実践派FPのスローリッチのすすめ

本業を大切にしプライベートも充実させながら、ゆっくりと「賢明で幸せなお金持ちになりたい人」を意識したブログです。金融基礎知識のない初心者のために保険や投資信託などにも触れていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短くなった睡眠時間

こんにちは、実践派FP 斉藤俊行です。


年をとったせいなのか、

ここ数年のあいだ、睡眠時間が短くなっています。

皆さんはどうですか?


今年44歳になりましたので普通のことでしょうか。

実際、私の睡眠サイクルは1.5時間のようです。

就寝後3時間、4.5時間、6時間といった感じで

その日の体調によって睡眠時間に差がありますが目が覚めます。

平日、休日に関係なくです。

おそらく肉体的疲労感の度合いによるのかもしれません。


高校時代は、相撲部の夏の合宿を終える最終日、帰宅後、

夕食も食べずに夜7時ごろ寝て、翌日の夕方4時ごろに目覚めたり、

大学時代は、アメリカンフットボールの試合をした日の夜は、

普通に朝まで10時間以上一度も目覚めることなく快眠できました。

社会人になったあとでも、おおよそ30代までは、

週末に寝だめをすることもありましたが、

今では、睡眠を貯める必要がないようです。(笑)


最近、運動不足を解消すべく、

週に、4,5回、息子と一緒に運動をしています。

メニューは、四股、腰割、腕立て伏せ、腹筋、背筋、逆立ちなどです。

もちろん、回数は大したことありませんが、少量であっても

体力維持は、ほぼ毎日継続することに意義がありそうです。

がんばろう!!



本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。



実践派FP 斉藤俊行



「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
(2010/04/23)
斉藤 俊行

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

口ぐせのとおりに実現してしまう



ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FP(ファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のスローリッチのすすめブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。


本日のテーマはこちらです。

テーマ:『 口ぐせのとおりに実現してしまう 』


先日、ある会合に出席していました。
お金儲けが上手かどうかは別として、
皆さんそれぞれ仕事のプロフェッショナルばかりです。

法律家や経営コンサルタントや会社の社長など
属性はまちまちで、
また私以外は50歳代、60歳代の方々で、
みなさんそれなりに年をとっていらっしゃり、
人生の先輩たちでもあります。

日頃から、
自分よりもずっと年上の方たちと
ご一緒する機会は結構多いのですが、
その時間は退屈なことはなく楽しんでいます。
また色々な意味でいつも勉強にもなります。

そんな感じいつもどおりに、
先日の会合でもためになるお話や経験談が
たくさん聴けて個人的には楽しかったです。

話題が豊富でしたが、
出席者各人が会合で話した具体的な話の内容はともかく、
その時に気付いたことが一つありました。

それは、
口癖のとおりに実現してしまう」
ということでした。

出席者は時々顔を合わせるメンバーなので、
相手の現状はある程度理解でき伝わってきます。

そして、
そのメンバーの中で一人、
いつも「不況が来るぞ」、「日本は大不況になるぞ」と
このような言葉を、5,6年前からあいだ会うたびに
繰り返し、「不況説」を言い続けた会社社長がいます。

私は、その人の大不況説を耳にするとうんざりしていたので、
その社長が話しを始めると
いつも別のことを頭の中で考えるようにしていました。

でもご存知のとおり、
現在は2008年9月のリーマンショック以降、
百年に一度の金融危機と世間では騒がれ、
世界的な景気後退のニュースが連日流される状況です。

だから、
不況説を繰り返し言い続けたご本人にとっては、
的中させた預言者のようにとても得意気でした。

しかし
その社長にも悩みがあり、
それは、
お金がなく生活苦になっている人ばかりが
自分に近寄ってくるということでした。

まるで物語のようですが、これは実話です。

自分には裕福な人が近づくのではなく、
資金繰りに困る人ばかりを引き付けるのは、
ご本人も非常に問題だといっていました。

経営者であれば、
誰でも豊かさを表現したいのは正直なところでしょう。

何年ものあいだずっと、
不景気という言葉を繰り返し唱えてきた人が
やっと自分の予言のとおりに世の中がなったものの
それと同時に、
お金がなく困り生活苦の人ばかりを
自分自身が引き付けるようになってしまった。
というのはとても皮肉なことです。

