実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運がいいね!

こんにちは、実践派FP 斉藤俊行です。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

このブログでは、金融市場動向や投資、
および金融商品の投資信託や保険の解説などに限定せず
私が感じたことなど思いのままを綴っています。

今日のタイトルは、
「運がいいね!」ですが、
私は、自分のことを本当に運がいいと思っています。(笑顔)
(年末ジャンボ宝くじでは当たらなかったのですが……)

そして、私の運がいいとかどうとかの定義では、
自力ではなく他力です。
つまり、他力の恩恵を授かれる能力です。
それこそが、その人が運が良いかどうかを決める分かれ道だと
認識しています。

一方で、他人の力を借りず、
常に自力で仕事での実績を挙げ、
また、貴重な人脈を自らの力や魅力だけで開拓でき
大成功を収められる人たちは
大変素晴らしいですし、本当にすごいことです。

でも、私が過去に出会ってきた人たちのなかで、
「この人きっと運がいいな」と感じたなかでは
やはり他力の運のよさが備わっているものです。

またさらに運について言及しますと、
「運がよい」と「運が強い」の意味も私のなかでは定義が違います。
運がいい人はコンスタントに運が良いとするのに対し、
運が強い人は、確かに強運かもしれませんが反対のマイナス面も強烈で
運命周期のボラティリティが大きい(リスクが高い)ので
人によっては太く短い人生になってしまうのかもしれません。
ですので、
並みの人間なら落ちたときに底から這い上がってこれそうもないので
私は、運が強いよりも運がよい人の方がベターだと考えます。

そして、私が自分自身を運がよいと言えるのは、
私が親しくさせて頂く方がもっと運がよい人たちだからです。
(もちろん、皆さん、能力や魅力もたっぷりある人たちです)
そのなかの筆頭では、私の妻です。
うちの奥さんと結婚した30代から私の努力は開花してきていると確信できます。
また、親しい友人や仕事を共にしてきた人
そして、親しくさせて頂く顧客の皆さんもまた運がよい人たちなのです。

知り合った当時は名前があまり知られていなかったが
その後、専門家として有名になったり、
私が大変お世話になった編集者の方がその後
別の著者を手がけた本が大ベストセラーになったりしています。

また、私がすっかり魅了された会社経営者の人たちとは、
人によっては永くよきお付き合いをさせて頂いていますが、
現在では、ほとんどの方がボスとして成功を収め
会社やその組織は大きく発展しています。
一方、会社勤務のビジネスパーソンの方たちも
知り合った当初の頃と比較しますと
年収や役職など広い意味で出世されている方が圧倒的に多いのです。

また、自分よりもずっと若い方々の成功して行く姿を拝見するのも
とても嬉しいものです。
30代半ばで売り上げ40億円の企業の役員に大抜擢されたり、
31歳の若さで商業出版が決まったと
親しくさせて頂くクライアントさんからご報告を受けたり
他にも書ききれないほど多くの人の成功がありますが、
このような事実を私は誇りに思っています。


でも嬉しい出会いがあれば残念な別れがあるのも事実です。
私も一緒に仕事をした人や担当させて頂いたクライアントさんと
疎遠になるのを機に、いつしかお別れする経験は寂しいものです。
ただ一つ言えることは、始まりはいつも相手方から起こり
その結果、お付き合いが終わってしまうといえます。

例えば、
付き合いが終わってしまった人とのコミュニケーションでは、
記憶を想起させますと、
約束を守ってもらえなかったり、
(都合が悪くなったのかもしれませんが)連絡をしても返答がされない、
たとえ口約束でも言葉を大事にできないなどが
共通していると言えるのかもしれません。

私も相手に対し礼儀に欠けるような行動は慎むようにしています。
無視をしない、
人を都合よく利用しない、
約束を守る、
正直さや素直さなどは、
人との信頼関係を作る為に必要なのはもちろんですが、
このような態度や行動を示すことで、
他人との無用なトラブルの予防にもなると思います。

当たり前のことですが、以上のようなことは、
運がよい人たちは、常識として皆さん十分に気をつけているはずです。


また過去において顧客だった人との関係では、
保険プランの契約や投資信託の資産形成プランなど
確率は非常に低いとはいえ、続けられなかったこともありました。
その場合、
その方が深刻な問題や厳しい諸事情を抱え込んでいることが多いです。

または、詳しい事情が分からなくても
一緒に仕事をしたり、
また仕事上関係があった人のなかで、
その後、人づてに聞いてみますと、
店主だった人が、お店を閉じていたり、
社長だった人が、すでに会社の経営者ではなくなっていたりするのです。
そして、ビジネスパーソンなら、
勤務先の会社を会社都合か自己都合で辞めたのかは明らかではありませんが
その企業を退職していることなどがよくあります。

このように、ご縁がなくなってしまう方のなかには、
残念な結果に至るあいだで、
記憶をたどってみますと、
「運がいいね!」とは言えない変調が既に生じてたようにも思えます。


皆さんの幸運を祈っています。


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


実践派FP 斉藤俊行


スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

はじめて「夢の年末ジャンボ宝くじ」を買いました

こんにちは、実践派FP 斉藤俊行です。


2012年も始まりました。

私の顧客対応業務は昨日からスタートしています。


冬休みは正月の三が日は本当にのんびりできました。


昨年は、年末にジャンボ宝くじを初めて買いました。

池袋の売り場では高額当選が出やすいということで

連番ではなくバラ売りで

その時ちょうど財布に持ち合わせていたお札で

3.6万円分を買いましたが、

結果は7等12枚が当たり、3,600円のリターンでした。

なお、宝くじバラ売りで買えば、

10枚・1セットあたり末尾当選番号の7等・300円は必ず当たります。


宝くじを買ったのが、12月20日ですから、

12月31日の抽せん日までの11日間で

投資元本が10分の1になりました。

やはり宝くじは、

株や投資信託など比ではないほどハイリスクな投機だ、

ということが身銭を切ってよく理解できました。


私は、身銭を切って体験しないと何事も正しく理解できない方なので

宝くじをあたる確率が低い投機だと、

口では言いながらも自分は運よく当たるなどと高を括っていたのかもしれません。

それは、確率を上げるために努力しているでもなく、

また何かしっかりした当たる根拠があるわけでもないのに

宝くじを買ってしまったという結果から振り返りますと、

私はきっと安易な思考に支配されていたと理解できます。(笑)


私は、当選結果のあと、

2度と宝くじは買わないと自分の意思を家族へ伝えたところ、

妻と子供たちは、「来年も買おうよ!!」と、

その姿は、大変前向きで元気そのものでした。

さらに、妻は、「宝くじは買わなければ絶対に当たらないんだよ,」

夫である私に対し、あのね、あなた事実関係が本当に分かっているの??

と、まるで弟子を諭すような感じで語ってきました。


「なんてことだ、うちの家族はまだ全然懲りていないようだ」

内心では、うんざりし、を買う宝くじなど、ばかばかしいと思いつつも、

パートナーから落ち着いた感じで宝くじについて語られると、

「来年(次回の年末ジャンボ宝くじ)は1万円くらいなら買ってもいいかな」

などと、いとも簡単に自分のすけべ根性が復活しそうになるから不思議です。


いやいや、今年(次回の)宝くじなど買いませんよ。

それよりも投資をしている投資信託の各ファンドのリターンに期待します。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。




「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。