実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の金融安定化策への流れ

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

数日間モンゴルへ行ってました。
広大な大地を歩きながら、
自然が視野いっぱいに広がる高原を
頭の中を空っぽにして何も考えないでいる時間が
なんとも楽しかったです。

広々とした高原を現地の遊牧民の人と一緒に
馬に乗りのんびりとするのも心が癒されました。

東京の生活から離れることも逆にプラスになったと思います。

エネルギーもたくさん充電することができました。

ただし、
標高約1300メートルの高さで生活しているので
酸素不足のためか少々頭が重い感じがありました。

機会があればブログでも記事にしたいと思いますが、
今回は国際金融の動きについて記述して行きますので
どうぞよろしくお願い致します。

本日のテーマ:『 米国の金融安定化策への流れ 』

モンゴルにいた数日間は、
金融情報から離れていましたので、
帰国してからは日常のコンサルティング業務と平行させ
米国FRBなどの動きを確認し
国際金融市場の流れを視ています。
(またメールなどご連絡頂いていた皆さん、
お返事が遅くなり大変申し訳ございませんでした。
NTTドコモの事情でモンゴルの通信ネットワークが故障し
9月20日から、
Eメールおよびインターネットが使用できませんでした。)

そして、
マーケット関係者や投資家に
現在もっとも注目されているのは、
米国金融安定化策の行方ではないでしょうか。

ただし、
国際金融の動きに触れる場合は政治もからみグレーで
元々複雑な面が多々あります。
なるべく専門用語を避けて平容に書きたいと思います。
しかしながら、
簡単ではない箇所があるかもしれませんが、
何卒ご容赦下さいますようお願い致します。

このような複雑な問題を
簡単にブログへ書こうとする
チャレンジ精神を買ってもらえれば幸いです。

さて早速始めますが、
この7000億ドル(約74兆円)の公的資金を投入する
アメリカの金融安定化策

米国の議会で承認されるかどうかで
世界の株式市場はもちろんこと経済へも
大きな影響を与えることになると思われます。

これは
金融を安定させるための対策であり、
以下の内容が主な柱となります。

1.公的資金を使い不良債権買取機関を創設する
  (RTC:不良債権等の整理回収機構)
2.貯蓄性の高い投資信託MMFを保護する
3.金融機関銘柄(株式)の空売りを全面禁止する


そして
この案は議会で原則合意したと伝えられました。
しかし、
以下にあるとおり、
ブルームバーグのニュースによりますと、

『 同日早くに原則合意した内容は、
  財務省に金融機関から不良資産を買い取らせるものの、
  その監視強化と経営者の報酬制限、
  住宅所有者の差し押さえ防止の条項が含まれており、
  上下両院を通過し、
  ブッシュ大統領が法案に署名するとみられていました。
  ところが、
  同内容を共和党の下院議員率いる
  一部の下院共和党勢力が拒否したようです。
  このグループは、
  税金投入による不良資産買い取りではなく、
  政府提供の住宅ローン保険を柱とする
  別の内容を提示したとされています。 』

その後はどのようになったかは分かりませんが
一部の報道では難航しているとも伝えられています。

代替案の良し悪しは判断できませんが、
アメリカの金融安定化策
米国議会で早々に合意されることを望みます。

今このような状況でありますが、
頭の中を整理する意味でも
ここ最近の一連の流れを振り返りたいと思います。

まず一つは、
ゴールドマン・サックッスとモルガンスタンレーの
一般銀行への業態変更
です。
以下の通りニュースによりますと
(http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/09/frb.html
を参照)
アメリカ連邦準備制度(FRB、Federal Reserve System)は、
2008年9月21日、
アメリカの証券銀行最大手ゴールドマン・サックスと、
第二位のモルガン・スタンレーが
通常の銀行持ち株会社となることを承認したと発表されました。
これにより両社は事業面やFRBからの融資の面で
資金供給を受けやすくなるということです。

リーマン・ブラザーズを助けなかったのは、
投資家しか相手にしていない投資銀行であったから
とも云われているとおり、
銀行であれば、
一般の庶民のお金を預金などを通じて預ることになるから
政府も守らなければいけないという意識が働くというような
意味が含まれるのは確かかもしれません。

