
また資産形成から気持ちの余裕が生ずることに対しても
私のセミナーを受講される方たちやクライアントさんへも
自分の口癖のように日々アドバイスしていることなので、
同じアドバイスの内容が別の回答者(FP)のアドバイスとして
記事になっているは、
なぜだか理由がよく分からず不思議な感覚を覚えます。


今回の記事には出ていませんが、
自分の若手ビジネスパースンの頃を振り返れば、
独立前と独立後では価値観が大きく変わったり、
人生のターニングポイントを迎えたりと、
大きな変化があったことは確かでした。

特に自分の30歳くらいまでの間は、
基本的に一人でガチンコ勝負を繰返す中、
とても波乱万丈な人生で
この頃までにビジネスパースンとしてのベースは
出来たのだと思います。

自分では普通に思えることでも
友人や知人などから言わせると
私の考え方はとても厳しいようです。
でも、
それも若い頃に色々と体験してきた積み重ねが
影響しているのかもしれません。

ただ一つ自分でも認めることは、
結果に対する非常な執着心があり、
それが強い気質のようです。
何かで迷いが生じたときなどは結果オンリーで結論を出すことも
少なくありません。
思い切った大きな決断を一人で淡々とやってしまう様子が
ちょっと変わった感じを与えるのかもしれませんね。

今まで私と仕事を一緒にした人であれば、
おそらくご理解いただけるかと思います。

そんな調子だから、
他人から考え方が厳しいと思われてしまうのかもしれません。

20代や若手ビジネスパースンの頃は、
失敗しても許されるような周囲のムードがあるから、
失敗する分、それだけ成長するのだと
覚悟を決めて仕事やプライベート、
そして、
自分の人生における問題に向かって
若い人には是非アタックして欲しいです。

読者の皆様方のご成功祈っています!


引き続き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。



<今日の奨め本です。>
日経キャリアマガジン4月号日経キャリアマガジン4月号
(2009/03/10)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/203-4c953517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。