実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人で保険を契約する有効性について

こんにちは、実践派FP 斉藤俊行


実践派FPのスローリッチのブログは、

久しぶりの更新です。(笑顔)


さて、今日は、法人で契約する保険について

簡潔に記事を書いてみます。


毎年、12月から3月にかけて、

弊社でお取引いただいている法人クライアントさんの

決算月が比較的集中しています。


なので、年末から3月にかけて、

法人保険プランのご相談を頂くことがあります。


今年度は、年末から3社の法人クライアントさんから

ご相談をいただき、決算月に合わせ順次ご対応させて頂いています。


このようにあえて、法人保険をご契約いただく主なメリットは、

保険料が経費として取り扱えるからだといえます。

いわゆる損金になります。


ただ、保険商品や契約形態(契約者・被保険者・受取人)などに

一定の条件があり、それを適切に行えば、

保険料損金として認められるというものです。


この保険料損金性については、

保険商品や保険期間などで全額が損金となったり、

保険料の2分の1しか認められなかったり等、

法人保険の正しい契約方法について、

正確な知識をもって知っておかないと、

ご契約が成立したあとでトラブルにもなり兼ねないので

しっかりと事前確認が欠かせません。


このように適切に保険契約ができた後は、

例えば、がん保険を採用していたのであれば、

役員や社員さんが、がんでご入院されたときは、

診断一時金や入院給付金が法人へ支払われ、

その後、会社の規定にしたがい、見舞金等が

入院中の役員や社員さんへ支払われます。


人数が限られる中小企業で、主力メンバーが欠如すれば

ダメージが相当に大きいはずですし、

そんな状況下で、

役員や社員さんが治療や入院で戦力外となった企業に対して、

保険が、経済的な補てんになれば有効だと思います。


さらに、保険商品によっては、

保険料解約返戻率が高いものもありますので、

オーナー経営者や役員や社員さんの退職金としても

効率よく準備ができることもあります。


ただし、

投資信託とは違って、あくまでも保険なので、

一定期間、ご契約を頂けないと、

解約返戻率が高くなりませんから、

継続的に利益が見込める優良企業にこそ

有効なプランだと云えます。


私がご担当させて頂く法人保険プラン

年間保険料は、200万円~500万円くらいが多いのですが

毎年、これ以上の利益が見込め、保険料が支払える中小企業なら、

厳しいこの時代、本当の意味で優良法人だと、私は認識しています。


法人保険プランをご採用頂くオーナー経営者の方々に

同じ経営者としても、

いつも尊敬の念を心に抱きご対応させて頂いております。

本当に素晴らしいです。(笑顔)



なお、拙著:『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』でも

保険プランについて、私の経験を書かせて頂いておりますので、

第2章:「保険は富裕層と一般層では利用目的が違うもの」

     「法人の節税対策にも有効」など


     をご参考にして頂ければ幸いです。




本日も最後までブログをお読みくださり

ありがとうございました。


実践派FP 斉藤俊行






「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る






拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター






スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:株式・投資・マネー

友人について

友人とはありがたいというけど、

本当だな、なんて、思うことがありました。


先日、小さいころから付き合いが続く

幼なじみから電話があって、

「うちの店で、さいちゃんの本を置いて、

 お客さんに紹介し、買ってもらうように薦めるからね」

って、連絡をくれました。


まあ、実際に、買っていただけるかどうかは別として

そんな有難いことを申し出てくれる人は、

実家が本屋さんでもない限り、そうそう見つからないですから、(笑)

私としては、とても嬉しいことです。(感謝)


彼は、横浜で飲食店をしている、4歳当時からの友人で、

小学生のころから一緒に墨田区で相撲をやり、

高校相撲も一緒の学校(私立 安田学園)に通って稽古していました。


まさに、親友です。

ちなみに、「さいちゃん」とは、当時からの私のあだなです。(笑)


幼なじみまでではなくても、学生時代の延長から

お互いに、結婚し家庭を持ち、それでも親しく付き合える友人は、

正直なところ、少人数です。


スポーツも活発だった方なので、

小、中、高、大学など

学生だった各時代、友人数は、幅広く、たくさんいたと思いますが、

現在でも親しく付き合っている友だちは数名です。


それでも十分だと思っています。

友人関係は、質であり、「深さ」や「厚み」が重要で、

また、投資と同じで長く続けられることが、

大切だと思っていますから……。


仕事や家族構成や経済力など

違和感なく、対等な付き合いをするためにも

お互い背伸びや無理をするとよくないですし、

学生時代の思い出があっても、

あくまでも過去ではなく、現在のライフスタイルを基準にして、

楽しく付き合うべきだと思っています。


友人とは、時間が合えばお酒を飲むこともありますが、

お互いの存在感こそが価値であり、重要だと思っていますので、

無理してでも時間をつくって飲食するようなことはしません。

電話やメールでもお互いに、よい刺激を与え合えます。

それに、

相手も自分も将来へ向けて今より成長することが大事なので

そのために時間の使い方は、そっちを優先させるべきです。


さらに、友だちといえば、

社会人になってからも友人関係になることもあります。


実際、私は、同業者の人のなかで

親しくさせて頂いている方もいらっしゃいます。


また、クライアントさんのなかでも

是非、親しくなりたい、と、

有難いことをおっしゃってくださり、

ご自宅やお店での、お酒やお食事をお誘い頂くこともあります。

本当に有難いことです。(感謝&感激!)