だから、
よく口にする言葉口癖は自分の周囲で現実に起こりやすいと
いいますから、
実際に口から発する自分自身の言葉には
十分に気をつけたいと思います。


そして、
以前自分が読んでいた本ですが、
声に出す言葉の影響力について具体的に解説しているものが
ありましたのでご紹介します。

医学博士・佐藤富雄氏の本、
「夢をかなえる口ぐせの法則」です。

そこから抜粋した内容は以下の通りです。


言葉は声に出してこそ力を発揮する」

言語学の分類によると、
言葉には、「内言語」と「外言語」の2つがあります。
「内言語」とは、
声に出さず、自分の心の中で用いられる言葉のことです。
そして「外言語」とは、
他者とのコミュニケーションなどに用いられる言葉、
つまり声に出す言葉です。
わたしたちが自分の言葉を変えようとするとき、
まず着目すべきなのは「外言語」になります。
私たちが言葉を声に出したとき、
その言葉は目の前にいる相手にだけ
伝わっているのではありません。
むしろ、
自分自身に伝わっているのです。
声に出して言葉を話すとき、
私たちの脳はフル回転します。
まず、言葉を話すときに使われるのは、
脳の「ブローカ野」という場所です。
そして言葉を理解するのは、
「ウェル二ッケ野」という場所です。

音を聞き取るには、
脳の視覚野も使われます。
こうして脳のあらゆる場所を使うことで、
「言霊」としての効果が生まれていくのです。

夜にベッドで寝そべって本を黙読していると、
すぐに眠たくなってしまいます。
ところが、音読すると、眠気はなかなかやってきません。
脳が活発に活動するので、眠気を吹き飛ばしてしまうのです。
自分の使う言葉に気を配ることは大切ですが、
声に出す言葉、特に普段の「口ぐせ」にこそ、
気を配る必要があります。


以上、
佐藤富雄
夢をかなえる口うせの法則(ダイヤモンド社)より抜粋


口に出す言葉や口癖の影響について、
色々と記述してみました。
また、
言葉は声に出すとそれが実現してしまうのであれば、
どうせなら達成したい目標などを口癖にしたいです。

『 口癖のとおりに実現してしまう 』
読者の皆さんは如何でしょうか。


引き続き、
読者の皆さんのお役に立てる記事を書きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
(応援クリックしてくださり誠にありがとうございます。)


本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ




いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。

<今日のおすすめ本>
夢をかなえる口ぐせの法則夢をかなえる口ぐせの法則
(2008/04/04)
佐藤 富雄

商品詳細を見る

テーマ:プロのお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

孤独の効用

ブログ・ランキングはこちら
      ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー
斉藤俊行(豊島区FP)のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

今日から3連休です。
読者の皆さんの中にはこの3連休を使って旅行などに
お出かけされている方がいらっしゃるかと思います。
またはお出かけにならずに
ご自宅でゆっくりと過ごされる方も多いかもしれませんが
いずれにせよ充実した一日を過ごせればよいですね。

早速本日もブログをスタートさせますので
どうぞよろしくお願い致します。

本日のテーマ:” 孤独の効用 ”

私はこの3連休はあえて何も予定を入れていません。
コンサルティングのアポイントもこの連休ではなく
別の日にさせて頂きました。
(変更ではなく初めからです)

最近は日常業務の方では
少々あわただしさが出てきましたので
この休日はゆっくりとしたいと考えていました。

だからこのようにブログにもリラックスして
取り組むことが出来ます。

ブログの記事でも自分の専門分野などに触れる場合は
正しい情報を載せなければなりませんから
確認作業など骨が折れることがありますが
そうではなくプライベートなことであれば
日頃の気付きを書いていきますから
よりリラックスしてパソコンに向かえます。

