実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ新大統領(政権)による心理的効果への期待

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

2007年11月7日にブログをはじめ、
ブログを継続するモチベーションを上げるために
その数週間後にブログランキングへもエントリーしました。

今年は6月23日に父が他界し、
親の死という深い悲しみを実感することもありました。
その時は、
多くの方たちに
温かいメッセージを頂戴し
人のやさしさに触れた真実の瞬間も経験できました。

その数ヵ月たった9月には
金融危機が勃発し株価下落が続き底なし状態という
未曾有の金融市場の危機が訪れました。

FP事業を営む者として
今年は公私ともに波乱に満ちていましたが、
たくさん勉強になりました。

なんだかんだと
2008年11月7日で目標でありました
1年間ブログを続けることが達成できます。

これもブログをいつも応援してくださった
読者の皆さんがいてくれたからです。
だからこそ、
業務や問い合わせが集中しすぎて
時間がない時も
深い悲しみを経験した時でも
力を引きだし、なんとか
継続することが出来たのだと思います。

本当にありがとうございました。
心から感謝を申し上げます。

そして、
色々と考えた結果、
今後は読者の皆さんから
応援して頂けるあいだは継続する所存です。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


さて本題に入ります。
本日のテーマは以下の通りです。

テーマ:『 オバマ新大統領(政権)による心理的効果への期待』



アメリカの新しい指導者を決める大統領選は、
米国時間11月4日の投開票の結果、
民主党のバラク・オバマ候補(47)が勝利しました。

各メディアでは、
オバマ候補が有利と伝えられきましたから、
彼が新大統領になることを予想している人は
多かったように思います。

それに決定的要因は、
金融危機が起こったことではないでしょうか。

その結果、
日に日に国民の最大の関心が、
未曽有の金融危機になり、
米国の経済が最大の争点に浮上していきました。

ブッシュ政権への批判も高まり
政策転換への国民の期待が
オバマ支持を更に押し上げた感じでしょう。

金融危機が起こり株価も大きく急降下し、
景気後退が懸念されたあとだけに
アメリカ経済の再生がオバマ新大統領
最優先課題といわれています。

そして今回起きた金融危機は、
「金融危機=信用危機」
金融・経済の専門家たちは指摘します。

最近のニュースのコメントを聞いていても
金融市場の流動性の問題も
全てはこの「信用危機」によるものだ
と思えてきます。

米国時間の2008年9月15日に
リーマンブラザーズの経営破たんのニュースから
世界で株価は底なし状態のように下落して行きました。

9月、10月は個人投資家にとっては
正念場になったといえます。
幸い私が親しくする人は、
皆、断念せずに耐えることは出来ました。
持ちこたえられた投資家の方は
大変素晴らしいと思います。

9月、10月には大幅な株価下落により
精神的に耐え切れなくなった
投資家が少ないことを
新聞やテレビやネットのニュースを通じて
知りました。

でも未曾有の金融危機ですから、
誰もが心理的な大きなプレッシャーを感じたのは
事実でしょう。
だから、
生身の人間が不安になるのは無理もありません。

そんな嵐が吹き荒れる中でも
今現在も引き続き持ちこたえられた
個人投資家は
ほんの少しだけ春の明るい兆しを
感じることはできませんでしょうか?

または、
10月の底値付近で
逆張り投資を実践できた人は
短期間で二桁の超過収益も達成できて
投資家として自信を持った人もいるかもしれません。

私はこのブログでも
10月に株価が底を打つことを期待している考えを
ユダヤのウォール街の格言なども用いて
記事を書き続けました。

「世界中にお金はある、
6,000兆円ものホームレスマネーが迂回する
カネ余りの時代だ。
心理的に不安が解消されさえすれば改善される
国際協調できる現代では、
1930年代のような世界恐慌など起きるはずがない」

このように
超・微力を承知の上で
ブログを読んでくださる読者の人たちの
心理不安がほんのわずかでも
減少することに役立てばとの思いを込めて
あえて
世界中のネガティブキャンペーン、
マスコミの報道や世論とは逆行する内容で
記事を書いていました。

そして、
今となれば金融危機の最悪の事態は、
各国の国際協調体制のもと
回避できたと思います。
しかし
株価については、
投資家の不安心理によって
売りが先行し大きく下落する恐れもあるので
これからも静観して行かなければなりません。

”連日のように続きました
世界的にも強烈な株価上昇は
オバマ効果もありますから、
確かに当選はしましたが
一旦は材料が出尽くしたということで
現状の実体経済への懸念などへ
投資家の意識が移り
そろそろ世界の株式マーケットで
利益確定売りが一部出てもおかしくはありません。
そうすれば、
ここ数日のあいだに、
株価は一旦少々下がり調整されるでしょう。
この株価の調整は、
利益確定でありパニック売りではないので
心配するには至らないと思います。


でも9月、10月は、
アメリカなどの金融危機への対応が期待はずれで
投資家を失望、不安にさせましたから
下げ局面は株価は底なしのように下落して行きました。
しかし、
現在は国際協調による対応で
世界が足並みそろえて迅速に動くので
実感として、
投資家の心理状態は
だいぶ改善されたのではないでしょうか。

