実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープレシオとは

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー斉藤俊行のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

ここのところブログでは、
投資信託や資産運用、資産形成以外の記事を書いてまいりました。
専門用語の解説も最近していなかったので、
今回のテーマでは、シャープレシオについて解説いたします。

”一般にもっともお得な投資先を探すのに
ピッタリな指標としてシャープレシオが使われます。”


呼び名の由来は、
投資の世界を理論化した功績でノーベル賞を受賞した
ウィリアム・シャープ博士によって考案された指標なので
シャープレシオと呼ばれています。

ポートフォリオの全てのリスクに焦点をあてて、
バラツキに対する対価としてシャープレシオを考案しました。
リスク1単位当たりの超過リターンを測定することにより、
さまざまなポートフォリオのリスク調整後のランキングを
評価できるとウィリアム・シャープ博士は述べています。

分かりやすくいいますと、
シャープレシオとは、
どれだけリスクをとってどれだけのリターンを得たのかを測定する指標であり、
リターンリスクのバランスを見る指数です。
一般的にシャープレシオの値が大きい投資信託(または投資先)ほど
運用効率がよいファンド(投資先)とされます。
また投資信託などの運用パフォーマンスを評価する際には
不可欠な指標です。


つまり、
『シャープレシオが高い投資信託は、
リターンが大きい割りに投資結果がぶれる可能性が少ない
お得なファンドということになります。』

効率が良いファンドを探すには、
シャープレシオは、もってこいの指標ですね。


具体的には、
リスク資産である投資信託や株式のリターン(収益率)から
銀行預金などの無リスク資産の収益率を引いたものを
リスク(標準偏差)で除したものです。

式は以下のようになります。

シャープレシオ = (リターン - 銀行預金などの年間利率)/リスク

繰り返しになりますが、
投資信託などのリスク1単位当たりの
無リスク資産に対する超過リターンを表し、
このシャープレシオの数字が大きいほど効率が良いファンドとして
評価されます。

しかし、
計算式から分かるように、
収益率がマイナスの場合には、
リスクが大きくなるほど、マイナスの値が小さくなる関係で
シャープレシオが大きくなるという問題があります。

以上、シャープレシオとは、
リスク1単位あたりのリターンをあらわし、
投資信託などの運用効率性を測定する指標です。


具体的に計算してみましょう。

< シャープレシオの計算例 >

*銀行預金は現在金利が低いので考慮しないことにします。

シャープレシオ = (リターン - 銀行預金などの年間利率)/リスク

投資信託Aは、リターン: 6% および リスク:10%

投資信託Bは、リターン:12% および リスク:20%

”投資信託A、投資信託Bのどちらも計算すると
シャープレシオは0.6です。”


たとえばリターンが全く同じであるのであれば、
シャープレシオが高い方の投資信託を選択すれば効率がよい運用が
期待できそうです。
ファンドの比較はしやすいから、
”お得な投資先”が見つけられますね。

しかし、
上の計算例のようなシャープレシオが同じ投資信託の場合は、
正直なところどちらを選ぶか迷います。

それは、資産運用の効率が同じであれば
投資家個人のリスクに対する姿勢によって決めるべきだからです。

もしも、
リターンが大きい方がよくても価格変動リスクに対して
過敏に反応する投資家であれば、
投資信託Bのような基準価格が大きくぶれる可能性が高いファンドを
保有し続けることが大変困難になるでしょうから
リスクが小さい投資信託Aを選ぶ方がよいと思われます。
それに、
とにかく投資信託で成功するコツは、
忍耐強く長期投資が実践できることでしたね。
だから、
あえて手堅い運用を目指す方が無難です。

しかし、
価格変動リスクが非常に大きいファンドでも
平然と持ち続ける自信がある長期投資家にとっては、
投資信託Bのようなファンドはとても面白いといえます。

このように投資信託を選択する上で
まずは、
投資家である自分自身のリスクに対する考えを優先します。
そして次に、
投資信託のパフォーマンスの良否を判断する際には、
リターンの数値の大きさだけでなく、
シャープレシオなどのリスクとリターンの双方を加味した数値を
活用することが重要といえるでしょう。

読者の皆さんはいかがでしょうか。

本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

斉藤さん、こんにちは。
シャープレシオ・・・素人の私はこのような値があることを初めて知りました。。。
こういう話は銀行や郵便局では教えてもらえませんね。
また勉強になるテーマのお話しを楽しみにしています!!

  • 2008/06/18(水) 12:39:56 |
  • URL |
  • 岡山県人 #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます。

岡山県人さま
コメントおよびいつも応援クリックしてくださりありがとうございます。
これからも幸せなお金持ちシリーズやビジネスなど以外にも
前向きに資産形成を取り組む読者の方のために金融知識関連の
記事も書いて行きたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2008/06/18(水) 13:17:02 |
  • URL |
  • 実践派FP斉藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowrichlife.blog41.fc2.com/tb.php/103-95172f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。