実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢者から学ぶお金の使い方

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

今年は雨などによる水の災害が多いですね。
局所的に突然大量の雨が降ることをゲリラ豪雨というそうですが、
被害にあわれている方は大変かと存じます。

私が住む豊島区にも時々ゲリラ豪雨がありますから
雨が降っていない朝方に散歩をしてきました。
8月29日(金)午後からまた雨が降るようなことを
朝の天気予報で云っていましたので
早々に済ませました。

雨が降ると涼しくはなりますがやはり晴れの方が
気持ちいいです。

早速本題に入ります。
本日のテーマはこちらです。
テーマ:” 賢者から学ぶお金の使い方 ”

今までこのブログでは貯蓄や利殖に関することをテーマに
記事を書くことは多かったと思います。

本多静六氏の四分の一貯蓄法、
国際分散投資、
ポートフォリオ運用、
毎月積立、
投資信託など、

しかし、
私たちは生活するうえで自分の収入の大半は使っています。
給与の半分、7割、8割を貯蓄している人は
一般ではほとんどいないませんし現実的ではありません。
通常は毎月の給与をほとんど使っていることになります。
そして、
このお金の使い方にも
人がお金持ちになるとか、
成功者になる、
および
人の幸せなどに
影響があり、
多分にそれらと関係があるように思います。
だから、
今日はその” お金の使い方 ”をテーマに考えてみますので
どうぞよろしくお願い致します。

私は読書が大好きでありますから
様々なジャンルの本を読んでいます。
そのような読書習慣において
”お金に関する本”や”成功法則の本”も多く読みます。

その中で私が何度も読み返している本の一つに
” バビロンの大富豪 ”があります。
この本は、
2000年にキングベアー社から出版され、
最近まで絶版となっていた名著です。
今年の8月に別の出版社から復刻版として出版されたことは
ファンの一人としても喜んでいます。
多くの人に読んでもらいたい1冊です。

この本は、
物語として、小説として、
読むだけでも十分に楽しめるのですが、
学ぶべきことが随所にちりばめられています。

この本の舞台は古代都市バビロンであり、
その場所は、
現在世界中で認められ活用されている「富の基本原則」が生まれ、
育成された「揺籃(ようらん)の地」といわれているそうです。
また、
本書のはじめには、
”この本は、富とそれにまつわることを理解するための手引書として
書かれた、「空の財布の治療薬」のようなものです。”

と説明されています。
そして、
古代のバビロンでも「お金を持つ人」と「貧乏な人」との
格差が問題になっていたとあります。
そこは今の時代と同じですが、
異なる点は、
上流階級の人間でも、借金が返せなくなれば、
奴隷として売られてしまうことです。
このように内容は本書で展開されていきます。

この本の内容はたくさんご紹介したい箇所はありますが、
その中でも今回のテーマで紹介したい所が、
” 第8話 「バビロンの知恵」は現代にも通用するか ”
にあります。

そこに書かれていることは、
多額の借金を抱えている者に対する
正しいお金の使い方についての内容だと
私は解釈しています。

それは具体的には次の通りです。

・収入の1割を自分のために貯蓄する

・収入の2割を借金の返済にあてる

・収入の7割で生活関係費を全て賄えるようにする
 (住む家、着る服、食料、その他全て)


ただし、
これは多額の債務を抱える人が参考にすれば
この通り実践できれば、
すぐに改善にもつながるでしょうが、
借金がない人であればこの限りではありません。

でもそれ以外の
”収入の1割の貯蓄”および
”収入の7割で生活費関係を全て賄う”
という点は
借金がない人たちにも賢明なアドバイスになると思いますが
如何でしょうか。

では、
その収入の2割は何に使えば最も効果的かといえば、
私の経験上では、
”自分のために効果的にお金を使う”ことだと思います。

要するに” 自己投資 ”です。

自分の知識力やスキルなどを向上させるために
書籍代やパソコン購入や
セミナー、習い事などを含む学習費用にする。
または、
本物の人脈を作るための交際費にする。
それ以外でも
趣味や旅行代にするのも有効ではないでしょうか。
結婚し家族がいれば当然家族旅行も該当しますが、
家族が豊かさや幸せを感じることが出来たり、
人が見聞を広めるのに役に立つのはよいことです。

このような割合でお金が使えれば、
日常の生活は質素であっても、
年々豊かになり、
また家族愛や友情にも満ちた賢明な生き方が出来そうです。

どうでしょうか?

