実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急金融サミット(国際経済対策会議)開催決定

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。


ご存知の方が多いと思いますが、
緊急金融サミット国際経済対策会議)が2008年11月15日に開催すると
10月22日(水)にアメリカ政府から正式に発表がありました。

この緊急のサミットでは、
金融危機対応や国際金融経済対策を協議するようです。


11月15日にワシントンで開催される
今回の国際的な緊急首脳会合には、
主要国首脳会議(サミットに参加する日米欧(G7)のほか、
中国やインドなど新興国も含めた合計20カ国(G20)も出席します。

ニュースによりますと、
今回のサミットは、
先日のG7G20に引き続き
日米欧と新興国の首脳が集まり、
この金融危機に対し早期解決へ向けて
グローバルな政策協調の更なる強化を目指すようです。

緊急金融サミットの参加国は、
G20のメンバー各国、
その他では、
国際通貨基金(IMF)の専務理事、
世界銀行総裁です。


G20とは、
G7の先進国と新興国の財務相・中央銀行総裁が、
国際金融システムに関する問題について話し合う会議
であります。

G20参加国について、

G7の国:日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ
      イタリア、カナダ

アルゼンチン、ブラジル、オーストラリア、
中国、インド、韓国、ロシア、メキシコ、
インドネシア、トルコ、南アフリカ、サウジアラビア
EU(欧州連合)

 
そして、
今回の国際経済対策会議(サミット)では、
アメリカ型の金融システムや市場万能主義など
見直される可能性は高いと思います。


今までは、
反省しないアメリカが世界の共通認識でしたが、
今回の米国発サブプライム問題から
世界的な金融危機を招いてしまったことに対しては
その深刻さは実感しているのでしょう。

ブッシュ大統領も「反省している」
と公の場で発言したとも伝えられています。
米国の金融当局関係者たちにも
反省する声が日に日に増しているようです。

一日でも早くこの金融危機を終息させるために、
国際的な規制・監視体制を強化する方向で議論が進み、
国際金融の秩序の再構築することで
アメリカ以外の各国に米国が譲歩するようになる
のではないでしょうか。

具体的には、
欧米の当局が打ち出した市場安定化策の進み具合を確認したあと、
その上で、危機の再発防止に向け、
市場や金融機関の規制・監視体制をどう構築するかなど、
改革の原則について合意を目指す模様です。

20世紀から始まり
国際金融マーケットの中心になった
米国型の資本主義(市場万能主義)が終わり、
新しい21世紀型資本主義が始まろうとしているように感じます。

早ければ来年2009年ごろから
その傾向の兆しは見えてくると予想します。

また投機を繰り返してきたヘッジファンドは、
現状の市場環境を抜きにしても今後は厳しいのでは。
ちなみに
ヘッジファンドの運用手法は、
・レバレッジ(借金)
・空売り
・デリバティブ

投機の3点セットです。


レバレッジ投資に必要なお金を借りることも
空売りに使う株券を借りることも難しい中で
金融当局が厳しく規制すれば、
これまで自由度の高い運用をしてきたヘッジファンドは
どうなるのでしょうか??

結論として
この市場が監督される流れの中で
ヘッジファンドは
現状のスタイルのまま運用することは難しいでしょう。

大きな金融危機が起こった後は、
必ず各国当局の監視は厳しくなるでしょうから
11月15日開催の首脳会議(サミット)では、
規制の強化も主要課題になりますね。

私は借金をしない自己資金で
投資信託を中心に国際分散投資を行ってきましたので
逆張り投資する相場環境で
ポートフォリオは多少縮小しても
追証(おいしょう)で窮地に追い込まれることはありません。
また、
株など現物を買う古典的な投資手法の投資家たちは
相場が揺れても破綻したりはしませんから
その点は安心して長期投資は出来ます。

だから今の状況でも
冷静でいられるのですが、
この時期に借金して自己資金以上の投資をしていたら
個人投資家として
精神的なプレッシャーは計り知れませんでした。

この金融危機を招いた経緯を考慮すれば
もちろん、
適切範囲の規制も必要だし、
自己規律の元で
投資家としてルールを守り運用することは
正しいと思います。
しかし、
あまりにも規制だらけでは、
金融マーケットの成長性がつぶされてしまいますから、
これからは、うまく調整して欲しいものです。

いずれにせよ、
世界各国危機感を持ち、
この金融危機に効果的な対策を打ち出し、
世界の国が協調し合い迅速に行動するのは
評価できます。

11月15日(土)の緊急金融サミット
世界中のマーケットや投資家が安心する
コメントが出ることを期待します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

はじめまして

初めて書き込みます。いつも見に来てます。また遊びにきます!

  • 2008/10/24(金) 00:45:42 |
  • URL |
  • はなえ #-
  • [ 編集]

はなえ様
コメントありがとうございました。

  • 2008/10/24(金) 18:17:49 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/155-34002a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。