実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランスシートから「マネー力」がみえてくる

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。


本日のテーマはこちらです。

テーマ: 『 バランスシートから「マネー力」がみえてくる 』


決算シーズンですね。

日本は3月決算の企業が多いと思いますが、
1月から12月を事業年度としている会社もたくさんあると思います。

12月末締めとする企業は、
正しい決算報告書を作成するために
この時期は社長も経理も、監査または会計事務所と連携し
確認作業などで、日常業務に加え多忙にしているのではないでしょうか。

決算書の基本といえば、
損益計算書と貸借対照表になります。

損益計算書とは、
P/L (Profit and Loss Statement)といい、
企業業績の1年間のまとめで、
売上げがいくらあり、どのくらい経費を使って、
最終的に利益または損失がいくらになったかを
まとめた表です。

次に貸借対照表とは、
B/S (Balance Sheet)といい、
決算日現在の会社の財産をまとめた表です。
純資産(自分のお金)がいくらあり、
負債(さらにいくらのお金を借りて)はいくらで、
資産(お金がどのような状態で運用されているか)は
どうなっているかを示しています。

なお、貸借対照表(B/S)は、
右側に負債と純資産があり、
それをあわせた金額が調達してきたお金になります。
左側には資産があり、
その資産の合計額は、
右側の負債と純資産をあわせた金額と同じになり、
左右の金額がバランスがとれていることから、
貸借対照表は、バランスシート(Blance Sheet)と呼ばれています。

損益計算書は、
商売がどれだけ儲かったかを示すものなので、
営業力がウリの社長でも気になる数字です。

でもバランスシートは、
その数字のバランスを
あまり気にしていない経営者も多いように思いますが、
貸借対照表は、
過去の損益(P/L)が累積し貯まったものです。
またその状態を見れば、
社長の財務戦略の能力や価値観のようなものが
見えてくるので大変重要な経営指標になります。

以上、これらの決算書は、
企業の経営活動の結果を示すものですが、
個人にも適用できると思います。

特にバランスシート貸借対照表)を専門家が見れば、
会社や個人の支払能力を正しく判断することができます。

今回のテーマの中心は、
会社の財務や資金繰りではなく
個人のマネー力を意識したものなので
企業のマネー力について詳しくは述べません。
ただし、
重要なポイントを2つ挙げれば、
損益計算書(P/L)上、
赤字が続いていたとしても資金繰りさえ上手く行っていれば、
会社は存続できます。
逆の言い方をすれば、
黒字でも資金繰りが間に合わなければ企業は倒産します。

次に貸借対照表(B/S)については、
銀行などが会社へ融資を行う際には、
貸借対照表(B/S)次第で
その企業への評価が大きく変わりということです。
それに、
資金繰りが楽(らく)になるか苦しくなるかは、
貸借対照表(B/S)の内訳、数字の取り方で決まる
といってもよいでしょう。

もう少し分かりやすく説明します。

資産の部では、
土地や建物など現金化しにくい固定資産を少なくします。
その反面、
流動資産、つまり現金預金などを全体からの比率で高くします。

負債の部では、
資金調達しやすいが一年以内に返済する短期借入金等を少なくし
資金調達しずらい長い間借り入れできる長期借入金等を
多くして行くのです。

このようなことを経営者が意識的に行えるかどうかで
銀行の評価や会社の資金繰りは大きな差が出てきます。


これらの財務戦略は、
個人にも十分に当てはまることですが、
特に貸借対照表(B/S)では、
現金化はすぐにできない
土地や建物の固定資産を大きくするのではなく、
流動資産(現金、預金等)をたくさん持つということは、
個人の支払能力の根拠、
またマネー力として、
大変重要な意味を持つのではないでしょうか。

健全に生活している人が、
消費のために短期の借入金をするというのはありませんが、
家を買い多額の住宅ローンを抱えてしまうことは、
一般的によくあることだと思います。

