実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天的に危機を乗り越える

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。


『 楽天的に危機を乗り越えよう 』

これはNewsweek 11月5日号
ロバート・サミュエルソン氏のコラムのタイトルです。

ここでは、
卓越した経済ジャーナリストと評された
ジェームズ・グランドの12年前に発表した著書
「繁栄の問題」の中で、
経済の浮き沈みについての自説が書かれていたので
このブログでもご紹介します。

それは以下の通りです。

「成功はうぬぼれと過剰を生み、
 勢いのあるものはやがて衰える。
 危機に陥ると、
 チャンスと進歩がもたらされるので、
 お先真っ暗のようにみえても、
 展望は開ける。
 この浮き沈みのサイクルは普遍のものだ・・・・・・・。
  好景気は不況を生むが、逆もまたしかり。」


このNewsweekのコラムでも
この「法則」は重要だ、
経済の混乱について考えるときにも役に立つ。

このようにコラムニストも言っていますが、
私も共感します。

私は仕事上、
企業の経営者ともよく話をしますが、
「経済は実に生き物のようだ」、
経済をこのように表現をする人が少なくありません。

企業の代表者にとって
経済予測は会社の舵取りの決定において
最重要課題でもあるから
その動向から目が離せないので、
日々の経済観察から経験上そのように感じるのだと思います。

私も実際にその通りだと考えます。

世界各国、
政府の財政政策や中央銀行の金融政策などの
効果はもちろんありますが、
結局のところ、
経済も金融マーケットも
人間がそれに関わることで変化が生じて、
景気が良くなったり、株価が上昇したりします。
またその反対もしかりというところでしょう。

つまり、
経済は人間の感情で動くことが多いのだから、
本来は合理的な行動をする賢い人でも
危機やパニックの時は
非合理な行動も十分にありえるということになります。

そして、
その人間の矛盾した行動がさらに危機を大きくして行く。
投資の世界でもよくあることです。

しかし、
本来、人間は楽観的で賢いですから、
再び冷静になり、
自らの非合理な行動に気付いて正します。

そうであれば、
本来人間に備わっている
楽天的な性格や気質は
危機を乗り越えるために重要な要素
だともいえると思います。


今回の金融危機は大きなものですが、
株価の水準も一時期よりも
少々改善されつつあります。

今後も乱高下するかもしれませんが、
引き続き、
楽天的な投資家の一人として、
10月に株価が底を打つことを期待したいと思います。

11月は米国の大統領選挙にサミット開催と
重要なイベントがあります。
これを機会に事態は好転して行くと考えますが、
読者の皆さんは如何でしょうか?


引き続き、
国際金融経済の行方をしっかり視て行き、
読者の皆さんの役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

日経平均9000円台回復

とりあえず、ほっとした気分になりました。斉藤FPのおっしゃるように悪材料は出つくした感があります。米国は、金融・資本市場の安定に、CPを買い取って市場への流動性供給を拡大している。本格的に株価が上昇に転じるのは、今後米国の大統領選挙の後の新政策・金融サミットでの為替の安定策が問題で、米国債購入の問題も議論されると思いますが、日本・中国・ロシア・中東諸国に買ってもらわないわけにはいかないのではないかと思いますがどうでしょうか?

今のアメリカは世界の協力が必要

FP堤さま
専門的なコメントありがとうございます。
さすがFPですね。
今のアメリカは経済を立て直すためには、
世界の協力が必要です。
そして不動産価格も大きく下がった米国は
会社も個人もバランスシートが毀損しています。
その場合は、
自国でも功を奏す政策は、財政政策になると思います。
次回の記事にそのことを少々書いています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2008/11/01(土) 02:18:21 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/158-48942a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。