でも、それにしても、安心して付き合える友人関係は

とても素晴らしいものです。



本日も最後までブログをお読みくださり

ありがとうございました。


実践派FP 斉藤俊行






「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る





拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター






テーマ:ライフ - ジャンル:ライフ

「経済力がある人」の、お金に対する考え方と行動について

「実践派FPスローリッチのすすめ」ブログは、

もう一つの私のブログ

アメブロ版:『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』

よりも更新頻度は少ないのですが、

その代わり、投資に関連することだけに限定せず、

比較的、自由に書きたいことを記事にしたいと思いますので

よろしくお願いいたします。



早速、本題に入ります。

稼げる人、経済力がある人、成功している人などをテーマにした

お金に関する書籍は、後を絶ちませんが、

今回、私の実体験から得たことをもとに、

テーマについて書きたいと思います。


経済力がある人」といった、くくりをしていますが、

やはり、お金を大きく稼いでいる人とそうでない人とでは、

お金に対する考え方行動が違うというのが

経験から得た私の結論です。


やはり、「経済力がある人」は、

お金に対する真剣さ(資金繰りの大変さではなく)が違うと思います。


たとえば、

彼らが、人へ食事などを誘うのは、

それ相応の合理的理由(根拠)があることは確かです。

その根拠となるものは、

その人とと会うことで、精神的に癒される、知性をブラッシュアップできる、

飲食をともにしながらコンサルティングのアドバイスを受けるなど

お金や仕事などと直結する以外の事由なども含む広範囲にわたります。


だから、何となく、友人や仕事仲間と一緒に

お酒を飲んだり食事をすることはないと思います。


確かに、「経済力がある人」は、

時間当たりに稼げる金額も平均値よりも大きいので

その時間、それを犠牲(!?)にするだけの価値が必要だというのは、

理解できる気がします。


あと、特徴として、

経済力がある人」は、人にごちそうになることに対して、

少なくない緊張感を持っているものです。


お金持ちほど、何かしてもらったら、

反対に、相手に対し、お返しの意識は強く、

「世の中、そんなに甘くない、ただより怖いものはない」といった

お金の哲学を持ち合わせています。



だから、「経済力がある人」と一緒に食事をしたいなら

気を使わせないように、色々な意味で配慮が必要だと思います。


逆に、「経済力がある人」が、お金を持っているからと言って、

人と交際するなか、大盤振る舞いをする人は、ほとんどいませんから

(むしろ、慎重派が多いです)

そこは、良い関係のまま長く付き合うのであれば、

お互いの交際費(ではなく、正しくは、交際投資)に対し、

対等意識を持っているものだといった認識をしておいた方が無難です。


富裕層である私の友人たちの大半は、

たとえ学生時代の親しい友人であっても

たまたま偶然が重なった出来事だとしても

自分が2回連続でお酒や食事を御馳走することになったとしたら、

お礼の意味で、お酒や食事の誘いなどのものが来ないなら

今後、飲食を共にすることはない、と、

こんなニュアンスの交際条件を決めている人は少なくありません。

それが、親しい友人の場合でもそうですから、

付き合いがそれ以下の知人程度の関係なら

もっと厳密に考えているはずです。


だから、経済力がある人と関係を続けたいなら

その後、甘えずに、礼儀正しい行動ができるかどうかは、

重要な鍵を握ることになるものと思われます。


でもそのあたりのお勘定に対する自己負担感覚は、

私たち一般生活者も同じですよね……。(笑)



仕事上の接待はしない方針なので、

プライベートな私の実体験になりますが、

自分よりもずっと稼いでいる経営者の友人に

自分が知っている美味しいお店を紹介し、御馳走してあげたら

それは、ものすごく喜んでくれました。


少し不思議に思えたので、

「美味しい店も知り尽くしているくせに、なぜ、そんなに喜んでくれるんだい?」

と尋ねたら、

「自分は、取引先を接待したり、社員と飲食すれば必ず自分がお金を支払う立場で、

 いつも接待するばかりなんだ。

  また、カネをもっている者が、おごって当然だと考える輩も少なくし……。

 だから、こうして安心し御馳走になれることがとても新鮮で嬉しいんだ」


と、語ってくれました。



また、私の友人は、もちろん、

彼は、高級クラブなど逆に仕事上の接待のお誘いもされていますが、

そこには、相手の思惑を察したりし、安心感が持てないというわけで、

楽しくないということなのです。




私は、実践派FPで庶民派ですから(笑)、

さすがに、

私のところへ御馳走に授かろうという予定で、

友人知人からの誘いは、ありませんが、(笑)

「経済力がある人」たちは、お金があるだけに

日常の人づきあいから健全な人間関係の継続が難しくなるといった

悩みもあることを知りました。


だから、自分よりも「経済力がある人」と親しくなりたい場合、

相手のこのような諸事情、心理状態をあらかじめ理解しておき、

彼ら彼女たちへ、アプローチするのは、有効かと思われます。



一般生活者の家計の感覚であれば、

人から御馳走になったら

「飲食代一回分が浮いた」と考えがちですが、

経済力がある人のお金に対する考え方行動は、

やはり、一味違うな、と、いつも感心しています。


拙著:『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』

のなかでも、私の実体験に基づいた「お金の哲学」についても

書いていますので、ご興味があれば読んでいただければ幸いです。



本日も最後までブログを読んでくださり

ありがとうございました。


実践派FP 斉藤俊行




「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る




拙著の概要


『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!』専用のアメブロで記事を更新しています。

こちらへ↓

拙著のアメブロ


よろしければ訪問してください。


●ツイッターでも、毎日つぶやいています。

斉藤俊行ツイッター








テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。