高級証券会社といわれてきた
業界でも大手の投資銀行が
一般の商業銀行へ変わるということは
かなりのインパクトを個人的には感じます。

次に二つ目は、
通貨スワップ協定です。

2008年9月24日
米連邦準備理事会(FRB)は、
オーストラリア、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーの中銀と
一時的な通貨スワップ協定を締結したと発表しました。

今回新たなスワップ協定の規模は総額300億ドルです。
各国の中央銀行の内訳としましては、
スウェーデン:100億ドル
オーストラリア:100億ドル
デンマーク:50億ドル
ノルウェー:50億ドル

それに
FRBは欧州中央銀行(ECB)や日銀のほか、
英国、スイス、カナダの中央銀行とも
総額2470億ドルのスワップ協定を締結しています。
ちなみに、
日銀は600億ドル(約6.3兆円)の通貨スワップ協定を結んでいます。
通貨スワップ協定は2009年1月30日まで有効になっています)

通貨スワップ協定とは、
  今回は米ドルとなりますが、
  国や地域どうしで外貨を融通しあうという取り決めです。
  そして、
  外貨を融通する国は、
  担保として相手国の通貨を受け取ります。


このように
短期金融市場で高まるドル資金への供給不足に対処するため、
一時的ではありますが、
通貨スワップ協定が締結されました。
それは、
世界の金融市場の流動性の改善を意図しているのでしょう。
ドルを調達したいと
資金需要が高まり続ければ
調達コストとなる金利が上昇してしまい、
更に加熱すればドルが逼迫(ひっぱく)してしまいます。
そうすると
お金が借りずらい状態に陥ってしまいます。
だから、
これをすることにより、
金融機関はドルの資金需要に対応しやすくなりますから、
ドル金利の上昇を抑えて供給しやすくすることが期待できます。

日本など各国に米国系の金融機関は多く存在しますから
現地国の通貨ではなく直接的にドルを使えた方がよい
ということは理解できます。

最近の流れをざっとではありますが
振り返り確認してみました。

米国においても、
メーカーなど一般企業では
アメリカが国をあげて救済することは考えられませんが、
大手の金融機関であれば、
政府は助ける確率が高いことを私たちは知りました。

でもおそらく米国政府は
個別の金融機関を見極めることは確かにありますが、
それよりも、
アメリカの金融システムを守ることを考慮しているのでしょう。
そのように解釈できます。

また別の言い方をすれば、
この一連の米国政府、FRBの対応は、
米ドルを世界の基軸通貨のまま通貨価値を維持したい
という意味だと思いますが如何でしょうか。

今回の米国の金融危機は、
アメリカだけの問題ではなく国際金融全体の問題であり、
誤った対応はしないとは思いますが、
もしも適切に対処できなければ、
今まで以上に
世界経済全体へ大きなマイナスの影響を与えかねません。

現時点のこの局面における
米国政府やFRBの適切な判断と迅速な行動は
欠かすことができません。

まったなしの状況と云っても過言ではないと思います。

したがって、
世界経済や国際金融市場全体の
非常に重要な問題であれば、
国際通貨体制と国際金融市場の安定性を維持するための
国際金融機関であるIMF(国際通貨基金)が対応することも
あっておかしくないと思います。

いずれにせよ
これからも国際金融市場の行方をしっかりと視て行き
保険会社なども含め
読者の皆さんに役立つような内容を
このブログでも記事にしたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント

素晴らしい解説です

こんにちは、にしやんです。
> このような複雑な問題を
> 簡単にブログへ書こうとする
> チャレンジ精神を買ってもらえれば幸いです。
非常に難解な内容を、とても分かりやすく書かれていて、
読んでいてスムーズに頭の中に入ってきました。
特に「通過スワップ協定」のくだりは、
私自身正確に把握できていない事項でしたので、
大変参考になりました。
素晴らしい解説ありがとうございました!
お礼に、ダブル応援して帰ります。

  • 2008/09/27(土) 09:50:37 |
  • URL |
  • FX初心者のサラリーマンでも勝てる!脅威のFXシステムトレード講 #-
  • [ 編集]

ありがとうございます。

にしやん様
コメントを残してくださりありがとうございます。
評価および応援してくださり大変光栄です。
お礼を申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2008/09/27(土) 10:37:58 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/142-8059500a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デンマーク

もっと痩せたいね

  • 2008/09/26(金) 16:38:47 |
  • デンマーク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。