実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話に耳を傾ける

こんにちは、実践派FP 斉藤俊行です。

約2週間ぶりの記事更新です。


自分の職業がコンサルタントであるため
プライベートな付き合いでも
無意識のうちに自分から黙って相手の話に耳を傾けています。

また他のコンサルタントの人たちがどうしているか知りませんが、
私はコンサルティングのときでも相手の話を聴いている時間が約7割、
自分がアドバイスをする時間が2~3割の時間配分になるように
コンサルティングに臨んでいます。

そんな感じなので相談者が寡黙な方だと
二人が見つめ合う静寂な時間が多くなってしまうのです。(笑)

このように、
私が自分の話をするよりも相手の話に耳を傾ける理由は、
プライベートでは相手のことを詳しく知りたいからであって、
一方、仕事上のコンサルティングでは、
客観的な視点で相談者の真の問題点を速やかに探り出し
その問題を解決するための効果的なアドバイスしたり、
適切な実行プランを提案するためです。

それに私の個人的な事情になりますが、
仕事の時間外で他人とゴルフや飲食などを共にするといった
プライベートで会う機会が極めて少ないので
(ちなみに、ゴルフは全くできません…)
人と短時間で最も効果的にコミュニケーションを図るためには
私の能力では真剣に相手の話に耳を傾けるしかないのです。


それに二次的な効用としては、
人は自分の話を聴いてくれる人に対し好感を抱きやすいようなので
飲み会などに参加しない私のような者でも人間関係づくりにおいて効果的です。(笑顔)


さらに、真剣に相手の話に耳を傾け意識を集中していると
その人の現在の心理状態や実情、そして物事の真実を知りやすくなりますし
「なぜ、あの人はあのタイミングでそのような話を切り出したのだろうか…」など
相手の言葉を深く考えることによって人の真意が見えてくることもよくあるのです。
それに相手の微妙な感情の乱れも察知できるのでKYと呼ばれることも少なくなります。

また良い意味で、
相手の品格や思いやりや細やかな配慮を見過ごさずに気づくことができたりなど
人の話に耳を傾けることで得られることはたくさんあります。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございます。


実践派FP 斉藤俊行

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。