またこの本の中で
次のような言葉も私の心に残っているので
ご紹介しておきます。

・財布の中に今すぐ必要でない金貨や銀貨を持っている人間は、
 家族にとって善をなし、王にとっては忠実な下僕(しもべ)となる。

・財布の中に数枚の銅貨しか持っていない人間は、
 家族にも王にも冷淡になる。

・財布の中に何も持っていない人間は、
 家族には薄情となり、王には不忠となる。

・したがって何事かをなそうと望む人間は、
 財布の中に多くの金(かね)を持っていなくてはならず、
 同時に家族への愛と、王への忠誠心を持っていなくてはならない。


金貨は1万円札、
銀貨は5千円札や千円札、
銅貨は小銭の500円硬貨、100円硬貨などと考えればよいし、
王とは、
自分の国や勤務する会社または社長とすれば
現代をイメージできます。

ここに書いてあることは、
私生活を通じて色々な人と交際をしてみると
確かな事実として理解できます。

私たち人間は、
お金によって思考や感情や行動までも
支配されやすい生き物だと思います。

誰でも自分の価値を値切られるような体験をすれば
そのようにした相手のことを嫌いになりますし
貢献したい感情や忠誠心など持てるはずがありません。

賢明にお金が使える豊かな人は、
お金の使い方などでも
決してそのような悪い印象を相手に与えることはありません。

他人へ大切な仕事を依頼したり、
自分のために貢献して欲しいと期待があるのであればなおの事で、
相手には、
まずは自分からそれ以上のものを与えることをします。

つまり、
支払いを延ばしたり、
料金を値切ったりすることはなく、
仕事の報酬は支払い期限よりも前に
速やかにかつ十分に与えます。

反対にケチな人は、
とにかく自分の財布からお金が出て行くことが
惜しいと思いそれを避けるために
ケチなことをその場面その場面で考え、
また実行に移してしまいます。

しかし、
そのわずかなお金を出し惜しむ結果、
周囲の評判や相手からの自分の評価を下げられてしまいますから
大きく損をすることになります。

自分が成功するためには欠かせない
本物の人脈にもなるような
自分のために喜んで協力してくれる人や
応援してくれる人を得ることも大変困難になります。

本当に貴重な財産になるような人脈を得るために
お金を使う多少の出費は効果的な投資だと思いますが
如何でしょうか。

だから、
自分のお金に対する態度や発言や行動によって
目の前のその相手がどのような感情を持つか
少し考えれば間違えは防げそうです。

例えば、
友人や親しい人が経営するお店に食事に行ったのであれば
支払いは必ず現金にします。
クレジットカードは便利ですが、
お店側が負担する手数料が掛かりますから
現金で支払ってあげた方が喜ばれます。

店主とは交流がなければクレジットカードでもかまいませんが、
これからも親しい良き付き合いをしたいと考えれば
現金の方が効果的です。

でも、
お店の人へ「つり銭は要らない」とか
友人たちへ「今日はおごるよ」とかのように
日常的に大判振る舞いをすることも賢明ではありません。

そのような振る舞いは、
気前のよい人のように思われるかもしれませんが、
決して誠実な印象はありません。

だから、
お金を使うときには、
”豊かでかつ誠実な人柄”を相手が感じることができれば成功

と言えるのではないでしょうか。

賢明なお金の使い方は実に奥が深く難しいですし、
やはり訓練が必要に思えます。

” 賢者から学ぶお金の使い方 ”

読者の皆さんはいかがでしょうか。

そして、
読者の皆さんのお財布が益々富めるように願いを込めます。

『 ふとった財布になあれ 』

本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


< 今回おすすめする本 >
この本は何度も読み返すだけの価値は十分にあります。
自分の子どもへも読み聞かせてあげたい一冊です。
バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのかバビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか
(2008/08/08)
ジョージ・S・クレイソン

商品詳細を見る



いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

sirube

突然のコメント失礼致します。
勝手ながら私どものサイトからこのページへリンクをさせていただきました。
http://sirube-note.com/fp/

もしよろしければ、こちらのページより相互リンク登録もしていただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/fp/link/register/
現在のページからのリンクは一定期間の予定ですが、よろしくお願い致します。
(自動書込のため、不適切なコメントとなっていましたら申し訳ございません)

ありがとうございます。

相互リンクのオファーありがとうございます。
リンクをお願いする場合はまたご連絡をさせて頂きます。

  • 2008/09/12(金) 12:36:03 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/131-d60f4d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。