私は人と接する際に『 忙しい 』という言葉は
言わないように極力注意しています。
忙しいという代わりに
「仕事が集中している」とか、
「仕事の量が増えた」とか、
「行事がこの日は重なっている」など、
自分の能力に対する量の問題であるような
表現をしています。
このことは、
私と親しくして頂いている方は良くご存知だと思います。

それは
『 忙しい 』ということは
皆が共通だという認識があるからです。

寝ることが好きな人は睡眠時間確保のために忙しく、
遊び好きな人は趣味や遊びをするために忙しく、
子育ての人は子どものために常に忙しいものだからです。
だから、
皆が”忙しい”のが至極当然なのに
自分だけ”忙しい”ように
この言葉を使うのは失礼かなと思う相手への配慮も含まれます。

そして、
仕事が忙しいのはビジネスパースンとしては当たり前で
この厳しいご時世で、
暇にしていて十分な給与をもらえる人は
限りなく少数になるでしょう。
いやもっといってしまえば、
たとえ毎日忙しく働いても満足行くだけ稼げる人がいれば
それは相当にすごいで、
そうならない人が大半である事実が現代の厳しさと言えます。

また情報技術の進歩は大変なもので
便利になった分だけ
我々は日常、
どれだけの情報をインプットしなければならないかを
考えればそれだけでも疲労感が出てしまいませんか?

私たちを取り巻く環境は、
日に日に忙しくなっているように感じます。

そんな時代だからこそ
『 孤独な時間 』をあえて作るべきだと
私は思います。

孤独になりひとりの時間を設けると何がよいかといえば、
まず自分自身に対して内省的になれるということです。
これをすることによって、
自分自身の本当の気持ち、習慣、思考、交友関係、
仕事やお金のことなどを
内面的に自分自身を見つめ直すことが出来ます。

そうするためには
毎日決まった孤独な時間を確保するのも
ひとつのやり方ですが、
それ以外でも休日や早朝などを活用して、
誰にも邪魔されずに、あえてゆるい予定を組むようにして、
まる一日または一定の時間を使って一人で過ごしてみます。

そうすることで、
人が期待する自分ではなく、
本当の自分自身の姿を見つけられるかしれません。

また自分以外のことでも
家族や友人、仕事や顧客のことを考えてみてもよいです。

そうしてみると、
本当に大切なことがよく分かったり、
真実と嘘、本物と偽物を見分けられるということも
よくあります。

家族や親しい友人とは愛情に満ち、
自分が本当にしたい仕事をして、
顧客とは尊敬と信頼が確信できるお互いの人間関係がある。

これが現実であれば、
大変素晴らしいと思えませんでしょうか。

そうなるためにはもちろん
正しい行動が必要になります。
しかし、
正しい行動を起こすその前に、
じっくりと一人で考える時間を作らなければならないでしょう。

私も色々なことをチャレンジをしてきた方でありますが、
自分の人生において正しい判断をするためにも
孤独な時間は大変役に立ちます。

『ローマ帝国衰亡史』の著者でイギリスの歴史家である
エドワード・ギボンのはこのような言葉を残しました
『 会話は知識を高めるが、孤独は天才を育てる 』


またドイツの詩人であるヨハン・ヴォルフガング・ゲーテも、
「詩と真実」の中で孤独の効用についてはこのように言っています。
『 何か意味あることは、
  孤独の中でしか作られないことを私は痛感した。
  広く喝采を博した私の作品は、孤独の産物である 』


これらの言葉にあるように
孤独な時間
歴史に名を残した科学者や芸術家や文筆家などの
立派な業績にも多大な影響を与えているのは事実です。

私たち一般人は科学者や芸術家のように
その領域まで行かなくても
”教養を深める”目的で
孤独な時間を活用するのも
楽しいと思いますが如何でしょうか。

私はサラリーマンから独立したあとに自営業主になり
そのあと会社を設立し会社経営者になりました。
集団に所属していた自分が個人になり、
当然その過程では、
自ら孤独な時間を経験してきました。