だから
今後は下げればまた株価を戻すような
相場展開が基本で
底なしの下落局面ということはないもの
と期待しています。

それに
ここ数日間の株価急上昇で感じたことは、
「今の時代は、
金融マーケットおよび経済そのものが、
人の心理によって如何様にも動く」
それも
「世界中へ連鎖的に大きく広がって行く
スピードはとても早い」


これがインターネットによる
21世紀のWeb2.0社会の実態ではないでしょうか。
大前研一氏の著書で
「心理経済学」(講談社)という本にも書いてありますが、
21世紀型の経済とは、
サイバー社会であり、
また人間の心理学そのですね。
私もそう思えて仕方ありません。


だから、
「株価が下落しても
市場から急にお金がなくなってしまったのではなく
心理不安を引き起こし、
どこか別のところへ隠れていただけだ」
と考えていればよいと個人的には思っています。

したがって、
世界の人たちが
心理不安を引き起こさずに
金融システムへの信頼が高まれば、
市場の流動性の問題も改善され
株価も回復しはじめ、
消費意欲にもつながり、
実体経済へも効果的な展開となります。

もう既に各メディアの対応は早く
オバマ新大統領の今後の金融危機対応や
経済対策などが報じられています。

そこで、
アメリカの対応は
世界各国へ与える影響が大ですから、
オバマ新政権による
これからの金融危機対応や経済政策などは、
”集団心理や群れ行動
および世界への連鎖反応が起こる現象”

を十二分に考慮してもらい
効果的に実施されることを望みます。

人間の心理学をベースに研究され
世界中の金融システムが効率的に動くのであれば
今よりもずっと
生活者および投資家の
安心感や信頼が寄せられる
のではないでしょうか。

こんな感じの金融システムが
21世紀には必要だと思います。

しばらくは、
金融危機対策、経済対策など
世界中のオバマ新大統領への期待値が
高まって行きそうです。

そして、
オバマ新大統領の大きな仕事の一つになるのは、
財務長官の人事です。

ここについては、
世界中が注目していますから、
期待はずれなことはしないことを願います。

前回の記事でも書いた
オバマ新大統領の経済アドバイザーは、
・ポール・ボルカー(元FRB議長)
・ロバート・ルービン(元財務長官)
・ウォーレン・バフェット(投資家)で、
その他にも
ティモシー・ガイトナー現ニューヨーク連銀総裁もいます。


おそらくこの中から選ばれるだろうと、
予想する専門家は多いです。

財務長官になるかどうかは別としても
過去の実績や心理的にも世界の金融当局が
最も安心と信頼を寄せるだろうと思われているのは
ポール・ボルカー元FRB議長でしょう。

1979年にFRB議長に就任したボルカー氏は、
その当時では、
年率14.8%というインフレ圧力のもと
アメリカの戦後最悪の景気後退という
厳しい調整局面に突入した
といわれる3年間を深い調整によって
景気回復とインフレの封じ込めを成功させた人物です。

オバマ新政権のキーパースンになるのは間違いないと
思われます。

アメリカは大統領就任後に
経済をよくした実績がなければ
大統領は再選(4年後)できないそうです。

きっとオバマ新大統領は、
4年後も再選することを意識し
当選直後から行動していると思います。

これからのオバマ新大統領(政権)が、
世界の期待に応えてくれることを望みます。

オバマ新政権のもと
これからの米国の対応が、
世界各国から信頼を寄せられれば、
人々へ心理的にもよい影響が働きます。
それが可能であれば、
金融危機が収束する日もずっと早くなる
と思います。

「オバマ新大統領(政権)による心理的効果への期待」
読者の皆さんは如何でしょうか。



引き続き、
国際金融経済の行方をしっかり視て行き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

ブログ1年間継続おめでとうございます!これからも更新頑張ってください(^^)

  • 2008/11/06(木) 17:04:28 |
  • URL |
  • 中村橋 #-
  • [ 編集]

いつもありがとうございます。

中村橋さま
いつも応援ありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2008/11/07(金) 10:02:30 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

1周年おめでとうございます!

こんにちは、にしやんです。
ブログ1週年、おめでとうございます!
いつも勉強になる記事で、読むたびに発見を得られます。
これからも1読者として応援していきますので、
是非継続してください。
では、応援して帰ります。

  • 2008/11/08(土) 09:55:21 |
  • URL |
  • FX初心者のサラリーマンでも勝てる!脅威のFXシステムトレード講座 #-
  • [ 編集]

いつもありがとうございます。

にしやん様
いつもありがとうございます。
読者の方からうれしいコメントを頂戴することは、
大変光栄に思います。
応援してくださり本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2008/11/08(土) 22:16:06 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/161-0ae320a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オバマ大統領誕生は米国にどのような変革をもたらすのか

オツカレです。 まずは待ったなしの金融危機をどう舵取りをするのかに注目が集まる。 [ワシントン 5日 共同]財務長官に即戦力起用か 空白回避で早期指名へ  米大統領選が民主党候補のオバマ上院議員の勝利で決着したことを受け、新政権の経済閣僚人事が大きな...

  • 2008/11/06(木) 15:46:27 |
  • ハズレ社会人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。