実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネーを掴む人の言葉

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

いよいよ夏も本番ですね。
今週からうちの子どもたちも夏休みに入りました。
学校の夏休みのプールなどもありますが
子どもたちは自由時間がたくさんありますね。

私も子どもの頃は夏休みはとても楽しい思い出ばかりです。
活発な子どもでしたから家でじっと宿題をしていることは
ありませんでした。

近所の友人と公園で遊んだり
荒川の土手の近くでは殿様バッタなども採りました。
日曜日やお盆休みには
家族で海や川または父の田舎である秩父の方へ
遊びに出かけていました。

水泳が得意になったのも
夏休み中に父から水泳などを教わったおかげです。
だから
自分の娘と息子にもクロールや平泳ぎができるように
この夏、してあげたいです。

さて本題に入ります。
今回のテーマは、
『 マネーを掴む人の言葉 』です。

では早速、
米国の実業家として作家として大成功を収めている
ロバート・アレンの言葉をご紹介します。

『 富への真の鍵は、
 人生において二つのドアのうち
 一つを選ばなければならないことに気付くことだ。
 ”自由”と書かれたドアを選ぶか、
 ”安全”と書かれたドアを選ぶかのいずれかなんだ。
 安全と書かれたドアを選べば、
 あなたはそのうちのどちらも失うことになる。
 だが自由と書かれたドアを選んだからとしても、
 負けないわけでも、つまずかないわけでも、
 お金を失わないわけでも、不安に感じないわけでもない。
 しかし最後には、
 自由だけでなく、安全も手に入れることができる。
 つまりどちらも手に入れることができる。 』

史上最高のセミナー (きこ書房)より抜粋



この言葉は”成功するまでの道のり”を
とても分かりやすく説明していると思います。


そして、
この言葉にある”自由”と書かれたドアを選んだ人が
仕事や事業や投資において成功を収められるのではないでしょうか。

事業リスクや資金繰りの責任は負いたくないけど
実業家(社長)になり高収入を得たいと
真面目な顔で云う人がいますから驚かされます
そんな矛盾することは世の中にはありません。

事業を成功させるためには色々な要素がありますが、
一番きついお金の責任や事業の不確実なリスクなど
全てやっかいなことを引き受けてこそ、
顧客や取引先や仲間などからはじめて
会社の代表者として信用してもらえます。

また不景気を口にする経営者は多いです。
最近はどのようなビジネスも他者との競争が激しくて
厳しく難しくなっているのも事実です。

でもよく話を聴いてみると
昔と同じやり方で変わらない営業活動を行い
仕事も特別な改善も行わず現状のまま
業績を右肩下がりにしていることに気付きます。

これだけ世の中が変化し複雑になっているのに
同じやり方で変革も行わず継続できてきたことが
私はすごいと思いますが如何でしょうか。

そして同時にある意味では、
「楽(らく)でいいな」と思ってしまいます。

それは、
変化に合わせて仕事を改善したり
新しい営業・マーケティング活動を行うことは
身を削るほどエネルギーを大変消費することですから、
精神的に肉体的にもしんどいことです。

またやったことのない新しいことを試みれば
最初から上手く行くことはほとんどありません。
試行錯誤を積み重ねながらお金と時間を
惜しみなく投資し続けることになります。
確かに興味深く面白さもありますが、
ストレスやプレッシャーも相当なものです。

しかし
ビジネスで成功し続けるためには、
このプロセスは欠かすことが出来ません。

でもこれこそが「経営者の資質」なのかもしれません。

私は経営者として成功している身近なクライアントさんたちからも
このようなことなども含めて色々と学ばせていただいています。
厳しい時代や環境であることに皆さん同様に変わりありませんが、
チャレンジ精神を持ち続けて実践していることに
いつも尊敬の眼差しで拝見しています。


次に投資家として成功し大きな富を築きたいのであれば、
積極的にリスクを取らなければなりません。
元本割れがないから安全だからといって
預貯金にお金を眠らせていては大きな富は築けません。

投資家として成功している人たちは、
複利のパワーを理解しています。
また複利の利子というのは、
時間の経過とともにその威力を増していきます。

それがいかにパワフルなものか次の例で確かめてください。

ここに一時金1,000万円があり、複利で運用するとします。

<1%の利回り>

1,000万円 →

5年後は、約1,051万円、
10年後は、約1,104万円、
20年後は、約1,220万円、
30年後は、約1,347万円、


<10%利回り>

1,000万円→

5年後は、約1,610万円、
10年後は、約2,593万円、
20年後は、約6,727万円、
30年後は、約17,449万円、


時間の長さに比例しお金が増えるスピードも加速して行きます。
利回りが高ければ高いほどそれが大きくなります。

この事実を本当に理解できれば
複利でお金を増やす資産運用、資産形成を続けたいと思えます。
それに”高い利回りの複利”でお金を働かせれば
誰でも億万長者になれることが分かります。

またベンジャミン・フランクリンは、
複利についてこのように述べています。

ベンジャミン・フランクリンの言葉

『 他の生き物と同様に、お金には子孫を残す能力が備わっていることを
  忘れないで下さい。
  お金がお金を生み、そして更に、
  生まれたお金からもお金が生まれてくるのです。
  でも最初の種を蒔かなければ、何も始まりません。
  あなたが元になる最初のお金を蒔き、
  育てなければお金の子孫が増えることはありません。 』



以上のことからもマネーを掴む人とは
お金の本質を理解していて、
リスクを取って積極的にチャレンジし続けることが
できる人のことだと分かります。

それにいつも感じていることは、
成功者が残した名言、格言は
吟味するだけの価値は十分にあるということです。
マネーを掴む人の言葉
しっかりと胸に刻みこみ実践し続けたいと思いますが、
読者の皆さんは如何でしょうか。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ

< 本日のお奨めの一冊 >
贅沢な本だと思います。
成功者の言葉を吟味すると得るものは大きいです。

史上最高のセミナー史上最高のセミナー
(2006/10/07)
マイク・リットマンジェイソン・オーマン

商品詳細を見る


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/118-20ee28d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。