実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融機関の救済方法について

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

前回の記事
『 AIGについて保険会社からの報告を受けて 』
に対して、安心感を持ってくださった読者の方は多かったようです。
読者の方たちからたくさんのお声を頂戴しました。
ありがとうございました。

現代は信用経済(シンボル経済)の時代ですから、
信用不安を引き起こすことが、
たとえ優良企業であっても
その企業にとって危険なことですから
その意味では書いた意義はあったと認識しています。

また18日(木)の夕方にもより細かい内容で
AIGの問題とアリコ(およびアリコジャパン)への影響について
アリコジャパンからは報告があり、
強固な財務基盤は維持されているからご安心を
というようなメッセージとQ&Aをもらいました。
財務体質などは
AIU(およびAIU保険会社)においても同様だと思いますが。

いずれにせよ
ご契約者の方たちが安心される内容でした。

そして、
早速本日もブログを開始します。

本日のテーマは以下の通りです。

テーマ:『 金融機関の救済方法について 』

今回のAIGに対して公的融資が決定しました。
この対応によって
資金繰りの支障はなくなりました。
しかし
これが実行されることによって
政府の管理下へおかれAIGが再建を計ると
解釈することができます。

実際には、
2年間を期限としました借り入れ枠ですが、
米国政府がAIGの株式を79.9%保有することになります。

この政府の管理下に置き金融機関を守るやり方はどうだろうか??
と疑念を抱く人もいるかもしれませんが、
私は危機に直面した金融機関への救済策としては
適切であると判断しています。

もしもこれから政府が金融機関を見捨てずに
基準を決め公的資金を投入し管理していくというのであれば
市場の安定につながって行くはずです。

もともとこのサブプライム問題が大きくなった背景には
大きく考えると以下の通り3つあるように思います。

・市場原理主義
・信用膨張
・証券化


この市場原理主義とは、
言い方を変えれば”自由放任主義”のことです。
すなわち、
政府は市場に介入することなく、
自由な経済活動を擁護するという、
自由競争で『神の見えざる手』が働き
最大の繁栄がもたらせるという考え方です。

これは経済学の父と呼ばれた”アダム・スミス”
考え方です。

順調に経済が成長を続けているときは
この考えに私は賛成です。
しかし
世界屈指の大手の金融機関が経営危機に向かう局面では
”大怪我”(経営危機)を負っているところで、
そのまま放置したら死んでしまい(倒産)
死者が続出する(連鎖倒産)危険性が高いのであれば
緊急治療・看護室(政府の管理)を設けて
そこで回復(経営再建)させるようにするべきだと思います。

このような有事のときには、
政府の役割は非常に大きいと思います。

このような局面こそ
強いリーダーシップと指導力を発揮して欲しいものです。

実際に1929年10月24日木曜日の
ニューヨーク株式市場大暴落の時には、
政府が役割を果たさず、
お金の貸し出しも渋ったため
市場からマネーが消えて、
また銀行も倒産し企業も連鎖倒産していきました。

株価の大暴落だけでは済まされずに
その後は長期にわたり世界大恐慌を引き起こしました。

でもこの恐慌の引き金になったのは
株価の大暴落ですが、
直接の原因は市場からお金が消えたことだと
いわれています。
私も同感です。

実際に
スウェーデンで1992年に金融危機が起こりました。
スウェーデンの金融危機です。


その当時のスウェーデン政府は、
資金を市場へ大量に供給し続け、
また銀行も借り入れの申し入れを受け入れて
企業などへお金を貸し出し続けました。

実際に企業が倒産するときには、
短期の資金が焦げ付いてしまうことが多いので
その資金繰りさえどうにかなれば生き延びられるケースは
たくさんあります。

このように金融危機の時に
政府が関与し市場へお金を供給し続け、
また金融機関を公的資金で管理下におき
国営化させた結果、
金融機関を健全に再生できた事例があります。

このスウェーデンの金融危機を詳しく知りたい方は
こちらのアドレスのブログを参考にされるとよいと思います。
分かりやすく詳しく記述されています。

そのブログのタイトルは”スウェーデンの今”です。
<スウェーデンの今>
http://blog.goo.ne.jp/yoshi_swe

以上、
公的資金を投入し政府が金融危機を救う重要性を述べましたが
今回の米国発のサブプライム問題による
この米国発の金融危機に対しても
アメリカ政府が強いリーダーシップを発揮してくれることを望みます。

そして、
わたくし個人的にはこの局面は9月、10月ぐらいで沈静化され、
11月頃から回復の兆しが見えることを期待したいと思います。

『 金融機関の救済方法について 』について
このブログでは記事にしましたが、
これからも状況を考慮し、
読者の方のお役に立てる内容のある記事を書き
ブログへ真剣に取り組んで参りたいと思いますので
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:保険 - ジャンル:ライフ

コメント

首位返り咲きおめでとうございます。腰痛治療で中々時間がとれず久しぶりの訪問でした。
これからも頑張ってください。

  • 2008/09/21(日) 12:42:53 |
  • URL |
  • 中村橋(元半蔵門) #-
  • [ 編集]

こんにちは

信用の膨張とレバレッジが重なって、どちらも崩壊したからなんでしょうね。

レバレッジは、世界経済の成長より早く、動くお金が増えていくような感じがしてなりません。
そうなれば、長期投資の有効性は過去ほどのものはなくなると言う意味かなって、一人で考えてました(^^♪

  • 2008/09/23(火) 10:38:08 |
  • URL |
  • うさみみ #-
  • [ 編集]

なるほど

こんにちは、にしやんです。
先日はブログに遊びに来て下さり、ありがとうございました。
私は公的資金注入に反対でしたが、
今回のフリーランチさんの記事を読んで、
考え方が変わりました。
米政府には、第2の世界恐慌だけは起こしてほしくありません。
私も歴史で習ったのみですので、
ここまで丁寧に解説していただいて、大変勉強になりました。
お礼代わりに応援して帰りますね。

  • 2008/09/24(水) 12:52:42 |
  • URL |
  • FX初心者のサラリーマンでも勝てる!脅威のFXシステムトレード講座 #-
  • [ 編集]

ありがとうございます。

中村橋さまコメントおよびいつも応援してくださり
誠にありがとうございます。
腰を治療中とのこと、お大事になさってください。
また早期回復されますことを祈っています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2008/09/24(水) 18:34:52 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます。

すさみみ様
コメントありがとうございます。
今起こっている問題にレバレッジも
もちろん関係していると思います。
またこれから先を考えれば、
投資会社として世界で活躍してきた
アメリカ中心の時代から
大きく変わり始めるころだと考えています。
これから先にある時代の変化も
しっかりと視て行きたいです。




  • 2008/09/24(水) 18:54:17 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます。

にしやん様
またコメントを残してくださり
ありがとうございます。
応援も感謝しています。
今のようなカネ余りの時代は
金融恐慌は避けられると思っていますが、
もう少し早くから
金融安定化を計れるべく適切な対応を
米国政府にはして欲しかったです。
にしやん様のブログも応援クリックさせて頂きます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


  • 2008/09/24(水) 19:05:29 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/141-e295cec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

細川徳生氏のアドバックス【4749】株価操作

細川徳生氏の株式会社アドバックス【4749】株価操作 チャンスイット内部告発第9弾 ★インサイダー取引及び株価操作 第3弾★ 細川徳生氏が実質オーナーの株式会社アドバックス【4749】 の 株価操作を細川徳生氏とその部下の山田氏と私で実行していました。 こ...

  • 2008/09/26(金) 11:12:30 |
  • アドバックス細川徳生チャンスイットのブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。