仕事をするのも食事をするのも
しばらくは本当に孤独な状態になりました。

東京の池袋で一人暮らしを始めた独身の頃は
家にテレビを置かなかったので
夕食し終えて寝るまでのしばらくの時間は
「山岡荘八の徳川家康」
を読んでいたのを思い出します。

部屋の中はとても静かでした。

仕事中も一人で家に帰った後も一人で
一日の『孤独な時間』が長かったので
最初のうちは少し心寂しくなった時もありますが、
それも時間の経過と共に慣れてきました。

ただ静かで孤独なだけでなく、
一人でいる時間が長いおかげで、
いつも頭の中はすっきりと冴えていて
ストレスもとても少なく
気持ちはいつも穏やかでいられました。

仕事の合間にお昼を食べていましたが、
一人で過ごす、
そのランチタイムは、
午前中の仕事を振り返り反省し
午後からの仕事の効率を高めるためにも
使うことが出来ましたので
大変生産的な時間になっていました。

まだその頃も
飛び込みセールスをしていた厳しい時期でしたが、
『孤独な時間』のおかげで
自分が成長できたとも思えます。

それに『孤独な時間』が、
私の仕事の生産性を向上させたのも事実です。

しかしながら、
孤独は心の内側に不安を抱えていると
寂しいとか辛いなどと感じてしまいがちで、
人によってはマイナスになってしまうのも事実ですから、
隠遁(いんとん)生活者が山ごもりするように
極端に孤立無縁の環境を終始つくるのではなく、
親しくしたい人と交流を持ちながら、
『孤独な時間』も楽しめるように工夫していくと
生活の幅もひろがり有効に思えます。

それと
自分で『孤独な時間』を持つようになり
最近分かってきたことですが、
一人でいることを楽しむためには、
自分に自信を持つことと、
自らを尊重できる気持ちが欠かせません。
でも、
このように自分自身が成れさえすれば、
『孤独な時間』をきっと楽しめるはずです。

もしもまだ
自分に自信がもてないなどの気持ちが強ければ、
まずは自分自身の人生を肯定することから始めれば
よいかもしれません。

そして、
人は『孤独な時間』に一人で
思い考えるときに
自分の本当に大切なものが見えてるような気がします。

この連休では、
一人になる時間も大切にしながら、
『明日があるさ』と
スローライフを楽しむように過ごしたいです。

孤独の効用

読者の皆さんは如何でしょうか。

本日も最後までブログをお読みくださりありがとうございました。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ


いつも本当にありがとうございます。
 ブログヘのうれしいコメントはこれからもありがたく頂戴いたします。
 但し、金融情報の提供や具体的なアドバイスなどを求める
 ご質問につきましてはお応えできませんのであらかじめご了承くださいませ。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。

テーマ:スローライフ - ジャンル:ライフ

充実した時間とは

ファイナンシャル・プランニングのブログ・ランキングはこちら
                ↑ ↑ ↑   
(一日一回、応援クリックどうぞよろしくお願い致します)

実践派FPファイナンシャルプランナー斉藤俊行のブログです。
読者の皆さまのお金と幸せと成功に、
少しでもお役に立つ記事を書けるようにブログへ取り組んでいます。

昨日は家族で東京墨田区の私の実家に行きました。
滞在時間こそ短かったのですが、
父と母とも会話が出来、元気な姿を見れて良かったです。

実家で生活していた頃から、
父は私の顔を見るたびにダメ出しをしてくれるのですが、
以前ならムキになり反論もしていたのですが、
最近は父が老いたせいか、私が大人になってきたのかは分かりませんが、
それも会話の一つとして対処し気にならなくなりました。