でも財務戦略の知識がある人、
マネー力がある人なら、
「大きな借金(住宅ローン)をするのであれば、
 それに見合う十分な金融資産を持つべき」

であることは理解できるはずです。

それは、
仕事をして得る勤労所得は、
仕事が順調であることが前提の安定収入です。
リストラ、契約期間切れ、倒産などであれば、
たとえ、失業保険があっても、
借入金返済可能なレベルとしての安定収入は、
それ以降、途絶えてしまいます。

また職を失わなくても、
ボーナスカットや給与のダウンなど減収になることは、
今のような厳しい世の中では可能性は高いです。

このように収入が安定しない状態になった時も想定するべきです。
その場合でも、住宅ローン(借入金)は返済できるように
自己資金を備えておく必要性はあるでしょう。

企業の資金繰りでは、
当然ありうるとするマイナスのシナリオでも
これが個人の問題になったとたん完全無防備ということがあります。

毎月の給与から借入金の元利返済が出来なくなれば、
取り急ぎ、
自分の個人金融資産を取り崩し補填します。
それでも足りなければ、
多額の売却損を出すと分かっていても
不動産など資産を売却するしかなく、
最悪は自己破産ということも考えられます。

人生は何があるか分かりません。
リストラや給与ダウンは特別ではなく身近な問題として
近い将来に実際あるかもしれません。
だから、
難しい会計知識は要りませんが、
自分の資産の状態(貸借対照表)を理解するのは、
とても大切です。


昨日購入した
大前研一氏の「マネー力」(PHPビジネス新書)に、
常日頃から考え、コンサルティングの現場でも
クライアントさんへお話している内容と
ほぼ同じことが書かれていたので参考までにご紹介します。

「持ち家なら、
 ローンを払い終えれば家という財産が残るという
 考えなのだろうが、
 それは、
 耐用年数が141年あるイギリスや、
 103年のアメリカ、79年のドイツなどの話。
 日本の住宅の耐用年数は、たったの30年。
 ローンを払い終えたときには、
 家の価値はゼロどころか完全にマイナスなのである。
 財産どころか、
 売るに売れない負債にしかならないのが、
 日本の住宅というわけだ。
 それよりも、
 いま手元に1,000万円あるのなら、
 それを住宅購入費用の頭金にするのではなく、
 30年間運用してみたらどうだろう。
 それで三十年後に6,000万円や1億円の家を買うのである。」



実際のコンサルティングでは、
私はこのような強い口調で
クライアントさんへお話をすることはありません。
とてもソフトな話し方です。(笑)
しかし、
ライフプランニングやファイナンシャルプランニングの視点から
経済合理的なアドバイスだと思います。



30年間という超長期で資産運用できれば、
更に毎月積み立ても同時平行で行えば、
大きな資金になっている可能性は十分にあります。

それに、
貸借対照表(B/S)、バランスシートから考えても
固定資産と負債を増やさず、
流動資産を拡大させるのは適切ではないでしょうか。


今日も色々とブログに書きました。

このように、
現状よりも少しでもお金持ちになり、
いまよりも豊かな生活を実現するのであれば、
企業に限らず、
個人も貸借対照表(B/S)、バランスシート
正しく管理するように心がけたいものです。


『 バランスシートから「マネー力」がみえてくる 』
読者の皆さんは如何でしょうか。


引き続き、
国際金融経済の行方をしっかり視て行き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。



< 今回のおすすめ書籍 >
情報の質がよい上に、マネー知識がないビギナーにも理解できる良書です。
マネー力 (PHPビジネス新書)マネー力 (PHPビジネス新書)
(2009/01/17)
大前 研一

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

うつ病

見ているだけで楽しくなります。行った気分で満喫!また、遊びに来ます!

  • 2009/02/09(月) 18:41:36 |
  • URL |
  • うつ病 #qf5UzP.Q
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/192-f0933244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

99.9%確実に集客できる方法なんてありますか?

土地購入資金を準備中です→もし、あなたへ「99.9%確実に集客できる方法を提供します。」と言われたらどうしますか?しかも、費用をかけないでもできる方法です。【0円で集客できる方法がここにある!】【初心者がつまずく集客をこれで全面解決!】【これで、あなた...

  • 2009/02/14(土) 22:08:34 |
  • 開業パック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。