そんな父ですが、
休みの日になるといつも竹の子ほりや投網(とあみ)や潮干狩りで
竹の子や魚やアサリを取ってきたりしては、
近所の仲間を自宅へ招き、母もたくさんの人の分の料理を作るなどして、
皆さんをもてなしています。

それと、私が中学生の頃の父との会話の時ですが、
『 海や川で投網(とあみ)をしているときがオレのストレス解消だ。 』
といっていました。

父は70歳になる今でもその頃と同じように、
休日を自分の時間として楽しんでします。

だから、
退職するまで仕事以外に趣味がなかった人が、
引退してから趣味をやりはじめても長く続かないと思いますが、
いかがでしょうか?

本当にやりたいことであれば、
現役時代から仕事の休日などを利用し実践していた方が
退職後もスムーズに趣味も楽しめると思います。

あくまでも自分の価値観ですが、
リタイア資金はしっかりと準備し貯めても、
本当にやりたいことがあれば若いうちからもやるべきで、
老後の生活までそれを我慢して貯め込むべきではないという考えです。

私も社会人になってから、平日や休暇の過ごし方や
自分の時間を効率的よくするにはどうしたらよいかなど研究していますが、
簡単ではありません。

しかし、
日常的に人から相談されることそのものが仕事ですから、
色々な人から様々なお話を聞くことが出来ます。
その中にはその人の時間やお金の使い方などの話もあり、
それが自分自身の時間の使い方などにも大変役に立っています。

ということで本日のテーマは、
充実した時間について考えて行きますのでどうぞよろしくお願い致します。

人間はオギャーッと生まれたときから時間の経過と共に死へ近づいています。
それが事実であれば、生きている間の時間は有意義に過ごしたい。
私はそう考えるからこそ、
自ら計画するよりもまず実践することを大切にしてます。

それでは、
充実した時間を過ごすためにはどうしたらよいでしょうか。
やりたいことをしたり、欲しいモノを手に入れたりするには
経済的な理由から断念する場合もあるでしょう。
しかし、お金が十分になければ充実した時間を過ごせないかといえば、
そうではないと思います。

お金持ちになった後よりも、
その過程の方が充実していたということも実際にある話です。

私はこのゴールデンウィークの休暇中に時間の過ごし方について
自分の今まで過ごし方を内省的になって考えてみたり、
実家の父や充実した時間を過ごしている友人や知人の姿も参考にしてみました。

そして、
自分なりに考え出した結論ですが、
充実した時間とは、
次に該当する時に人はそれを実感できるのではないでしょうか。

1.自分の目標に向かって前進している時(仕事など)
2.自分のスキルや能力を向上させるために学んでいる時(読書や研究・勉強など)
3.自分が本当にやりたいことを我慢せずにできた時(趣味や遊びなど)


だから、
仕事は自分が得意で好きなものを選ぶべきだし、
仕事も勉強も適度に生涯続けることは、
心身ともに健康でいられるコツだとも思っています。
もちろんリフレッシュするために興味深いこと、好きなことをやるべきだし、
そのために趣味を持ち、有益な遊び心もやはり必要です。

それに、
その人が何者であるかは、お金をどれだけ自己投資したかにも関係しますが、
それ以上に一日の大部分をどのように過ごすかによって決まると思います。
毎日、自分が仕事、勉強、遊びなど同じようなことを繰り返し続けるうちに、
私たちは、イメージした通りの人間になって行くのではないでしょうか。

最後に賢人の言葉をご紹介し終わります。

『 普通人は時をつぶすことに心を用い、
  才能ある人間が心を用いるのは、時を利用することである 』

                          ショウペンハウエル


読者の皆さんは、
充実した時間を過ごせるようにどのような工夫をされていますか。

本日もブログを最後までお読みくださりありがとうございます。


ランキングへ参加しています。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
こちらを1クリックどうぞよろしくお願い致します。
     ↓↓↓
ブログ・ランキングへ

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。